テニス フットワーク

その他

テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュでき、試合の流れも変えられる!

テニスの試合で声を出すこと・・・これには賛否両論あります。

つい最近も、プロテニス選手でボールを打つ時に声を出すことで警告を受けていた選手がいましたね・・・。

あくまで私の考えですが、今回紹介する「厳しいボールを追いかけていくときに、少し声を出す」というのは、ルールにも抵触せずお勧めです。

しかも、結構効果があるような気がします。

テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュでき、試合の流れも変えられる!

 


 

■テニスで声を出すのは、打つ時やポイントを獲った時だけ?

テニスの試合では、ボールを打つ時に声を出したり、ポイントを取得したときに気合いを前面に出して声を出す選手、いますよね。

色々な考え方があると思いますが、やはりあまり感情を表に出し過ぎるのはどうかな・・・とも思います。

しかし、声を出すというのは同時に息を吐くことにもなりますので、効果的に使えばテニスやスポーツで自分の身体をコントロールする上で有効な手段になります。

例えば、厳しいボールを走って追いかけているとき・・・にはどうでしょうか?

マレー選手なんかは、かなり「ハッ、ハッ!」と言いながら、試合中に走ってますよね。

 

■声を出して凌いだポイントは、試合の流れを持ってきやすい!

実はこれ、やってみると分かるんですが結構ボールに追いつけます。

ただ声を少し出しながら・・・走るだけで、です。

メンタル的に、「絶対獲りたい!」という部分を声に出すことで、自分をプッシュできるのかも知れません。

周囲に対しても、「俺は絶対、ボールに触るんだ!」というメッセージを伝えることにもなります。

また同時に、息を吐いてリラックスすることで、追い付いたときのショットも力が抜けている。

大声を出さないでも、これだけの効果が得られる・・・かも知れません。

 

■声を出すと力が抜けて、自然と良いショットが打てる

私自身、普通のストロークやボレーでは小さ目の声を出すようにしています。

「フーッ」と息を吐く程度で、相手にも周りにも聞こえないレベルです。

これをやることで、リラックスできますしラリーにリズムが生まれやすい。

こちらもぜひ試して欲しいのですが、他にも声・息の活用方法はあるかも知れません。

ぜひ、アナタ自身で研究してみて下さい。

 

この「ボールを追いかけるときの声」は、観衆を味方に付けます。

応援したくなりますよね?そんな風に必死に追いかけている場面を観ると。

そしてそこからボールに追いついて返球でき、ポイントも獲れればもう試合の流れを左右するポイントにできます。

そう、試合の流れは自分たちで持ってくるモノなのです。

その一つの方法として、ぜひ意識して声を出しながらボールを追いかけてみて下さい。

アナタ自身、思わぬ効果が見えてくるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

  2. テニス ボレー

    その他

    「プロテニス選手の試合は、ココを観ると自分に活かせる!」試合の観戦力磨いて強くなる方法5つ

    最近ではスマートフォンやパソコンで、誰でも気軽にプロ選手の試合を観るこ…

  3. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  4. その他

    テニスの試合を終えた時点で、「自分を実力が分かった」と思えたら絶対、強くなれる

    試合が終わったときに、アナタ自身何を考えるのか。感じる力が非常…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスのモチベーションに波が無い、そんな人は絶対おかしい

    アンケートにお答え頂きましたみなさん、ありがとう御座いました!…

  6. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!

    幼稚園の頃に喘息に掛かり、小学生の低学年の頃までは病院にお世話になりっ…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について
  2. テニス 陸上

    フットワーク

    「テニスコートは微妙な広さ」テニスの試合では、ひたすら走り続けても勝てません
  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  4. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  5. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
PAGE TOP