ダブルス

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。

そこから味方の前衛が動いたけど、ストレートを抜かれる・・・よくあるパターンですよね。

これを、どこまで後衛がカバー出来るのか。

もちろん、全てに走って追いつくのは無理ですが、何かできることがあるはず。

諦めないで、一緒に考えてみましょう。

 

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

 


 

1.例えば、カバーしやすいのは・・・?

いつ前衛が動くのか、が分かっていれば動きやすいですよね。

クロスは前衛に任せて、ストレート側をカバーに走る。

いつ出るのか、が分かっていれば後衛も走り出せるし、思い切って今いるポジションを捨てることが出来る。

そう考えると、後衛の選手がサーブを打った後、つまりはポイントの最初だと楽ですよね。

打ち合わせをして、決めて入る。

そうすれば、サーブを打った瞬間にはもう、カバーに走ることも出来ますから。

 

2.ラリーが始まってしまうと、ちょっと難しいかも

すごく組み慣れているペア、だと違うと思いますが。

ラリーが始まってからだと、いざポーチに出ても・・・「クロスのボールに、触れない」というケースもあるじゃないですか。

ストレートにカバーに走るけど、クロスのボールに前衛が届かなくて、やばい!となりますよね。

ラリーが始まると、どうしても前衛の出遅れ、は起きてしまう。

だからこそ、カバーに走るのも不安になります。

「本当に触ってくれるかな・・・」と、考えてしまいがちですからね。

 

3.ポイントは、相手のストレートにリスクを冒させること

カバーして走る、なんとかシングルスコートに入るくらいのボールは、触りたい。

アレーに速いダウンザラインで入ったら、もうしょうがないです。

これは諦める、だけど遅いボールでシングルスコートに入るようなストレートは、触りたい。

触るだけでも、かなり相手のプレッシャーになるはずですよ。

そうやって、どんどん相手に無理してもらう。

「ここまでは追うんだ、触るんだ」という基準を後衛として考えておきましょう。

そうすれば、反応も早くなるし諦めなくなる。

相手にとっては、それが脅威なはずです。

 

4.スライスで返球、を癖付けよう!

あとは、追い付いてどう返すか、ですね。

しっかりスライスで高い軌道、で時間を作るのが基本。

それで相手にチャンスになっても良いんです。

相手からすると、「え?ストレート抜いたのに、返して来るの??」となりますから。

それだけで、かなりのダメージですし、ミスも期待出来る。

サーブを打って前衛が動くなら、ストレート側に走ってスライスでカバー。

これが出来るだけで、試合ではかなり強いですよ!

 

実際の試合では、思い切りが大事です。

クロスを任せて、ストレートに走るチェンジプレー。

相手に与えるダメージ大、ですからぜひ試してみて下さい。

ストレートには打たれる、じゃなくて打たせる、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ

    ダブルスペアとして、完成度を高めたい。今年こそ・・・と考えてい…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

    言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。…

  4. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

    「またそんな、当たり前のことを」と思う方も多いでしょう。ですが…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

    チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  2. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?
  3. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハ…
  4. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブ…
  5. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
PAGE TOP