ダブルス

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。

そこから味方の前衛が動いたけど、ストレートを抜かれる・・・よくあるパターンですよね。

これを、どこまで後衛がカバー出来るのか。

もちろん、全てに走って追いつくのは無理ですが、何かできることがあるはず。

諦めないで、一緒に考えてみましょう。

 

ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

 


 

1.例えば、カバーしやすいのは・・・?

いつ前衛が動くのか、が分かっていれば動きやすいですよね。

クロスは前衛に任せて、ストレート側をカバーに走る。

いつ出るのか、が分かっていれば後衛も走り出せるし、思い切って今いるポジションを捨てることが出来る。

そう考えると、後衛の選手がサーブを打った後、つまりはポイントの最初だと楽ですよね。

打ち合わせをして、決めて入る。

そうすれば、サーブを打った瞬間にはもう、カバーに走ることも出来ますから。

 

2.ラリーが始まってしまうと、ちょっと難しいかも

すごく組み慣れているペア、だと違うと思いますが。

ラリーが始まってからだと、いざポーチに出ても・・・「クロスのボールに、触れない」というケースもあるじゃないですか。

ストレートにカバーに走るけど、クロスのボールに前衛が届かなくて、やばい!となりますよね。

ラリーが始まると、どうしても前衛の出遅れ、は起きてしまう。

だからこそ、カバーに走るのも不安になります。

「本当に触ってくれるかな・・・」と、考えてしまいがちですからね。

 

3.ポイントは、相手のストレートにリスクを冒させること

カバーして走る、なんとかシングルスコートに入るくらいのボールは、触りたい。

アレーに速いダウンザラインで入ったら、もうしょうがないです。

これは諦める、だけど遅いボールでシングルスコートに入るようなストレートは、触りたい。

触るだけでも、かなり相手のプレッシャーになるはずですよ。

そうやって、どんどん相手に無理してもらう。

「ここまでは追うんだ、触るんだ」という基準を後衛として考えておきましょう。

そうすれば、反応も早くなるし諦めなくなる。

相手にとっては、それが脅威なはずです。

 

4.スライスで返球、を癖付けよう!

あとは、追い付いてどう返すか、ですね。

しっかりスライスで高い軌道、で時間を作るのが基本。

それで相手にチャンスになっても良いんです。

相手からすると、「え?ストレート抜いたのに、返して来るの??」となりますから。

それだけで、かなりのダメージですし、ミスも期待出来る。

サーブを打って前衛が動くなら、ストレート側に走ってスライスでカバー。

これが出来るだけで、試合ではかなり強いですよ!

 

実際の試合では、思い切りが大事です。

クロスを任せて、ストレートに走るチェンジプレー。

相手に与えるダメージ大、ですからぜひ試してみて下さい。

ストレートには打たれる、じゃなくて打たせる、でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

    ダブルスの試合を見ていて、感じること。ダブルスのパートナー、し…

  5. ダブルス

    男性の前衛に捕まらない、ミックスダブルス術

    ミックスダブルスの試合で、女性が後衛、男性が前衛。この時に、…

  6. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる

    私も、責任感が強い人は大好きです。「俺が何とかしてやるんだ・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    リラックスしたテイクバックには、「スロートに添えた手のひらで、ラケットをフワッと…
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める
  4. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る…
  5. 戦術

    パフォーマンス目標、をクリア出来ているか?
PAGE TOP