ストローク

浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。

この何気ないショットですが、入る、入らないでは大きく変わって来ます。

大事な場面で入らない人は、ボールが直線的になっている人が多い。

攻撃しているようで、実は自分が追い詰められている。

そんな雰囲気、無いですか?

 
 

スピンで山なり、が基本!

チャンスボール、浅いボールでも、一緒です。

よほど高い打点でネットに近い場所、で打たない限りは、軌道は山なり。

しっかりスピン回転をかけて、相手コートの深くを狙う。

プロ選手のボールも一見直線的に見えて、実はすごく回転をかけて深い位置を狙ってますからね。

私たちも、直線的な軌道になっていないかチェックしましょう。

ストロークの基本は、浅いボールでも一緒です。

ネットを越えないと、相手の得点になりますから。

直線的なボールになるのは、なぜか?

相手に触られたくない、ここで決めたいと思うから。

余裕が無いと、こういう発想になります。

直線的なボールは、少しでも打点がズレたり、風が吹いたりしたらアウトやネットになる可能性が高い。

チャンスまで作って、それはもったいない。

しっかりとスピン回転をかけて、相手コートの深くにバウンドさせることを意識しましょう。

それだけで、相手は辛いはず。

山なりなストロークでフィニッシュする、という発想を持って戦いましょう。

ラケットヘッドを下から入れて振り切る

良いスピン回転、で相手コートに収まるように。

そのためには、チャンスでもしっかりラケットヘッドを下から入れること、が大事です。

つい、上から叩きたくなる、押さえ込みたくなるのがテニスじゃないですか。

でも、それだと直線的なボールになる。

打点に対して、しっかりラケットが下から入っていくようなイメージ、で振っていきましょう。

ラケットヘッドの振り抜き、をイメージするとスピン回転はかかりやすいですよ。

最後はネットプレーで、ご馳走様

という感覚で、相手を追い込みましょう。

スピンの効いた山なりなボールで、相手を走らせる。

そして最後は、スマッシュかボレー、ドロップボレーで決める。

ストロークはあくまで走らせる手段ですからね。

山なりなボールはバウンド後も失速しない、威力があるのでパッシングショットはそう簡単には打てない。

きっと、ロブが来ると思っておいて良い。

最後はネットで、ご馳走様という感覚で。

山なりなボールで追い込んでいくイメージ、でいきましょう。

   

お勧めの練習法

アプローチからネットプレー、そのアプローチショットをしっかり深く打つ。

ネットの高さの2倍の高さ、を通すような設定で練習してみましょう。

普段のネットの上に紐を引っ張って、50cmくらい高く設定しても良い。

とにかく、アプローチでネットというのが試合でも絶対にやりたくないミスですから。

もしネットの工夫が難しければ、自分でしっかり意識する。

これだけでも、だいぶ変わりますよ。



アプローチショットが直線的で速いと、自分も次が大変。

構える時間も無いし、相手からカウンターを喰らいやすいですから。

スピン回転をしっかりかけて、相手を追い込む。

浅いボール、チャンスでも同じショットで良いんです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストローク…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるというこ…

  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

  6. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準…
  3. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの
  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  5. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う
PAGE TOP