ダブルス

抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

目次

先日、私も年内最後の試合に出て来ました。

そこで、感じたこと。

やっぱり、自分が言い続けてきたことは、間違い無いなと。

大事なことは、何度でも書きます。

これが無いと、ダブルスの試合は勝てません。

前衛が動けば、試合が動く

改めてすごく、感じました。

前衛が動くと、相手の心理状況に変化が生まれる。

たとえ、そのポーチが成功しなかったとしても、失点しなかったとしても。

前衛が動けば、試合が大きく動き出すんです。

特に、格上相手の試合ですよね。

相手が、普通に自信満々で打っている間は、こちらの劣勢は変わらない。

ストレートを守っている前衛の方が、相手はやりやすいんですよね。

抜かれても良い、本当に良い

前衛が動いて、ストレートに打たれる。

これで良いんです、全然。

打った相手も、気持ちが良いものじゃないですよ。

みなさんも経験あると思いますが、「普通にクロスに打ってたら、やばかったな・・・」という想いは、引きずる。

だからこそ、動かないと損なんです。

抜かれても良い、本当に良い。

大事なのは、ダブルスですからペアでその認識を持つこと、が大事なんです。

なぜ、動けない前衛が多いのか?

それは、相手に抜かれるのが怖いから?

ボレーが苦手だから?

それもあるでしょうが、恐らくもっと大きな問題を、アナタ自身が抱えています。

それは、「パートナーに悪い」と思ってしまうところ、じゃないでしょうか。

「何で抜かれるんだよ・・・」と、思われるのが怖い。

どうでしょう、少なからずそういう感情、無いですか?

動けない理由は、実は味方のパートナーにある。

こういう人ほど、私は試合で力を発揮できないと思います。

   

パートナーは、信じてカバーに走る!

動けない前衛、を変えていくには。

私は、パートナーが重要な役割を担っていると思います。

まず、どんどんポーチに出てもらうことを、しっかり心から許容する。

そして、クロスは任せて信じる、自分はストレートにカバーに走る。

必死で走っていれば、それが相手へのプレッシャーになるし、前衛は勇気づけられる。

これだけ、だと思いますよ。

ペアでの共通認識が、全てを変えていきます。

お勧めの練習法

これは、オンコート以外でのトレーニングが大事。

ペアで、「相手にストレートに打たれる」という場面をどう作るのか。

前衛が動いて抜かれる、のはOKだけど後ろが出来るだけカバーする方法は無いのか。

こういう話を、ペアとしっかりしておきましょう。

私なら、サーブからポジションをチェンジする、リターンからポジションをチェンジする、ということをハッキリとやります。

そうすることで、カバーに走る方が楽なんですよね。

ぜひ、ペアで話し込んでみて下さい。

試合での感覚、勇気、変わって来るでしょう。



いつの間にか、ダブルスでマンネリ化している部分。

前衛の動きって、変えるのが難しいのがテニスです。

ストレートを抜かれることは、全く問題無い。

出ること、動くことで試合結果は変わる、ことを再度徹底してみて下さい。

ここが、アナタ自身周りとの差を作れる部分ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

  2. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?

    今日は、ちょっとした誤解を解いていきたいと思います。ダブルスの…

  4. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  5. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです

    今年の9月から実施させて頂いております、佐藤・土居ペアに挑戦の企画。…

  6. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ライバルには、強くなってもらうに限る
  2. テニス知識

    言葉の定義、テニスでも大事
  3. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  5. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!
PAGE TOP