ダブルス

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。

そこから味方の前衛が動いたけど、ストレートを抜かれる・・・よくあるパターンですよね。

これを、どこまで後衛がカバー出来るのか。

もちろん、全てに走って追いつくのは無理ですが、何かできることがあるはず。

諦めないで、一緒に考えてみましょう。

 

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

 


 

1.例えば、カバーしやすいのは・・・?

いつ前衛が動くのか、が分かっていれば動きやすいですよね。

クロスは前衛に任せて、ストレート側をカバーに走る。

いつ出るのか、が分かっていれば後衛も走り出せるし、思い切って今いるポジションを捨てることが出来る。

そう考えると、後衛の選手がサーブを打った後、つまりはポイントの最初だと楽ですよね。

打ち合わせをして、決めて入る。

そうすれば、サーブを打った瞬間にはもう、カバーに走ることも出来ますから。

 

2.ラリーが始まってしまうと、ちょっと難しいかも

すごく組み慣れているペア、だと違うと思いますが。

ラリーが始まってからだと、いざポーチに出ても・・・「クロスのボールに、触れない」というケースもあるじゃないですか。

ストレートにカバーに走るけど、クロスのボールに前衛が届かなくて、やばい!となりますよね。

ラリーが始まると、どうしても前衛の出遅れ、は起きてしまう。

だからこそ、カバーに走るのも不安になります。

「本当に触ってくれるかな・・・」と、考えてしまいがちですからね。

 

3.ポイントは、相手のストレートにリスクを冒させること

カバーして走る、なんとかシングルスコートに入るくらいのボールは、触りたい。

アレーに速いダウンザラインで入ったら、もうしょうがないです。

これは諦める、だけど遅いボールでシングルスコートに入るようなストレートは、触りたい。

触るだけでも、かなり相手のプレッシャーになるはずですよ。

そうやって、どんどん相手に無理してもらう。

「ここまでは追うんだ、触るんだ」という基準を後衛として考えておきましょう。

そうすれば、反応も早くなるし諦めなくなる。

相手にとっては、それが脅威なはずです。

 

4.スライスで返球、を癖付けよう!

あとは、追い付いてどう返すか、ですね。

しっかりスライスで高い軌道、で時間を作るのが基本。

それで相手にチャンスになっても良いんです。

相手からすると、「え?ストレート抜いたのに、返して来るの??」となりますから。

それだけで、かなりのダメージですし、ミスも期待出来る。

サーブを打って前衛が動くなら、ストレート側に走ってスライスでカバー。

これが出来るだけで、試合ではかなり強いですよ!

 

実際の試合では、思い切りが大事です。

クロスを任せて、ストレートに走るチェンジプレー。

相手に与えるダメージ大、ですからぜひ試してみて下さい。

ストレートには打たれる、じゃなくて打たせる、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  3. テニス サーブ
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  5. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスでの法則、「男性サーブ、女性リターンのときは7割がロブ」という頭で対応しよう

    ミックスダブルスの試合は、男子・女子のダブルスとは異なる。大き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に
  2. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安…
  3. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと
  5. テニス 練習

    ストローク

    せっかく走って追い付いたのに、何で無謀なショットを打つの?
PAGE TOP