テニス 練習

メンタル

正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。

ソフトテニスの動きがベースになっていて、前衛がどんどん厚いグリップで前に出て来る。

ボレーもフォアバック、同じラケット面。

後ろの後衛の選手はひたすら走ってロブでつなぐ・・・という感じでした。

こういう選手って、やり辛い。

そしてこの感情、自分自身どこかで持ってしまっていないかと、自分自身に問いかけることに・・・。

 

正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

 


 

1.正統派な選手って、どんな選手?

フォームがキレイで、サーブも安定している。

フラット系のショットに回転系のショットもしっかり打てる、アプローチからネットも取れる・・・まぁ、理想的な選手像かも知れません。

こういう選手相手であればしっかり戦えるのに、少し変わった選手になると急にリズムを崩していしまうこと、ありませんか?

それはきっと、アナタ自身が「正統派」だと相手を認めているから。

相手を認めないままに、試合をするのって・・・実はすごく危険。

負けていく、上手くいかないときには自分を受け入れられないですからね。

 

2.正統派じゃない選手って、実はすごく戦い辛い!

皆さん、経験ありませんか?

「変わったプレースタイル」の選手は、非常に戦い辛いんです。

自分が経験したことが無い、ような相手に対してはどんなことをやってくるか分からないし、不安になる。

例えばソフトテニス経験者のダブルスは、前衛の存在感が圧倒的ですし、サーブの回転も独特ですよね。

「俺は、硬式プレイヤーだ!」と思っても、試合で負けてしまっては意味が無い。

正統派以外の選手と戦うときに、どこか見下しているような自分が潜んでいないか。

この問題は、常に自分の心の中で自問自答しておくと良いでしょう。

 

3.どんな相手でも「自分のテニスの幅」をもって、対応しよう

しっかり自分のテニスを、相手に対応させていくこと。

ムキになって力で押し切ろうとしても、何も上手くいかないことが多いのがこういったパターンです。

何度も例に出して申し訳ありませんが、ソフトテニスの癖が残っている経験者なら、私なら「バックハンド側のロブ」を上げて下がりながらハイボレー処理をさせてみる。

このあたりは、かなり硬式でも難しい技術が求められるし、勢いでは対応できない部分。

他にもひたすらスライスで粘ってくるような相手にはネットプレー、ドロップショットが効果的。

アナタ自身、慌てずこういった技で対応出来るようにしておくと、有効でしょう!

 

今日の話の逆ですが、正統派な選手って逆に戦いやすい。

球筋が綺麗で読みやすい、選手はラリーも実は対応しやすいですよね。

そう考えると、アナタ自身「変わった部分」が少しあると相手は嫌かも。

さぁ、どんな部分がアナタの良いアクセント、になるでしょうか?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと

    テニスの試合に、勝つ、負ける。これは、何もテニスコートだけで起…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

    上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。私自身、自分はプロ選…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

    自分はメンタルが弱い、と感じているみなさん。結論、大丈夫です。…

  4. メンタル

    「1セットマッチ5-2リードは要注意」テニスの試合で挽回されやすい原因を考えてみる

    5-2でリードしているときに、なぜかテニスの試合は挽回が起きやすい。…

  5. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない

    これも、当たり前のこと・・・でしょうか?私たちは、つい試合会場…

  6. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

特集記事

  1. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニス メンタル

    その他

    人に何かを伝えたいなら、「違う言葉での表現力」が求められる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  4. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
PAGE TOP