テニス 練習

その他

出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

これも繰り返し書いてきたことで、正直言い方を変えているだけ、です。

世の中、やってみないと分からないことって、たくさんある。

でも、ほとんどの人は自分が確実に出来ること、しかやらない。

そしてやってみた時に気付くんです、今までいかに自分が損をして来たか・・・を。

出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

1.やってみれば、大抵のことは50点くらいにはなる

まず、0点ってほとんど無いと思うんですよね。

テニスの中でも、難しいとされる技術や戦術、を実際にやってみて、自分で採点してみると。

50点くらいは、感覚として残ると思いますよ。

もちろん、いきなり100点は無いでしょう。

でも、全く効果が無い、手ごたえが無いような0点、も無いと私は思います。

前に出たときに、抜かれたとしても「何だか相手は嫌そうだな」と感じれば50点。

実際に試合では、もっと高確率で相手に効いて来るはずですからね。

アナタ自身が勇気を持って、試合で使うこと。

表舞台に、新しい技術を引っ張り出すことが大事なんです。

2.試合では「ポジションを変える」ことが、難しい

特にこれ、が大変ですよね。

勇気が要るし、実際に前に出たりサーブ&ボレー、ポジションをチェンジするダブルスでのサインプレー、なんかはそうでしょう。

テニスは、ポジションを変えるのってすごく勇気が要る。

だけど、これもやってみないと感覚が分からない。

それも、試合という真剣勝負の場、でやることが大事なんです。

練習テーマとしてやっている時に出来ても、絶対に試合では難しい。

緊張もするし、相手もよく分からない慣れていない相手ですからね。

このあたり、後はアナタの決断だけです。

ずっと動かないか、まずは表に出してみるか。

どっちが結局得をするのか、を考えてみましょう。

3.やった者勝ち、がテニスの試合です

何でもそうです。

こういうサイトを見て、「やってみた人」から上手くなっていく。

私自身、色々なネタを公開しているつもりですが、当然全部が自信がある訳じゃない。

でも、実際に試合でやってみれば、その人の感覚は確実に残りますから。

新しいアイデア、の種になってくれるかも知れない。

それにもしかしたら、いきなり新しい作戦がはまるかも知れない。

試合で使ってみて分かることって、たくさんありますからね。

ポジションチェンジ、からまずは初めてみませんか?

4.「何か新しいことをやる人」に対する嫌悪感、無いですか?

実際に、みなさんの普段の生活でもいませんか?

新しいこと、に抵抗を感じる人。

何かを変える時に、かたくなに抵抗する人。

こういう人は、なかなかテニスの上達も難しいでしょう。

新しいことに対する嫌悪感を持っている人が多い、それが日本という国です。

だから、みなさんもきっと「こんなことしたら、身の程知らずと思われるな・・・」というのが、一番の障壁になるでしょう。

身の程知らず?

私は、自分の身の程なんて一生、知りたいとは思いません。

出来るようになるのを待っていても、絶対に上達は遅い。

出来ないことを試合でやり続けるからこそ、自然に出来ることが増えていく。

この事実、もっとしっかり目を向けないといけないですよね。

試合という表舞台で失敗しても、笑いたい人には笑わせておけば良い。

最後に笑うのは、アナタですから。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない

    何度か、テニス選手として「新しい環境」に入っていく重要性と意義について…

  2. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう

    気温が低くなって来くると、ラケットに張っているストリングのテンションを…

  3. その他

    +POWER CUP を終えて

    正確には、まだ終えておりません。大会終了後に2週間を経過し、…

  4. テニス サーブ
  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

  6. テニス 名著

    その他

    説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

    みなさんの周りにも、「この人は、説得力あるな・・・」という人、いますよ…

特集記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    「大したことない」が、武器になる
  2. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要
  4. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説
  5. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
PAGE TOP