テニス メンタル

戦術

テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

パッと見て、すごく強そうな選手。

でもその選手が、試合で勝てるかと言えばそうでも無い。

逆に、練習ではそんなに強く見えないような選手が、試合になると強い。

結果を出していく。

この違いって、何なんでしょうね。

もしかしたら、私たちはテニスの「技術」という部分を、誤った見方でとらえているのかも知れません。

 

テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

 

1.それは、相手がいる競技だから

結論、これでしょう。

対戦相手がいる、だからテニスは技術だけじゃ勝てない。

200km/hを越えるサーブだって、入るコースが分かっていれば返球出来る。

どんな強力なストロークを持った選手でも、全くネットプレーが出来なければドロップ系で前に出されて終わり、です。

テニスは、ボールを打って終わりじゃない。

最高のボールを打っても、そのショットを相手に予測されたら返球もされる。

その繰り返し中でポイントが決まっていく競技、ですからね。

 

2.「良い選択」が出来る選手が、減っている

私は、最近こう感じています。

日本人のプロ選手もそうですし、一般の大会でもそう。

「ここでこの勝負に出たか・・・」というような、唸るようなプレーが少なくなってきている。

みんな、自分のショットの精度、威力には熱心なんですけどね。

速い、強いばかりを追い求めて、その威力が無いと上の選手と戦えない、と思って頑張る。

でも、その技術をどんなに磨いたところで、「どう使うのか?」が大事じゃないですか。

特に私たちのような一般、ベテランやシニアのプレイヤーの方はそうだと思います。

 

3.技術がある選手ほど、技術におぼれていく

上手い選手は、試合の中でも上手い選手でいたい。

自分でそう考えている節が、どこかであると思うんです。

粘ってポイントを取る、よりもキレイにかっこよく取りたい。

そう考えるからこそ、技術の高いショットに走り、勝てる試合を落としていく・・・。

言い方は悪いですが、下手な選手の方が試合は強いですよ。

拙いテニスって、強い。

テニスだけじゃないでしょうが、拙さは時に大きな武器になるのです。

 

4.何が言いたいのかと言えば・・・

私がお伝えしたいのは、テニスは「相手がいる競技」だということ。

そしてその相手は、今アナタが持っている武器、技術でも、きっと充分に戦えるということです。

細かい技術、レベルアップは大事ですよ。

でもそこにばかり走るのではなく、相手に応じたテニスを自分がどう組み合わせて作れるのか。

勝負強い、良い選択が試合の中で出来ているのだろうか?という部分を、もっと真摯に考えていかないといけない。

テニスは技術だけでは勝てない。

どう使うのか、その理由は何なのか・・・を日々、意識していきましょう。

 

こうやって考えていくと、上手い相手、にビビらなくなります。

上手いということは、それはもろ刃の剣。

その上手いショットを攻略し、自滅してくれるチャンスがある、と思うようになる。

これも大事な、テニス選手としての資質でしょう。

テニスは人と人の間で行われる、心理戦であり勝負。

だから最高に楽しい、と私は思います。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

    試合の中で、挽回出来る人。それはやっぱり、どこかで修正が効く人…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事

    「負けるはずのない相手に、負けてしまう」ことも、テニスの試合で…

  4. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

  5. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  6. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら

    長らく更新が止まっておりまして、失礼しました…。何かと今、み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?
  2. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  5. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.1
PAGE TOP