テニス 錦織圭

その他

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

テニスの上達が早い人には、共通点がある。

体格や経験、運動神経じゃない、誰にでも出来そうだけど・・・なかなか出来ない、何か。

スポーツに限らずだと思いますが、コレが出来る人は上達がやっぱり早いですよ。

実は、宝の山は目の前にあるんです。

 

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

 

1.ほとんどの人は、「真似出来ない」という先入観がある

上手い人は、特別。

練習量も経験も違うし、自分とは違う・・・と思っているから、真似しようという発想が起きない。

これって、実にもったいない話だと思います。

同じ人間、ましてや近くにいる、一緒に練習している仲間なら、技術は盗めるだけ盗まないと。

ほとんどの人は、「あの人の真似は、出来ないだろうな・・・」と思っている。

それって、すごくもったいないことだと私は思いますよ。

 

2.観察眼が無い人は、試合にも弱い

相手を観察する・・・前に、もっと身近な人から観察する癖を付けないと。

ストロークのテイクバック、ボレーのラケット面、スマッシュのフットワーク。

上手い人、結果を出している人は、必ずアナタとは違う方法を取っているはず。

コーチに教わるよりも、自分が見て盗む。

この方が、絶対に私は上達の近道、だと思います。

「やってみたら、難しかった」と思うことも多々あるでしょう。

でも、「やってみて初めて見えて来るモノ」がテニスではたくさんあるんです。

 

3.大胆に真似するから、自分を変えていける

もし、アナタが少しでも上手い人を真似する気持ちが湧いて来たら、欲しいのは大胆さ。

大胆に、思い切ってその人をモノマネしてみることが大事。

ショットの打ち方、だけじゃない。

ポイント間の仕草だったり、ボールの拾い方、雰囲気から全てモノマネしてみて下さい。

どれか一つでも、何かしっくりくる発見があれば大成功!

アナタ自身、やってみないと分からないことはたくさんある。

繰り返しますが、これはアナタ自身がやろうと思わない限り、誰も背中を押してくれないのです。

 

4.最後は自分でカスタマイズすれば良い

一度やってみて、「ここはもっと、こうした方が良いかな」と思う部分、があるはず。

一度大胆に変えてみれば、気付くはずなんです。

人は皆、体型から間接の可動域、メンタルまで全部が異なる。

自分なりにカスタマイズする部分は、変えていきましょう。

でも、きっとコレに気付くはずなんです。

「なんだ、上手い人も実はすごく、基本に忠実なフォームじゃないか・・・」ということに。

これに気付けたら、もうアナタは上達している証拠、です。

 

プロ選手も、結構みんな、近いフォームじゃないですか。

ストローク、ボレー、サーブと多少は違えども、やっぱり共通する基本はある。

それに気付くには、上手い人を真似ていくのが一番手っ取り早い。

アナタ自身、小さいプライドは捨てて身近な上手い人を徹底的に研究してみましょう。

モノマネして、周りの人にフォームを見せてみる。

「それって、〇〇さんの真似?」と言われるくらい、を目指してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番

    優れたコーチから、指導してもらいたい。社会人になっても、自分に…

  2. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました

    テニスの大会の醍醐味の一つが、団体戦。関東には一泊二日の泊まり…

  3. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  3. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  5. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「シングルスとダブルスのリターン、何が違うの?」
PAGE TOP