テニス ストローク

ボレー

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。

すごく上手い・・・訳でもないけど、慌てないし安定感がある。

これが、ダブルスで強いんですよ。

逆に、毎回慌ててバタバタ、しているような前衛は怖く無い。

こっちのショットに、怯えているように映りますからね。

しっかりみなさんには、落ち着いた前衛、になって欲しいんです。

 

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

 

1.弾丸が飛んで来るわけじゃない

テニスの試合、ですからね。

もちろん、当たれば痛いですけどね。

でも、前衛で相手のボールが当たる人って、「慌てている人」なんですよ。

ゆったり、落ち着いている人は、しっかりラケットが出る。

慌ててばかりの人は、身体から逃げていって、反応が後ろ向き。

別に弾丸が飛んで来る訳じゃない、ですから。

バタバタしている方が危ないし、結果的にポイントも取れないですよ。

 

2.蓋を開けてビックリ!は、恥ずかしいこと

例えば相手のリターン。

クロスかストレートか・・・予測の結論が出ないで、出たとこ勝負な前衛の人、多いですよね。

こんな「蓋を開けてビックリ」を毎回繰り返していると、疲れませんか?

自分も疲れるし、パートナーも疲れますよ。

テニスは人間がやっている競技、ですからね。

相手の心理を読んで予測する、その予測が外れたら、外れたなりの対応が出来れば良い。

毎回ビックリ!を繰り返している人って、試合向きとは言えないです。

 

3.ペアで動く「根拠」を作ろう

まず、ダブルスですから、しっかりペアでコミュニケーションを取る。

前衛の動きは、相手のリターンを予測して決めておきましょう。

リターン側、のときはリターンのコースを予測しておく。

そしてラリーの出だし、はある程度「想定通り」に進めていくこと、からですね。

自分たちで動く、その根拠を作れば「蓋を開けてビックリ」も少しずつ解消されていくでしょう。

どんなショットにも、選択の根拠は大事ですよ。

 

4.ネットプレーこそ、頭は冷静に

ネットに近いと、急に慌てる人多いですからね。

決める、決められる、は結果ですから。

しっかり自分で落ち着いて、相手を見る。

そして、相手が打つ瞬間には止まって構える、予測を終えておく。

ここまで、しっかり自分で意識しましょう。

ベースラインでは出来る人、もネットに出ると急に頭に血が上る。

もっと練習段階から、ネットに出る数を増やして身体も気持ちも慣れておくこと。

意識しないと、変わらないですよ。

 

5.最後に見るのは、相手のラケット面だけ

「でも、実際どこに来るのか分からないよ・・・」という方は、まずこの基本から。

ボールは、相手のラケットからしか飛び出して来ない。

だからこそ、ラケット面をしっかり見て、予測する。

ストロークなんて、ラケット面見えない、という方も多いでしょう。

シニアの方は、もしかしたら視力が追い付かないかも知れない。

でも、見る、と同時に感じることも出来る。

ボールの出所に意識を集中すれば、きっと身体は反応してくれますよ。

 

蓋を開けてびっくり、の人は、そもそも相手を見ていない。

ボールだけを見て、相手の全体像やポジション、癖やメンタルを考えていないだけでしょうね。

テニスって、ここが面白いんですよ。

蓋を開けなくても、「分かった!」というとき。

テニスの試合では、これが最高に気持ち良い。

ダブルスの前衛で、特に意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  3. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘う…

    相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うと…

  4. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

    私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れませ…

  6. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  2. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です
  3. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者
  5. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
PAGE TOP