テニス メンタル

フットワーク

フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじゃないか?」という疑問について

サーブ&ボレーの必要性、有効性は何度か書いてきました。

ですがその度に多くの方から、「難しい!」「止まれない!」という感じでご質問を頂くようになりました。

確かに、サーブ&ボレーは難しい。

特にその難しさは、フットワークの部分にあると思います。

今回は、サーブという難しい動作の後にしっかり前に出ていくことについて、考えてみます。

 

フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじゃないか?」という疑問について

 


 

■サーブを打った後に全力で前にダッシュ、って難しい!

難しいと思います、私も。

サーブ&ボレーのとき、まずはサーブを打って全力で前にダッシュ、そして止まってボレー。

どう考えても難しいでしょう。

普通に考えれば、サーブを打ちながらも、前に走ることで頭がいっぱい。

そりゃサーブの精度も落ちてきますよね。

 

■サーブを打った後は、大きく足を出していく

コツとしてお勧めなのは、サーブを打った後のフットワークを大きな歩幅にすること。

思い切って大きく足を出して、大きな歩幅で前に出る。

前に出て、止まる直前になって小さい歩幅にして調整していく。

最初から歩幅が小さいと、前に出る前にリターンが返球されてサーブ&ボレーの戦術が有効性を発揮できない。

大きな歩幅でスタートすれば、まずしっかりポジションを前に出来る。

スプリットステップの直前は、少し小さい歩幅にして調整。

打った後に意識してみると、きっと前進力が変わるはずです!

 

■サーブは全て、入るものとしてダッシュしよう!

無意識でも、どこか人は「省エネ」したくなる。

サーブ&ボレー、しっかりと「全球サーブが入る」つもりでダッシュ、出来ていますか?

どこか当たりが悪い、ときにダッシュを途中で緩めていないか?

サーブ&ボレーが中途半端な人って、ほとんどが「自分のサーブを、信用していない」ケースが多い。

信用していないから、ダッシュ力を弱めてしまう。

そんなときに限って、サーブが入ってリターンが沈んで失点する。

それって沈んでるんじゃなくて、アナタのポジションが前に取れていない、それだけのことです。

 

サーブ&ボレーは、まずしっかりポジションを前にすることが大事。

ファーストボレーが大事!ですが、その6割はポジショニングの技術。

しっかり前に走るには、発送とテクニックが必要ですね。

フットワークさえ工夫すれば、今の脚力で大丈夫。

きっと1メートルくらいは、楽に前に出れるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. フットワーク

    テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰めること!

    自分がボールを打った後、相手がそのボールを打つまでに、テニスは時間があ…

  2. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・…

  6. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

特集記事

  1. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5…
  2. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  3. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事
  4. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?
  5. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう
PAGE TOP