テニス ストローク

サーブ

「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。

そんなときって、例えばこんなシチュエーションじゃないですか。

自信を持っていたサーブを、もっと強力なリターンで切り返される。

頭が真っ白になって、キープするイメージが湧かない・・・と試合でも勝てないですよね。

大事なのは、あくまで平常心で自信を失わないこと。

その為には、考え方の準備が大事です。

 

「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

 


 

■サーブを試合中に速くする、なんて出来ない

冷静に考えて、準備してきたこと以上、のことは試合では出来ない。

相手のリターンが良いからといって、いきなり50km/hの球速アップ、なんて出来やしないのが現実。

でも、皆さんリターンが良い選手との試合では、対抗して「もっと速く打たないと!」というプレッシャーで自滅、していく。

だからこそ、出来ること何か。

まずはコントロール重視で相手のリターンを踏み込ませないこと。

そして、少しでもリターンの選手を左右に動かすことを意識する。

良いリターン、を喰らっても冷静さは大事です。

 

■絶対に気持ちで引いてしまわないように!

リターンが強い相手でも、絶対に気持ちが引かないことが大事。

「セカンドを入れても、叩かれるし・・・」というような感じだと、絶対に試合では苦しくなる。

ダブルフォルトって、こういう迷いや気持ちが引いてしまうところから起きて来る、から怖いんですよね。

サーブが入らないと試合にならない。

試合前の準備として、まずはファーストサーブをしっかり入れていくこと。

それからリターンの選手を恐れない、向かっていく気持ちでラケットを振る意識が大事です。

 

■「良いリターン」は、試合の最後まで続かない

最後まで続くことは無い、という意識も大事。

良いリターンで押されても、それは絶対に最後まで続かないと言い聞かせましょう。

良いとき、は仕方ないと割り切る。

割り切っておけば、慌てない。

まぁ、どうしてもタイミングが合って良いリターンがバンバン入る、ときはもう仕方ない。

実力的にも敵わない、というケースだってあります。

自分がやるべきこと、サーブを打ち切っていく意識が大事です。

 

リターンからプレッシャーをかけてくる、相手は強い。

だからこそ、アナタもサーブに対して準備が無いとメンタルがやられていく。

きっと、小さい準備でサーブの意識って変わる。

そして、楽になる。

サーブを打っているときの自分の表情、気持ちの弱さが現れていないか・・・ちょっと、意識してみましょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で

    セカンドサーブが安定しない人。こういう方は、まず軌道がおかしい…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切に

    サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?…

  3. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する

    ファーストサーブと、セカンドサーブ。この2つのサーブの、どこを…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

    試合に出ている人は、気付いているはず。「自分のサーブ」を改良し…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

特集記事

  1. メンタル

    「やられた」と思うのが、早過ぎる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブは高い軌道じゃないと、高く弾まないのは当たり前
  3. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?
  4. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  5. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線
PAGE TOP