テニス ストローク

戦術

アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

アプローチショット、打って前に出るショット。

ネットプレーにつなげるのに、テニスでは必要なショットですよね。

コレに必要な要素は、意識次第で誰でも身に付けることが出来るモノ、なんです。

ショットの威力で追い込むのは、安定しないですから。

大事なのは、そのポイント全体をアナタ自体がどうしたいのか、です。

 

アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

 


 

1.どうやって、フィニッシュするの?

例えば、シングルスの試合。

浅いボールを打って前に出る、確かにそれだけでも相手は嫌でしょう。

ですが、その先のことを何も考えていないと・・・どうなりますか?

相手のパッシングにもロブにも対応出来ない、「打たれてから考える状態」になりがちです。

これでは、安定してネットでポイントを取れない。

せっかくアプローチショットを打って前に出ても、ポイントが取れないで自信だけ失っていく。

どうやってフィニッシュするのか、の大枠を決めて前に出ないとダメです。

 

2.アプローチショットの後のイメージ、湧いてる?

アナタ自身が、前に出て相手はどうするのか。

このイメージをある程度湧かせて、前に出ることが大事。

強気の選手ならパッシングショットで抜きに来るでしょうし、弱気な相手ならロブかも知れない。

相手の性格とプレースタイルを考えて、「多分これが来るな」というイメージを持って前に出ましょう。

もちろん、それが外れることもあります。

私の感覚では、7対3くらいで待つ感じ。

7がメインの予測、3が意外な相手の対応策。

3だけは残しておく、ことで相手のカウンターも阻止出来るでしょう。

 

3.アプローチショットは、その名の通り・・・?

相手に近付くショット、になります。

近付くだけですから、まだ何も終わっていないですよね。

大事なのは、その後のイメージ。

近付いたら、どうするのか。

予測を立てて、最終的にどうフィニッシュするのか。

試合に出ているみなさんならお分かりの通り、意外とキレイなボレーで決まるなんて少ないですよね。

前に出ても、ラリーは続く可能性が高い。

期待し過ぎない想定、をしっかり立ててアプローチショットを打つこと、が大事です。

 



 

4.相手の反応を、しっかり確認すること

自分が打ったショット、で相手がどう反応するのか。

これはしっかり、見るようにしましょう。

自分のアプローチショットが入るかどうか、にばかり関心がいってないですか?

それもう、打った後は操作出来ない問題ですから。

打ったら相手、とにかく相手を見てどういう反応なのかをしっかり目に焼き付ける。

近付けば、より相手の真の部分が見えて来るのがテニスですから。

それによって、また想定を変えていけば良いんです。

 

5.お勧めの練習法

アプローチショットを、しっかり2種類打てるようになりましょう。

スピンとスライス。

スピンは相手を追い込んでいく、走らせる感じ。

スライスは、確実に追いつかれるけど球足が遅く、打点が低い、相手に選択を迫るようなアプローチですね。

この両方が打てると、より試合で打った後の想定を立てやすくなる。

普段の練習で、どっちかしか打っていないと試合で相手も慣れて来ますから。

ぜひ、みなさんも両方打てるように練習しておきましょう!

 

アプローチショットが上手い人って、その後が上手い。

ポジションもそうですし、予測ですね、やはり。

予測が的確に出来るようになれば、どんどん前に出る勇気が湧いてきます。

まずはアナタ自身で考えてみる、やってみる。

失敗して経験して、予測の精度を高めていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

  2. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない

    試合のときに、調子が良い悪いの差が激しい人。こういう人は、結果…

  3. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

    試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。…

  4. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない

    どこかで、試合の中ではみ出してみる。こういう意識、アクション…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で
  2. その他

    都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
  4. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
PAGE TOP