テニス メンタル

戦術

「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

「諦めるな!まだまだここから!」

と、応援されるけど、正直しんどい。

1セットマッチで2-5、相手サーブで30-0、マッチポイントの手前・・・くらいで、もう諦めたくもなりますよね。

「諦めないで、最後まで戦う」って、試合に出ている人なら分かると思いますが、すごく難しいこと。

だからこそ、考え方や準備が大事なんです。

「諦めない試合」にするには、どうすれば良いのか?

 


 

1.コートの上では、誰もが人間

人間ですから、諦めたくなります。

強い相手、スコアは離されて・・・もう、厳しいかなと。

色々やったけど、もう無理だ・・・と思う方が自然でしょう。

そこで、「いや、まだまだここから!」と思える人は、ある意味凄い。

でも、その諦めない人、凄い人には、誰でもなれます。

人間として弱い部分ばかりテニスの試合では目立ってしまいますが、諦めない試合は、作れる。

そう、作り方があるんですよ。

 

2.負けている状態、でも逆転の芽があるかどうか

例えば、先ほどのように2-5、マッチポイントの手前まで追い詰められたとしましょう。

でも、どうやってこの状態になったのか、が大事。

何も考えないでただ普通に打ち合っての2-5、ならほぼ勝機は無いでしょう。

でも、例えば相手を探る、色々やってみて情報を得た中での2-5なら、まだチャンスがあるはず。

アナタ自身も、強がりではなく「いける!」と思えているなら、なおさらです。

2段階、で相手をあぶり出していく。

強い相手でも、同じ人間ですから。

諦めない試合にするためには、相手を「裸」にしないといけないんです。

 

3.弱点を見つける、そこを攻める

2段階でやることは、これだけ。

相手の弱点を見つけて、そこを攻撃していくこと。

これが出来れば、自然と諦めない試合を実践出来るでしょう。

弱点を見つける、ということは、例えば「実はボレーが苦手」「スライスは返せない」というよくあるパターンを探してみる、ということですね。

弱点を探すには、アナタ自身が浅いボールを打ったり、スライスを打ったり、で相手をテストしないといけない。

このテストが出来るかどうか、が大事になります。

テストして弱点を見つけたら、次は攻撃。

スライスが返せないなら、その返球は浅くなるかもしれない、だから前に詰める。

苦手なショットを打たせて、攻める。

このリズムが出来てくれば、逆転だってそう遠くないでしょう。

諦めない試合、に自然となっていくはずです。

 

4.テニスにおける「弱点のあるある」を確認!

強そうな相手でも、完璧な相手はいません。

どこかしら、必ず弱点はあります。

私の経験だと、「浅いボールの処理」「ロブの対応」「スライスの返球」「セカンドサーブ」には、弱点が多い。

ここにプレッシャーをかけて、テストしてみる。

そうすることで、必ず弱点の芽が見えて来るはずです。

そこを見つけて、攻撃さえ上手くいけば、スコアなんてあっという間に縮まります。

そういう経験を続けていけば、自信にもなりますからね。

諦めない試合は、メンタルで作るんじゃない。

知識と準備、で作り上げるものなんです。

 

諦めないためには、根拠が必要。

希望が必要、じゃないですか。

アナタ自身の相手は、きっとアナタが思うよりも盤石ではないでしょう。

試合の序盤から、あぶり出してあげる。

それが試合の後半に、効いてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

    12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。…

  2. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる

    テニスのスコアの数え方って面白い。スーパーショットでポイント取…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね

    テニスの試合って、正直思い通りにならないことばかり。腹が立つこ…

  4. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

    試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?試合…

  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている
  3. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語
  4. メンタル

    挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事
  5. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方
PAGE TOP