テニス メンタル

日々の雑記

自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか

何だか急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いんじゃないでしょうか・・・。

そして、また台風が近づいて来てますよね・・・今週末も雨、のところが多いみたいで・・・。

テニスフリークのみなさんにとっては暗い話題ばかりで、申し訳ありません。。

天候ばかりは、どうしようもないですからね。

 

さて、私は今日も、みなさんから頂いたアンケートを読みながら、何か記事のネタに出来るモノは無いか探してました。

すごく熱心に書いて頂いている方が多くて、許されるならここで公開したいくらいです、本当に。

もちろん中には厳しいご意見もありますが、それも大変有難く受け止めております。

何せ、私自身も本当にまだ勉強中の身ですから。

 

でも、ちょっとだけ気になったこと、を書かせて下さい。

みなさんの文章を読んでいて、結構主語が「自分以外」の方が多いんですよね。

「私は・・・」ではなく、「周りの人が・・・」とか「部活は・・・」とか、誰かの話、が多い。

私の質問内容が、「お悩みはありますか?」という問いかけでしたので、全然間違いではないですし、自然なことだと思います。

ですが、実際にみなさんにお会いしたことは無いんですが、どうでしょう。

「自分を主語にする」って、大事だと思います。

どうしても日本にいると、周りの目ばかり気にして、自分の考えや決断に自信が持てない。

失敗したらどうしよう、と、先に考えてしまう。

気持ちは分かりますけどね。

でも自分を主語にしない限り、やっぱりテニスも成長が難しいですよ。

 

結局、誰かのせいにしてしまいますから。

指導者、環境、対戦相手・・・自分が勝てない、上手く慣れないのは、誰のせいにでも出来ます。

普段の会話から、「自分は、こうだから」という姿勢、しっかり出していかないと。

自分の身体を動かして、コートを走り回る、そのエンジンはアナタしかいない。

当たり前ですが、テニスという競技はより「自分を主語にして、やり切る」ことが大事になる。

その背中を押していくのが、T-PRESSだと思っています。

 

ヒントであり気付き、になるかどうかはアナタ次第です。

突き放しているようですが、私にはそれしか出来ない。

だからこそ、その部分では全力でやっていきたい。

これからも、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる

    最近、年月が経つのは早いなと。本当に、おじいさんのように感じて…

  2. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました

    昨日は、年内最後の読者ミーティングを開催させて頂き、読者のみなさんと…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと

    ふと、最近感じることがあります。なんだか、スポーツニュースって…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと

    暑い夏が、もうすぐ終わる・・・と思ったら、また暑くなりましたね。。…

  5. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ

    最近みなさんは、「知ったこと」ありますか?私は、たくさんありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  2. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
  3. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    合わせるスライス、では無く「しっかり振るスライス」を覚えるのに必要なコツ4つ
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー
PAGE TOP