テニス ストローク

ボレー

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。

すごく上手い・・・訳でもないけど、慌てないし安定感がある。

これが、ダブルスで強いんですよ。

逆に、毎回慌ててバタバタ、しているような前衛は怖く無い。

こっちのショットに、怯えているように映りますからね。

しっかりみなさんには、落ち着いた前衛、になって欲しいんです。

 

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

 

1.弾丸が飛んで来るわけじゃない

テニスの試合、ですからね。

もちろん、当たれば痛いですけどね。

でも、前衛で相手のボールが当たる人って、「慌てている人」なんですよ。

ゆったり、落ち着いている人は、しっかりラケットが出る。

慌ててばかりの人は、身体から逃げていって、反応が後ろ向き。

別に弾丸が飛んで来る訳じゃない、ですから。

バタバタしている方が危ないし、結果的にポイントも取れないですよ。

 

2.蓋を開けてビックリ!は、恥ずかしいこと

例えば相手のリターン。

クロスかストレートか・・・予測の結論が出ないで、出たとこ勝負な前衛の人、多いですよね。

こんな「蓋を開けてビックリ」を毎回繰り返していると、疲れませんか?

自分も疲れるし、パートナーも疲れますよ。

テニスは人間がやっている競技、ですからね。

相手の心理を読んで予測する、その予測が外れたら、外れたなりの対応が出来れば良い。

毎回ビックリ!を繰り返している人って、試合向きとは言えないです。

 

3.ペアで動く「根拠」を作ろう

まず、ダブルスですから、しっかりペアでコミュニケーションを取る。

前衛の動きは、相手のリターンを予測して決めておきましょう。

リターン側、のときはリターンのコースを予測しておく。

そしてラリーの出だし、はある程度「想定通り」に進めていくこと、からですね。

自分たちで動く、その根拠を作れば「蓋を開けてビックリ」も少しずつ解消されていくでしょう。

どんなショットにも、選択の根拠は大事ですよ。

 

4.ネットプレーこそ、頭は冷静に

ネットに近いと、急に慌てる人多いですからね。

決める、決められる、は結果ですから。

しっかり自分で落ち着いて、相手を見る。

そして、相手が打つ瞬間には止まって構える、予測を終えておく。

ここまで、しっかり自分で意識しましょう。

ベースラインでは出来る人、もネットに出ると急に頭に血が上る。

もっと練習段階から、ネットに出る数を増やして身体も気持ちも慣れておくこと。

意識しないと、変わらないですよ。

 

5.最後に見るのは、相手のラケット面だけ

「でも、実際どこに来るのか分からないよ・・・」という方は、まずこの基本から。

ボールは、相手のラケットからしか飛び出して来ない。

だからこそ、ラケット面をしっかり見て、予測する。

ストロークなんて、ラケット面見えない、という方も多いでしょう。

シニアの方は、もしかしたら視力が追い付かないかも知れない。

でも、見る、と同時に感じることも出来る。

ボールの出所に意識を集中すれば、きっと身体は反応してくれますよ。

 

蓋を開けてびっくり、の人は、そもそも相手を見ていない。

ボールだけを見て、相手の全体像やポジション、癖やメンタルを考えていないだけでしょうね。

テニスって、ここが面白いんですよ。

蓋を開けなくても、「分かった!」というとき。

テニスの試合では、これが最高に気持ち良い。

ダブルスの前衛で、特に意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  2. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  5. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の改善策について

    フォアハンドのボレー、実は「苦手」って言える人は少ないんじゃないでしょ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンスマッシュを積極的に使っていこう!
  2. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要
  3. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  4. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について
  5. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
PAGE TOP