テニス フットワーク

フットワーク

テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

練習中、試合中、「足を動かして!」という声をよく聞きます。

これって、どんな意味があるんでしょうか?

ただバタバタ無意味に動かすだけでは・・・テニスの動きに繋がらないですし、ただ疲れるだけですよね。

確かにジッとしているよりは動いていたほうが良いような気がしますが、大事なのはリズム。

アナタ自身、自分のリズムを意識して足を動かせているか、見直してみましょう。

 

テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

 


 

1.プロ選手のリズムの取り方には共通点がある

プロ選手の試合を観ていると、ついボールの行方に眼がいきがちですが。注目すべきはインプレー中以外の部分。

相手のサーブを待つ場面、先にポジションについて相手を待っているようなときに、どんな動きをしているか観察してみましょう。

両足を左右に動かしながら、片足を突いたようなステップを踏んでると思いませんか?

言葉で表現するのが難しいのですが。右足で着地しているときには左足を左側に上げ、左足で着地しているときには、右足を右方向に上げる。

このステップを繰り返していることに、すぐ気付くはずです。

 

2.自分なりのルーティーンにしてしまうことが大事

「足を動かす」ということは、身体を冷やさない為にも大事。

でも同じくらい大事なのは、「どんなポイントでも頭をリセットできる」ように、ルーティン作業になっているということ。

ポイント間での動きを自分でコントロール出来ないと、試合では不安ばかりが募ります。

「次はどうしよう・・・」みたいなメンタルでは、試合で勝つのは難しい。

不安に押しつぶされない為にも、足を動かすという行為は大事。

自分の動作を、ルーティン化=同じ動作の繰り返し、にしていくことはテニス選手において大事です。

ぜひアナタらしいルーティンを考えて、試合で実践してみて下さい。

 

3.インプレー中は、とにかく足を動かすべき?

インプレー中は、どうでしょうか?

これは私の感覚ですが、基本はスプリットステップでしっかり相手の攻撃に備えつつ、バタバタ動かすのではなく、しっかりポジションを移動させることにフットワークは重きを置く。

例えば、前衛であればポーチ。

その場でバタバタ動くのではなく、思い切ってセンターベルト近くに動いて、ラリーに参加していく。

こういう動きこそ、テニスに必要な動きだと思います。

自分がいる場所だけで、バタバタ動いていても何の得にもならないような気がします。

 

テニスに求められる動きは、決して簡単ではありません。

また、こうあるべき・・・というのも無いと思います。

アナタ自身で、効果的なフットワーク、足の動かし方は、見出していかないといけません。

ヒントがあるとすれば、それは冒頭で紹介したようなプロ選手のルーティン。

何も考えず、最初は真似してみても良いと思います。

そこからアナタらしさが、生まれてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

  2. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  3. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  6. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイン…
  2. テニス リーダー

    メンタル

    闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提
  4. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオスス…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
PAGE TOP