戦術

テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

目次

テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。

サッカーやバスケのように、ドリブルでボールをキープすることは出来ません。

もちろん、ラグビーのように担いで走ることも出来ない。

でも、上手い人のテニスってどうでしょう。

何だか、ボールをキープしているような時間、空間がありませんか?

これは、みなさんが目指すべきところ、だと思います。

 
 

打ち返す前に、「間」があるかどうか?

打ち返す前に、「間」があるかどうか。

この間とは、「コースを隠して、どこにでも打てる間」です。

相手から来たボールを、どこに打ち返すのか選択出来る間が、自分にあるかどうか。

ただ、来たボールを何となく返す、だけでは身に付きません。

みなさんも、打つコースを決めるタイミングは様々、なはず。

リターンなんかは、もうコースを決めて待ったりしますからね。

でも、ラリーの中ではぜひ「どこにでも打てる間」を意識して欲しい。

意識しないと、作れないですから。

ボールをキープするように、コースを隠す

どういうイメージかと言えば、これです。

ボールが自分に向かって来るんだけど、先回りして待ち構える。

どこにでも打てるように、しっかり準備を早くする。

そうすると、相手からするとまるで「ボールを持たれている」ように感じるはず。

アナタ自身も、ボールをキープしてあとは「放つだけ」になっているうような感じ、になるでしょう。

上手い人しか、そんなの出来ない?

出来るようになるかどうかは、アナタ自身がまずやってみることが大事でしょう。

一気にテニスが楽しくなる瞬間、です

私自身、これが一つのきっかけでした。

最初は、ボールを打ち返すので精いっぱい。

自分でもどこに飛んでいくのか分からないような感じだったのが、ある地点から変わり出す。

「どこにでも打てる間」が少しずつ、試合でも感じられるようになっていく。

もちろん、厳しいショットでは難しいですよ。

でも、ある程度遅めのボールだったら、ボールへの入り方、待ち方で間が作れるようになる。

練習次第で、きっとみなさんも変わります。

   

早い準備、型が大事

何より、これが第一です。

基本ですが、速いテイクバック、準備、その型を作ること。

テイクバックして打つまでの、止まっている時間が「間」になりますから。

この型を練習から何度も繰り返す、試合で出せるように。

自然に出せるようになれば、それだけで相手は迷ってくれる。

アナタ自身のショットが凄くなくても、どこに打って来るか分からないから脅威になる。

練習から意識を高く、ボールをキープ出来る間を作りましょう。

試合に勝ちたければ、避けて通れないポイントです!



まずはフォアハンドストローク、次にバックハンドストローク。

「あ、今の自分は選べたな」という感覚があれば、テニスは一気に楽しくなります。

試合で選べるようになれば、強いですよ。

それも、全てはアナタ自身が意志を持つところから。

ぜひ、ボールキープの間を意識してラリーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう

    「○○の弱点、どうしても直したいんです」というような相談、たくさん頂き…

  2. テニス 打点

    戦術

    プレーの選択肢が少ないから、試合で追い込まれていく

    試合で自分のプレーをする、相手を倒す。そんなシナリオがキレイ…

  3. テニス 戦術
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

  5. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう

    試合の中で、アナタ自身が苦しい時。追い詰められている時って、こ…

  6. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているか…
  2. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない
  3. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり
  4. 練習メニュー

    自分が変わることで、仲間も変わっていく
  5. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
PAGE TOP