ストローク

浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。

この何気ないショットですが、入る、入らないでは大きく変わって来ます。

大事な場面で入らない人は、ボールが直線的になっている人が多い。

攻撃しているようで、実は自分が追い詰められている。

そんな雰囲気、無いですか?

 
 

スピンで山なり、が基本!

チャンスボール、浅いボールでも、一緒です。

よほど高い打点でネットに近い場所、で打たない限りは、軌道は山なり。

しっかりスピン回転をかけて、相手コートの深くを狙う。

プロ選手のボールも一見直線的に見えて、実はすごく回転をかけて深い位置を狙ってますからね。

私たちも、直線的な軌道になっていないかチェックしましょう。

ストロークの基本は、浅いボールでも一緒です。

ネットを越えないと、相手の得点になりますから。

直線的なボールになるのは、なぜか?

相手に触られたくない、ここで決めたいと思うから。

余裕が無いと、こういう発想になります。

直線的なボールは、少しでも打点がズレたり、風が吹いたりしたらアウトやネットになる可能性が高い。

チャンスまで作って、それはもったいない。

しっかりとスピン回転をかけて、相手コートの深くにバウンドさせることを意識しましょう。

それだけで、相手は辛いはず。

山なりなストロークでフィニッシュする、という発想を持って戦いましょう。

ラケットヘッドを下から入れて振り切る

良いスピン回転、で相手コートに収まるように。

そのためには、チャンスでもしっかりラケットヘッドを下から入れること、が大事です。

つい、上から叩きたくなる、押さえ込みたくなるのがテニスじゃないですか。

でも、それだと直線的なボールになる。

打点に対して、しっかりラケットが下から入っていくようなイメージ、で振っていきましょう。

ラケットヘッドの振り抜き、をイメージするとスピン回転はかかりやすいですよ。

最後はネットプレーで、ご馳走様

という感覚で、相手を追い込みましょう。

スピンの効いた山なりなボールで、相手を走らせる。

そして最後は、スマッシュかボレー、ドロップボレーで決める。

ストロークはあくまで走らせる手段ですからね。

山なりなボールはバウンド後も失速しない、威力があるのでパッシングショットはそう簡単には打てない。

きっと、ロブが来ると思っておいて良い。

最後はネットで、ご馳走様という感覚で。

山なりなボールで追い込んでいくイメージ、でいきましょう。

   

お勧めの練習法

アプローチからネットプレー、そのアプローチショットをしっかり深く打つ。

ネットの高さの2倍の高さ、を通すような設定で練習してみましょう。

普段のネットの上に紐を引っ張って、50cmくらい高く設定しても良い。

とにかく、アプローチでネットというのが試合でも絶対にやりたくないミスですから。

もしネットの工夫が難しければ、自分でしっかり意識する。

これだけでも、だいぶ変わりますよ。



アプローチショットが直線的で速いと、自分も次が大変。

構える時間も無いし、相手からカウンターを喰らいやすいですから。

スピン回転をしっかりかけて、相手を追い込む。

浅いボール、チャンスでも同じショットで良いんです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です

    テニスの試合で、1試合に1度打つ機会があるかないかのショット、ポール回…

  3. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

    テニススクールやテニス部の中で、教えてもらう機会が少ないのがこの「回転…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう

    ダブルスの試合での雁行陣、ストローク同士の打ち合い。相手の前衛…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない

    力を抜いて、リラックスすること。分かってはいても、つい試合では…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!
  5. テニス ストローク

    ボレー

    チャンスを確実に決める、ボレーの打ち方の基本について
PAGE TOP