フットワーク

「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

右足と左足、俺の体が率先して体重を乗せたがるのは、右足である。

左足に体重は乗せられないのか。

左足一本で立つことは無理なのか。

いやいや、左足でも十分立てるよ。

 

「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

 


 

でも両足選べるとなると、自然と右足を選んでしまう。

そんなことをあまり意識しないでプレーをしていた頃は、殆どのショットを右足に頼ってプレーしていた。

フォアハンドストロークはオープンスタンスばっかりだし、バックハンドストロークは逆にクローズばかり。

フォアボレーも右足だし、バックボレーは・・・その頃下手くそだったから、それどころじゃなかったな。

とにかくサーブも右足を寄せて、そのまま右足をメインでジャンプして打っていたよ。

 

それでも何とか返球は出来るから、特に左足を軸足として使えないことに何の違和感も感じていなかった

その頃の価値観としては「パワー」だったからね。

いかに速いショットを打てるか・・・ばかり考えていた。

でも試合に出場し続けながら色んな対戦相手と色んな試合を戦っていると、パワーだけじゃなくて、バランスの良いプレーが求められていることを感じ始める。

ということは、軸足も右足ばかりじゃなくて、左足もちゃんと使わないといけないし、その左足を軸とした打ち方を覚えることも
しなきゃいけないのだ。

特に重要だったのは、バックハンドでの深くて高いボールの処理

斜め後ろへ下がってから、左足にしっかり体重を乗せて打たないと簡単に相手ボールに負けて短く返球してしまう。

粘り強く俺の苦手なバックを狙ってくる相手には、ちゃんと左足を軸としたディフェンス系バックハンドが必要だった。

 

フォアハンドストロークもやはり左足の軸が必要

オープンスタンスだとどうしてもためて打ってしまうから、大事な場面では待ちすぎてチャンスボールの打点を落としてしまってミスに繋がりやすかった。

サーブも右足を寄せて、その右足をメインで打ってしまうと体が開きやすく、フラット系の速いのはある程度打てるけど、スライスやトップスピンのサーブが上手く打てない。

そう感じ始めてやっと左足で体を支えられるようにすることを心がけ始めたんだよ。

左足そのもののトレーニングを行うことはもちろんだけど、けっこう素振りもやったよ。

しかもランニングショット系の素振り。

意外と全力でボールのところまで走ってから、左足を軸にして打つってことが出来なくて苦労した。

歩きながらも、左足が地面に着く瞬間を意識したりね。

ある程度しっかり左足軸の打ち方は出来るようになったけど、結局未だに左足軸でクレーコートとかをザーって滑りながら打つことは出来ないかな。

でも左足軸の打ち方をとことん練習して分かったことは、案外体が勝手に左足を避けていただけであって、使い慣れると十分左足も使える存在なんだってこと。
 



 

大事なことは、体が何となく避けている状況に気付いて、ちゃんと避けずに使ってあげるようコントロールすること

確かに右足の方が安定感あって良いんだけど、右足で全てをこなそうとするのは無理だからね。

皆の足は大丈夫?

いつの間にか、どっちかの足が避けられている可能性あるかもよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしな…

  2. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  3. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。…

  4. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!

    最近観た試合で、改めて感じたこと。反応が良い選手って、スプリッ…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  6. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?
  2. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
PAGE TOP