テニス メンタル

戦術

「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

「諦めるな!まだまだここから!」

と、応援されるけど、正直しんどい。

1セットマッチで2-5、相手サーブで30-0、マッチポイントの手前・・・くらいで、もう諦めたくもなりますよね。

「諦めないで、最後まで戦う」って、試合に出ている人なら分かると思いますが、すごく難しいこと。

だからこそ、考え方や準備が大事なんです。

「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

 


 

1.コートの上では、誰もが人間

人間ですから、諦めたくなります。

強い相手、スコアは離されて・・・もう、厳しいかなと。

色々やったけど、もう無理だ・・・と思う方が自然でしょう。

そこで、「いや、まだまだここから!」と思える人は、ある意味凄い。

でも、その諦めない人、凄い人には、誰でもなれます。

人間として弱い部分ばかりテニスの試合では目立ってしまいますが、諦めない試合は、作れる。

そう、作り方があるんですよ。

 

2.負けている状態、でも逆転の芽があるかどうか

例えば、先ほどのように2-5、マッチポイントの手前まで追い詰められたとしましょう。

でも、どうやってこの状態になったのか、が大事。

何も考えないでただ普通に打ち合っての2-5、ならほぼ勝機は無いでしょう。

でも、例えば相手を探る、色々やってみて情報を得た中での2-5なら、まだチャンスがあるはず。

アナタ自身も、強がりではなく「いける!」と思えているなら、なおさらです。

2段階、で相手をあぶり出していく。

強い相手でも、同じ人間ですから。

諦めない試合にするためには、相手を「裸」にしないといけないんです。

 

3.弱点を見つける、そこを攻める

2段階でやることは、これだけ。

相手の弱点を見つけて、そこを攻撃していくこと。

これが出来れば、自然と諦めない試合を実践出来るでしょう。

弱点を見つける、ということは、例えば「実はボレーが苦手」「スライスは返せない」というよくあるパターンを探してみる、ということですね。

弱点を探すには、アナタ自身が浅いボールを打ったり、スライスを打ったり、で相手をテストしないといけない。

このテストが出来るかどうか、が大事になります。

テストして弱点を見つけたら、次は攻撃。

スライスが返せないなら、その返球は浅くなるかもしれない、だから前に詰める。

苦手なショットを打たせて、攻める。

このリズムが出来てくれば、逆転だってそう遠くないでしょう。

諦めない試合、に自然となっていくはずです。

 

4.テニスにおける「弱点のあるある」を確認!

強そうな相手でも、完璧な相手はいません。

どこかしら、必ず弱点はあります。

私の経験だと、「浅いボールの処理」「ロブの対応」「スライスの返球」「セカンドサーブ」には、弱点が多い。

ここにプレッシャーをかけて、テストしてみる。

そうすることで、必ず弱点の芽が見えて来るはずです。

そこを見つけて、攻撃さえ上手くいけば、スコアなんてあっという間に縮まります。

そういう経験を続けていけば、自信にもなりますからね。

諦めない試合は、メンタルで作るんじゃない。

知識と準備、で作り上げるものなんです。

 

諦めないためには、根拠が必要。

希望が必要、じゃないですか。

アナタ自身の相手は、きっとアナタが思うよりも盤石ではないでしょう。

試合の序盤から、あぶり出してあげる。

それが試合の後半に、効いてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  2. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

    「あの人、このトーナメント強いな・・・」「何だか、急に強くなっ…

  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  4. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  6. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    テニスの中に、好き嫌いを作ろう
  2. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?
  3. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで
  4. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  5. テニス メンタル

    戦術

    全ての戦術は、本気で実行するから成功する
PAGE TOP