テニス ストローク

戦術

アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

アプローチショット、打って前に出るショット。

ネットプレーにつなげるのに、テニスでは必要なショットですよね。

コレに必要な要素は、意識次第で誰でも身に付けることが出来るモノ、なんです。

ショットの威力で追い込むのは、安定しないですから。

大事なのは、そのポイント全体をアナタ自体がどうしたいのか、です。

 

アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

 


 

1.どうやって、フィニッシュするの?

例えば、シングルスの試合。

浅いボールを打って前に出る、確かにそれだけでも相手は嫌でしょう。

ですが、その先のことを何も考えていないと・・・どうなりますか?

相手のパッシングにもロブにも対応出来ない、「打たれてから考える状態」になりがちです。

これでは、安定してネットでポイントを取れない。

せっかくアプローチショットを打って前に出ても、ポイントが取れないで自信だけ失っていく。

どうやってフィニッシュするのか、の大枠を決めて前に出ないとダメです。

 

2.アプローチショットの後のイメージ、湧いてる?

アナタ自身が、前に出て相手はどうするのか。

このイメージをある程度湧かせて、前に出ることが大事。

強気の選手ならパッシングショットで抜きに来るでしょうし、弱気な相手ならロブかも知れない。

相手の性格とプレースタイルを考えて、「多分これが来るな」というイメージを持って前に出ましょう。

もちろん、それが外れることもあります。

私の感覚では、7対3くらいで待つ感じ。

7がメインの予測、3が意外な相手の対応策。

3だけは残しておく、ことで相手のカウンターも阻止出来るでしょう。

 

3.アプローチショットは、その名の通り・・・?

相手に近付くショット、になります。

近付くだけですから、まだ何も終わっていないですよね。

大事なのは、その後のイメージ。

近付いたら、どうするのか。

予測を立てて、最終的にどうフィニッシュするのか。

試合に出ているみなさんならお分かりの通り、意外とキレイなボレーで決まるなんて少ないですよね。

前に出ても、ラリーは続く可能性が高い。

期待し過ぎない想定、をしっかり立ててアプローチショットを打つこと、が大事です。

 



 

4.相手の反応を、しっかり確認すること

自分が打ったショット、で相手がどう反応するのか。

これはしっかり、見るようにしましょう。

自分のアプローチショットが入るかどうか、にばかり関心がいってないですか?

それもう、打った後は操作出来ない問題ですから。

打ったら相手、とにかく相手を見てどういう反応なのかをしっかり目に焼き付ける。

近付けば、より相手の真の部分が見えて来るのがテニスですから。

それによって、また想定を変えていけば良いんです。

 

5.お勧めの練習法

アプローチショットを、しっかり2種類打てるようになりましょう。

スピンとスライス。

スピンは相手を追い込んでいく、走らせる感じ。

スライスは、確実に追いつかれるけど球足が遅く、打点が低い、相手に選択を迫るようなアプローチですね。

この両方が打てると、より試合で打った後の想定を立てやすくなる。

普段の練習で、どっちかしか打っていないと試合で相手も慣れて来ますから。

ぜひ、みなさんも両方打てるように練習しておきましょう!

 

アプローチショットが上手い人って、その後が上手い。

ポジションもそうですし、予測ですね、やはり。

予測が的確に出来るようになれば、どんどん前に出る勇気が湧いてきます。

まずはアナタ自身で考えてみる、やってみる。

失敗して経験して、予測の精度を高めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる

    強烈なフォアハンド、触れないサーブ、華麗なネットプレー。誰だっ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

    相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。そのナイスショ…

  3. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  5. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?

    試合の中で、ガシャっとなってしまう。ラケットのフレームに当た…

  6. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
  4. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
PAGE TOP