テニス メンタル

日々の雑記

最近のスポーツニュースを観て思うこと

ふと、最近感じることがあります。

なんだか、スポーツニュースって、テレビもネットも新聞も・・・全部、同じような内容に見えてしまう。

個性が無くなっちゃったような気がしてならないんですよね・・・。

 


 

昔、といっても10年20年くらい前ですが、スポーツ新聞では私は日刊スポーツが好きでした。

「初物の日刊」と周りでは呼ばれていて、新しい競技や選手、を積極的に紹介していく。

もちろん部数を売らないといけないという目標はある中で、チャレンジして投資していく姿勢がすごく好きでした。

でも今は・・・どうでしょう。

そんなにチャレンジしたり、投資したり、ファンを育てたりといった余裕が無い、部数ありきで周りと同じような「売れる」「大衆が反応しやすい」モノだけ作っているようにしか見えない。

仕方ないことと理解はしていますが、ちょっとこれだと日本のスポーツ界、厳しいかもなと思っています。

 

例えば早実の清宮選手。

彼の才能に疑いの余地は無いし、目標に向かってホームラン数を積み重ねていく姿勢には頭が下がります。

でも、既に指摘も始まっていますがほとんどが狭い会場での練習試合、招待試合。

でも報道すれば数字が獲れるから、みんなが観るしそこで美味しい想いをすれば、他を放送する勇気が出ない。

私たちも、つい本数を追って観てしまう。

今はまさに、そんな感じですよね。

 

「え?それの何が悪いの?」

と思う方も、たくさんいるでしょう。

でも、私は思います。

もっとたくさんの選手、競技、考え、生き方があって、私たちは本当にその一部にしか触れられていない。

そして、本当に東京オリンピックで良い成績をおさめて、みんなで喜びを分かち合いたいなら、スポーツニュースの在り方をそろそろ考える時期に来ているんじゃないかなと。

あくまで、私の一意見です。

 

皆さんそれぞれで、感じるところはあるでしょう。

これからもT-PRESSでは、「読んで欲しい内容」を更新していきます。

時には尖り、誰かを傷付け、反論を招くことはあるでしょう。

今までもたくさん、ありました。

でもこれからも、私はテニスを通じて自分の視点を、率直に発信していきます。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. + POWER CUP について
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. 日々の雑記

    テニスの試合に出ている方から、必要とされる為に

    しばらく、更新が滞っておりまして申し訳御座いません。みなさん…

  2. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近改めて思うん…

  3. 日々の雑記

    川口能活、という選手について語りたい

    あれは確か、私が小学5年生の冬だったと思う。世の中は、Jリーグ…

  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

  5. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  6. 日々の雑記

    T-PRESSのYouTubeチャンネルが目指すもの

    みなさんのお陰で、T-PRESSのYouTubeチャンネルの登録者数…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ
  2. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!
  3. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!
  4. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと
PAGE TOP