テニス 錦織圭

その他

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

テニスの上達が早い人には、共通点がある。

体格や経験、運動神経じゃない、誰にでも出来そうだけど・・・なかなか出来ない、何か。

スポーツに限らずだと思いますが、コレが出来る人は上達がやっぱり早いですよ。

実は、宝の山は目の前にあるんです。

 

「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

 

1.ほとんどの人は、「真似出来ない」という先入観がある

上手い人は、特別。

練習量も経験も違うし、自分とは違う・・・と思っているから、真似しようという発想が起きない。

これって、実にもったいない話だと思います。

同じ人間、ましてや近くにいる、一緒に練習している仲間なら、技術は盗めるだけ盗まないと。

ほとんどの人は、「あの人の真似は、出来ないだろうな・・・」と思っている。

それって、すごくもったいないことだと私は思いますよ。

 

2.観察眼が無い人は、試合にも弱い

相手を観察する・・・前に、もっと身近な人から観察する癖を付けないと。

ストロークのテイクバック、ボレーのラケット面、スマッシュのフットワーク。

上手い人、結果を出している人は、必ずアナタとは違う方法を取っているはず。

コーチに教わるよりも、自分が見て盗む。

この方が、絶対に私は上達の近道、だと思います。

「やってみたら、難しかった」と思うことも多々あるでしょう。

でも、「やってみて初めて見えて来るモノ」がテニスではたくさんあるんです。

 

3.大胆に真似するから、自分を変えていける

もし、アナタが少しでも上手い人を真似する気持ちが湧いて来たら、欲しいのは大胆さ。

大胆に、思い切ってその人をモノマネしてみることが大事。

ショットの打ち方、だけじゃない。

ポイント間の仕草だったり、ボールの拾い方、雰囲気から全てモノマネしてみて下さい。

どれか一つでも、何かしっくりくる発見があれば大成功!

アナタ自身、やってみないと分からないことはたくさんある。

繰り返しますが、これはアナタ自身がやろうと思わない限り、誰も背中を押してくれないのです。

 

4.最後は自分でカスタマイズすれば良い

一度やってみて、「ここはもっと、こうした方が良いかな」と思う部分、があるはず。

一度大胆に変えてみれば、気付くはずなんです。

人は皆、体型から間接の可動域、メンタルまで全部が異なる。

自分なりにカスタマイズする部分は、変えていきましょう。

でも、きっとコレに気付くはずなんです。

「なんだ、上手い人も実はすごく、基本に忠実なフォームじゃないか・・・」ということに。

これに気付けたら、もうアナタは上達している証拠、です。

 

プロ選手も、結構みんな、近いフォームじゃないですか。

ストローク、ボレー、サーブと多少は違えども、やっぱり共通する基本はある。

それに気付くには、上手い人を真似ていくのが一番手っ取り早い。

アナタ自身、小さいプライドは捨てて身近な上手い人を徹底的に研究してみましょう。

モノマネして、周りの人にフォームを見せてみる。

「それって、〇〇さんの真似?」と言われるくらい、を目指してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  2. テニス グリップテープ
  3. テニス 計算

    その他

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  4. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

  5. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由について

    「そんなにテニスを頑張って、これからプロでも目指すんですか?」…

  6. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポーツに…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!…
  3. ストローク

    「深く打ちましょう」テニスの安定したストロークでの基本はバウンドの高さにあり
  4. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
PAGE TOP