テニス フットワーク

フットワーク

テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

練習中、試合中、「足を動かして!」という声をよく聞きます。

これって、どんな意味があるんでしょうか?

ただバタバタ無意味に動かすだけでは・・・テニスの動きに繋がらないですし、ただ疲れるだけですよね。

確かにジッとしているよりは動いていたほうが良いような気がしますが、大事なのはリズム。

アナタ自身、自分のリズムを意識して足を動かせているか、見直してみましょう。

 

テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

 

1.プロ選手のリズムの取り方には共通点がある

プロ選手の試合を観ていると、ついボールの行方に眼がいきがちですが。注目すべきはインプレー中以外の部分。

相手のサーブを待つ場面、先にポジションについて相手を待っているようなときに、どんな動きをしているか観察してみましょう。

両足を左右に動かしながら、片足を突いたようなステップを踏んでると思いませんか?

言葉で表現するのが難しいのですが。右足で着地しているときには左足を左側に上げ、左足で着地しているときには、右足を右方向に上げる。

このステップを繰り返していることに、すぐ気付くはずです。

 

2.自分なりのルーティーンにしてしまうことが大事

「足を動かす」ということは、身体を冷やさない為にも大事。

でも同じくらい大事なのは、「どんなポイントでも頭をリセットできる」ように、ルーティン作業になっているということ。

ポイント間での動きを自分でコントロール出来ないと、試合では不安ばかりが募ります。

「次はどうしよう・・・」みたいなメンタルでは、試合で勝つのは難しい。

不安に押しつぶされない為にも、足を動かすという行為は大事。

自分の動作を、ルーティン化=同じ動作の繰り返し、にしていくことはテニス選手において大事です。

ぜひアナタらしいルーティンを考えて、試合で実践してみて下さい。

 

3.インプレー中は、とにかく足を動かすべき?

インプレー中は、どうでしょうか?

これは私の感覚ですが、基本はスプリットステップでしっかり相手の攻撃に備えつつ、バタバタ動かすのではなく、しっかりポジションを移動させることにフットワークは重きを置く。

例えば、前衛であればポーチ。

その場でバタバタ動くのではなく、思い切ってセンターベルト近くに動いて、ラリーに参加していく。

こういう動きこそ、テニスに必要な動きだと思います。

自分がいる場所だけで、バタバタ動いていても何の得にもならないような気がします。

 

テニスに求められる動きは、決して簡単ではありません。

また、こうあるべき・・・というのも無いと思います。

アナタ自身で、効果的なフットワーク、足の動かし方は、見出していかないといけません。

ヒントがあるとすれば、それは冒頭で紹介したようなプロ選手のルーティン。

何も考えず、最初は真似してみても良いと思います。

そこからアナタらしさが、生まれてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 前衛

    フットワーク

    熱いラリーをしながらも、「自分が今、コートの中のドコ?」にいるのかは把握しておくこと

    自分の打つボールには神経を使っても、自分がどこに立っているのか・・・に…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    遠くのボールを追う時に、小さい声を出した方が少しだけ腕は伸びる

    プロ選手の試合を観ていると、細かい息遣いも聞こえて来ますよね。…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    怖くても、相手が打ち込んで来るときには足下ケアで反撃の芽を作ろう

    ダブルスの試合で、自分が前衛にいる時に相手前衛が打ち込んで来る・・・。…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」によってだいぶ違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる
  3. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に
  4. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
  5. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
PAGE TOP