フットワーク

とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

「ストロークで速いボールを打ちたい!」

「サービスエースを取りたい!」

どんなに遅いボール、粘りが大事だと分かっていても、この気持ちは抑えられないですよね。

速いボールを打つことが出来る、でもその前に、踏みたいステップがあります。

試合に勝ちたいなら、打てるようになるだけだと、勝てないですから。

 

とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

 


 

1.打つこと、も大事だけど・・・

速いボールを打つ!

テニスの醍醐味ですよね、私も大好きです。

ですが、打つだけで楽しい、満足する、ということは私自身ありません。

問題は、それを使って相手を翻弄出来るかどうか、試合に勝てるかどうか、ですから。

速いボールを打つだけで良いなら、相手なんて要らないですしね。

テニスの楽しさは、自分が打つだけじゃなくそこに相手がいること、にあります。

同時に、自分も「打たれる」という要素も大事ですね。

打つこと、と同じくらい大事なのは「打たれる」ということです。

 

2.速いボール、打てるより返せるようになろう

昔は、私も自分で打つ方が「カッコイイ!」と思ってました。

ですが、最近はちょっと違います。

相手が速いボールを打って来て、それを返す方が「もっと、カッコイイ!」と思えるようになって来ました。

考え方がベテランかも知れませんが、相手の速いボールを返す、というのもテニスでは立派な技術。

自分が打つことばかりに必死になって、この「返す」という技術をつい忘れてしまいがち、じゃないでしょうか?

打つこと、それから返すこと。

私は、どっちが試合での勝敗に直結するかと言えば、後者だと思います。

だって、相手のプレースタイルを操作することは出来ないですからね。

 

3.速いボールが返せない、で試合終了

という試合、シード選手相手だと多くないですか?

アナタ自身がせっかく自分の武器、速いボールを打てる技術を磨いていたとしても、使えないで終わる。

相手のボールが返せないから、攻撃どころじゃないんですよね。

自分が打つ練習ばかりして、相手からの速いボールを受け止めるような練習、工夫、最近出来てますか?

これが無いと、試合では戦えないですよ。

速いボールは、打つよりまず返す、ことを優先して出来るようにならないと。

練習だって、工夫次第です。

 

4.打たれる環境、で練習出来てますか?

では、実際の練習環境はどうでしょう?

アナタに向かって、適度に速いボールをしっかり打って来る相手はいますか?

いないようなら、環境を変えたり探したり、練習の工夫をしないといけないですね。

球出しから厳しくする、ポジションを前にする、色々工夫の仕方はあるはずです。

大事なのは、試合のような緊張感のある場面、でしっかり返せるような自信を養うこと。

速いボールを打たれる、というだけで力んでしまうようでは戦えません。

自分が打つだけに興味がある人、意外とテニス選手で多い。

だから、チャンスなんですけどね。

 

速いボールを返すには、コツがあります。

その一番のコツは、「恐怖心を無くし、成功イメージを持つ」こと。

速いボールは、返せるんだと自分で思えるかどうか。

試合でこのメンタルで戦えれば、そう負けはしません。

そのために、しっかり練習ですね!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    「まず準備!」テニスに必要な素早い横向きの意識を身に付ける為に

    テニスはスウィングスポーツである。道具を使って、スウィングして…

  3. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ストローク
  6. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える
  2. ストローク

    なぜラケットは、両手で持って構えるのか?
  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集
  4. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない
  5. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない
PAGE TOP