テニス スマッシュ

その他

苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

ふと、私も自分のテニスノートを見返してみました。

そうすると、過去の試合の結果の記録を見て気付いたこと・・・それは、6-4の勝ちと4-6の負け、が多いこと。

これって、偶然?

いや、1セットマッチでは、確かによくある終わり方だと思うんですけど、負けた試合はよく覚えています。

4-6なんだけど、結構差があると感じた試合、多いんですよね。

逆に自分が6-4で勝ったとき、は余裕が無い。

苦しくて苦しくて、最後に何とかした・・・ような試合、がほとんど。

参考になるか分かりませんが、今回はこんなテーマで書いてみたいと思います。

 

苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

 


 

1.1セットマッチ、最初から「6-4で勝つ」イメージで

私は毎回、試合前にこうイメージします。

まず、圧勝で勝つなんて思わない、6-4で良い。

もっと言えば、5-5からタイブレークも大歓迎、のスタンス。

苦しんで勝つこと、が好きな訳じゃないんですけど、これくらいの想定と覚悟、が試合前は大事。

「じゃあ、序盤はゆっくり?」と思うかも知れませんが、それはちょっと違います。

この6-4のスコア、で勝つ1回のブレイクは、序盤のリターンゲームと決めて挑んでいます。

 

2.序盤に2-0にする!絶対にする!

という覚悟、で入ります。

とにかく強い相手ほど、後半の方が調子を上げてくる。

だからこそ、しっかり最初のゲーム、ブレイクポイントを作る。

これは、結構見逃しがちなポイントですけど、1セットマッチでは大事。

序盤に絶対、2-0にする!

この覚悟が大事です。

 

3.最悪、イーブンペースで進行しても良い

でも、どうやっても難しい場合は、仕方がない。

最悪、イーブンペース、1-1、2-2で進んでも良い気持ちは持っておきましょう。

でも、最初からイーブンペース、で入ろうとすると大きなチャンスを逃してしまうかも知れない。

格上相手の選手ほど、そうなんですよ。

強い相手は、序盤に叩くしかない。

繰り返しますが、強い相手ほど試合後半に調子を上げてくる。

だからこそ、序盤が命、くらいの入りをしましょう。

それが、結果的に6-4でのスコアにつながっていくはずです。

 

4.序盤にリードするから、中盤に精神的優位を保てる

実際に、苦しいのは試合の中盤。

試合って、リードしている方が辛い・・・と思うことありませんか?

私もそうです。

でも、ここはぜひ客観的に考えて欲しい。

リードしているのであれば、アナタ自身、それを「活かす」方法を最大限考えること。

「負けているから、きっと無難にこう来るだろうな・・・」というコースを、まずは潰す。

どんどんリスクを冒してもらう、そして試合を早めに諦めてもらう。

それで勝つのは、6-4で良い。

それで良いじゃないですか。

 

5.実力差がある相手に、圧勝しようとして足元をすくわれないように

よくあるのが、こういうケースです。

実力、実績ともに、格下の相手に「圧勝のスコア」を自分で課してしまう。

私から見れば、そんなに差は無いのに本人が過信してしまうんですよね。

そして結果的に、4-6で負けてしまう・・・ような経験、無いですか?

実力差があるからこそ、したたかに戦って6-4で勝ちましょうよ。

 

6-4での勝ちは、アナタの財産になる。

同時に、4-6での負け、も財産になる。

このことをぜひ、意識してみて下さい。

そして皮算用ではない、6-4での勝ちをイメージしてみること。

過信でもなく、不安でもない。

そういう精神状態は、自分から作っていかないと勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

  2. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

    来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。…

  3. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  6. テニス メンタル

    その他

    「ラケットバッグの汚れ、どう落とす?」数か月に1回くらいはキレイにしましょう!

    学生の皆さんは、テニスの試合のときだけでなくもしかしたら通学もラケバと…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・…
  2. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK
  3. シングルス

    「シングルスの試合で、体力が切れても粘り勝ちしたい!」ために必要な考え方4つ
  4. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方
  5. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
PAGE TOP