テニス 練習

戦術

試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

テニスの試合は、出だしが一番しんどい。

ペースを掴めば、ある程度は自分の思い通りに出来るんですが・・・試合の入り方、難しいですよね。

私がオススメする作戦は、シンプルです。

最初の2ゲーム、サーブとリターン、のときにどうするかだけ決めて入りましょう。

 

試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

 


 

1.最初の2ゲームで、何をやるか決めておく

実際に、決めておくのは打つコース、それからポジショニング。

私なら、サービスゲームではこんな感じに考えています。

 

1ポイント目:サーブをバックハンドに入れて、そのままバックハンド狙いのストロークを継続

2ポイント目:相手のボディへサーブを打ってサーブ&ボレー

3ポイント目:サーブを打って返ってきたボールを、バックハンド側にムーンボール(高い軌道でゆっくり送る)

4ポイント目:ドロップショットをどこかで使う

 

こんな感じですかね。

リターンゲームでも、ほぼ一緒です。

相手のバックハンドを中心に攻めて、必ずネットプレーを1回は入れる。

4ポイント以上長くなることもあると思いますが、基本はこの4パターン、で最初の2ゲームは戦うようにしています。

 

2.何をやるか明確になれば、迷いが消える

自分で決めておけば、迷いは消える。

相手が強い、弱いは関係ありません。

自分で決めておけば、失敗しても「やってやったぞ!」と思える、ある種のこれも成功に入る。

何もやらない、決めない、でウジウジしてポイントが進行していく・・・のだけは、絶対に避けたいところ。

何をやるか明確にしているだけで、思い切ったプレーが出来ますからね。

きっとラケットも振れて、自然とコートにボールが収まってくれるでしょう。

 

3.3ゲーム目からは、自然に身体が動いてくれる

2ゲーム目までにある程度、色々なパターンを相手に見せておくことが出来れば、もう大丈夫。

身体も動くし、何が効いたのか何となく分かるはず。

3ゲーム目からは、選択して良いプレーが出来るはずです。

それくら、序盤って大事なんですよね。

実は、強い選手ってこうやって序盤のパターンは決めている人が多い。

ぜひ、意識してみて下さいね。

 

もちろん、決めた通りに出来ないこともあるでしょう。

でも、やって出来なかったなら、それって実は失点以上の価値がある。

サーブ&ボレー、ネットダッシュ、それを仕掛けたという印象は相手に残りますからね。

序盤に「色々やる」のを決めておく。

これだけで、きっと試合は戦いやすくなりますよ。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝

    ダブルスの試合で、前衛の上をロブで抜かれる。そうすると、チェン…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に個性を出していく

    色んなプレースタイルがあるけど、君はどんなテニスで戦っている?…

  3. テニス 計算

    戦術

    相手が打てるコースは、必ず限られている

    テニスの試合で、相手の攻撃に屈しない心。これには、まず考え方か…

  4. テニス 確率

    戦術

    テニスの試合で一番嫌なのは、「何かを仕掛けて来る選手」じゃないですか?

    対戦していて、嫌な相手。それは、何かを仕掛けてくる相手、でしょ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    後半負け始めてからギアを上げても、遅い件

    序盤の調子と、終盤の調子。皆さんはどの程度、差がありますか?…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  3. テニス ボレー

    メンタル

    誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
  4. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  5. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?
PAGE TOP