テニス ボレー

ボレー

「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。

シングルスでもダブルスでも、ネットに出てプレッシャーをかけているつもりが、全く効いていないのであれば何か問題がある可能性が高い。

まずやってみることが大事なのがネットプレー。

その次に、このステップを踏んでいきましょう!

 

「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

 


 

1.技術よりポジショニングが大事!

ネットプレーは、どんなに高度なボレー技術をもってしても、触れないボールは触れない。

ここで大事なのは、まずポジショニングです。

しっかり自分が打ったボール、アプローチしたボールに近い方向に、ネットに詰めていきましょう。

センターストラップ近くに立てば真ん中?

それは間違いです。

自分が打った方向に向かってネットに出る意識、でもっと触れるボールが増えていくはずです。

 

2.やっと届いたボレーは、ラケット面を上に

ネットプレーって、ギリギリ触るボレーも結構多い。

そのときには、しっかりラケットを上向きに作ってあげることで、守備力が高まるでしょう。

やっと届いているのにバコン!と打ってしまっている選手、ネットプレーの意識を変えていかないと。

抜かれそうになっている、相手の攻撃が優れているのであればまず返球、の意識が大事です。

 

3.ロブを打って来る選手かどうかを判断する

対戦相手の特徴は、2種類に分かれます。

ロブを使ってくる選手なのか、パッシングしか頭にない選手なのか。

いずれにせよ、ハイボレーの処理が意外と多い、のは覚えておいて損は無い。

ロブが好きな選手を相手にしているときには、あまり前に出過ぎないようにしておかないといけませんし、逆にロブが無いと思ったら前に詰めていく。

この特徴は、試合の序盤にネットプレーを入れる事で明らかになるはず。

とっさの判断、で出るプレーこそ、その選手の特徴を大きく現していると思います。

 

4.ネットは自分の味方である

テニスのおけるネット。

この1メートル弱の高さの障害物は、アナタの味方です。

ネットに出たら、一緒に自分のコートを守ってくれるものとして考えましょう。

アプローチをスライスで打って低い打点にしておけば、きっと相手は強引なパッシングショットでミスしてくれる。

相手のボールがネットにかかったときには、「ナイスプレー!」とネットを心の中で褒めてあげて下さいね。

 

5.相手が打つ瞬間にはしっかり止まる

基本に始まり、基本に終わる。

しっかり相手が打つ瞬間には、止まってコースを予測、まで出来るように。

慌てて動きを速くするよりも、しっかり反応出来るような準備を整えておくことが大事。

止まっている、スプリットステップで態勢充分、な状態を相手に見せることが一番のプレッシャーになる。

動いている、バタバタしている選手は・・・パッシングでもロブでも非常に抜きやすい相手、でしかありません。

 

ネットプレーは、ボレーの技術?

もちろんボレーの技術も大事ですが、それをどう活かすのか。

もっと言えば、触らないでポイントを取れれば一番良いですからね。

まずネットプレーにはどんどんチャレンジ!

その次の段階で、しっかり抜かれない選手としての成長を意識してみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってる

    「細かいステップ!」と、コーチや先輩から声かけられている方、多いと思い…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
  2. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
PAGE TOP