ダブルス

抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

先日、私も年内最後の試合に出て来ました。

そこで、感じたこと。

やっぱり、自分が言い続けてきたことは、間違い無いなと。

大事なことは、何度でも書きます。

これが無いと、ダブルスの試合は勝てません。

前衛が動けば、試合が動く

改めてすごく、感じました。

前衛が動くと、相手の心理状況に変化が生まれる。

たとえ、そのポーチが成功しなかったとしても、失点しなかったとしても。

前衛が動けば、試合が大きく動き出すんです。

特に、格上相手の試合ですよね。

相手が、普通に自信満々で打っている間は、こちらの劣勢は変わらない。

ストレートを守っている前衛の方が、相手はやりやすいんですよね。

抜かれても良い、本当に良い

前衛が動いて、ストレートに打たれる。

これで良いんです、全然。

打った相手も、気持ちが良いものじゃないですよ。

みなさんも経験あると思いますが、「普通にクロスに打ってたら、やばかったな・・・」という想いは、引きずる。

だからこそ、動かないと損なんです。

抜かれても良い、本当に良い。

大事なのは、ダブルスですからペアでその認識を持つこと、が大事なんです。

なぜ、動けない前衛が多いのか?

それは、相手に抜かれるのが怖いから?

ボレーが苦手だから?

それもあるでしょうが、恐らくもっと大きな問題を、アナタ自身が抱えています。

それは、「パートナーに悪い」と思ってしまうところ、じゃないでしょうか。

「何で抜かれるんだよ・・・」と、思われるのが怖い。

どうでしょう、少なからずそういう感情、無いですか?

動けない理由は、実は味方のパートナーにある。

こういう人ほど、私は試合で力を発揮できないと思います。

   

パートナーは、信じてカバーに走る!

動けない前衛、を変えていくには。

私は、パートナーが重要な役割を担っていると思います。

まず、どんどんポーチに出てもらうことを、しっかり心から許容する。

そして、クロスは任せて信じる、自分はストレートにカバーに走る。

必死で走っていれば、それが相手へのプレッシャーになるし、前衛は勇気づけられる。

これだけ、だと思いますよ。

ペアでの共通認識が、全てを変えていきます。

お勧めの練習法

これは、オンコート以外でのトレーニングが大事。

ペアで、「相手にストレートに打たれる」という場面をどう作るのか。

前衛が動いて抜かれる、のはOKだけど後ろが出来るだけカバーする方法は無いのか。

こういう話を、ペアとしっかりしておきましょう。

私なら、サーブからポジションをチェンジする、リターンからポジションをチェンジする、ということをハッキリとやります。

そうすることで、カバーに走る方が楽なんですよね。

ぜひ、ペアで話し込んでみて下さい。

試合での感覚、勇気、変わって来るでしょう。



いつの間にか、ダブルスでマンネリ化している部分。

前衛の動きって、変えるのが難しいのがテニスです。

ストレートを抜かれることは、全く問題無い。

出ること、動くことで試合結果は変わる、ことを再度徹底してみて下さい。

ここが、アナタ自身周りとの差を作れる部分ですから。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある

    ダブルスの試合で、前衛で動けない!と、お悩みの方に、今回はシン…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  4. テニス センス

    ダブルス

    自分の担当範囲を知らない前衛は、後衛を困らせてばかり

    ダブルスの試合で、前衛が触れない。こうなると、後衛は苦しいです…

  5. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

    相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!でも、どこを狙うと一番効…

  6. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  2. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必…
  4. 戦術

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
  5. テニス 技術

    ボレー

    片手バックハンドボレーは特に注意しないと、「大事なポイントでふかしてばっかり」に…
PAGE TOP