テニス ストローク

サーブ

「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。

そんなときって、例えばこんなシチュエーションじゃないですか。

自信を持っていたサーブを、もっと強力なリターンで切り返される。

頭が真っ白になって、キープするイメージが湧かない・・・と試合でも勝てないですよね。

大事なのは、あくまで平常心で自信を失わないこと。

その為には、考え方の準備が大事です。

 

「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

 


 

■サーブを試合中に速くする、なんて出来ない

冷静に考えて、準備してきたこと以上、のことは試合では出来ない。

相手のリターンが良いからといって、いきなり50km/hの球速アップ、なんて出来やしないのが現実。

でも、皆さんリターンが良い選手との試合では、対抗して「もっと速く打たないと!」というプレッシャーで自滅、していく。

だからこそ、出来ること何か。

まずはコントロール重視で相手のリターンを踏み込ませないこと。

そして、少しでもリターンの選手を左右に動かすことを意識する。

良いリターン、を喰らっても冷静さは大事です。

 

■絶対に気持ちで引いてしまわないように!

リターンが強い相手でも、絶対に気持ちが引かないことが大事。

「セカンドを入れても、叩かれるし・・・」というような感じだと、絶対に試合では苦しくなる。

ダブルフォルトって、こういう迷いや気持ちが引いてしまうところから起きて来る、から怖いんですよね。

サーブが入らないと試合にならない。

試合前の準備として、まずはファーストサーブをしっかり入れていくこと。

それからリターンの選手を恐れない、向かっていく気持ちでラケットを振る意識が大事です。

 

■「良いリターン」は、試合の最後まで続かない

最後まで続くことは無い、という意識も大事。

良いリターンで押されても、それは絶対に最後まで続かないと言い聞かせましょう。

良いとき、は仕方ないと割り切る。

割り切っておけば、慌てない。

まぁ、どうしてもタイミングが合って良いリターンがバンバン入る、ときはもう仕方ない。

実力的にも敵わない、というケースだってあります。

自分がやるべきこと、サーブを打ち切っていく意識が大事です。

 

リターンからプレッシャーをかけてくる、相手は強い。

だからこそ、アナタもサーブに対して準備が無いとメンタルがやられていく。

きっと、小さい準備でサーブの意識って変わる。

そして、楽になる。

サーブを打っているときの自分の表情、気持ちの弱さが現れていないか・・・ちょっと、意識してみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について

    安定感があって攻撃的なサーブ、理想ですよね。まずイメージするの…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  5. テニス 攻撃
  6. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう
  3. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる
  4. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
PAGE TOP