戦術

ゲームを「作る」とは、どういうことか?

特に、ダブルスの試合ですね。

「ゲームメイク」ができるか、できないかは、どこで分かれてくるのか…みなさんは、どうお考えですか?

最近、YouTubeの撮影でも「後衛は作り役」という言葉が何度か出てきてますが、実感の湧かない方も多いと思います。

ゲームを作る、具体的にはどうすれば良い?

今回は、ダブルスの後衛の役割を客観的に考えてみたいと思います。

大丈夫、難しく考える必要はないですよ。

ゲームメイクは、楽しい!

まず、この視点が大事です。

ゲームメイク、作り役は基本的に楽しい。

自分自身が司令塔になっているつもりで、相手をコントロールする、パートナーの前衛に活躍してもらう。

とまぁ、ここまで書くとすごくハードルが高く感じる方もいると思いますが、楽しむという姿勢が大事です。

自分でコントロール出来ない時もありますが、「支配しているつもり」になれるかどうか。

自分でハードルを上げ過ぎない、責任感を背負い過ぎない。

楽しんで、ゲームのコントローラーを持っているつもりで、ダブルスの後衛をプレーしてみましょう。

まず、ゲームでは「死なない」ことが大事ですよね。

簡単にミスしない、しっかり相手に返すこと。

これが出来ていれば、まず最初のゲームメイクは完成だと思って良いんです。

相手を「敵1人」にできる?

ゲームメイク、ダブルスの後衛でまず考えること。

相手を1人にして、2人を相手にしない。

ダブルスでなかなか勝てない人は、どうしても相手2人を同時に意識して、倒そうとする方が多いように感じます。

まず、前衛をストレートで足止めする、ような策が必要です。

前衛が動かない、コントロール出来ると思ったら、後衛1人に競り負けないような集中が出来ますからね。

これも、ゲームメイクで大事な視点だと思います。

狙いを絞って、相手のどちらかを倒していく。

難しい配球は必要ありません、前衛をどうすれば足止めできるのか?を考えましょう。

それでも、ガンガン動いてくる前衛には、もうその前衛1人を相手にするつもりで。

ストレートに打つ回数を増やして、シングルスのボレー対パッシングの勝負、みたいな感じでも良いでしょう。

大事なのは、「自分がコントロールして1対1で勝負していく」という意識です。

格上相手に、これができるかどうか

強い相手に、この意識で試合に挑めるかどうか。

これが、今のみなさんの課題じゃないでしょうか。

強い相手だと、「自分が試合をコントロール出来ない、ゲームメイク出来ない」と感じて気持ちも落ちていく。

相手のショットがどんどん鋭くなる…のを、どこかで止めないといけません。

技術的なレベルの差は、現場では埋められない。

だからこそ、発想で埋めていく。

まずは相手にしっかり返すのがゲームメイクの第一歩、次は2人を相手にしないで1人を相手にする環境を作る。

普段の練習から、試合本番でのゲームメイクを意識すれば変わります。

相手とラリーするのを逃げない、恐れない。

まずはそこから、ですよね。

「ただ返すだけじゃ、やられてしまうじゃないか」と思う方も多いでしょう。

確かに、強い相手だとそうかも知れません。

でも、実際の試合はどうでしょうか?相手のコートにちゃんと返ってるポイント自体、少ないんじゃないですか?

ゲームメイクを楽しむ為には、まずは相手にやられることも大事。

何度もやるうちに、必ず感覚は身に付いてきます。

テニスは試合を作るのが楽しい!ですから。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  2. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

    恐らく、アナタ自身は損している。試合の中で、相手に押されている…

  3. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで前後に走らせたいのは、「足が遅い」選手に限る

    アナタ自身、全ての相手に「同じようなテニス」で挑んではいないか。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き

    テニスの試合って、同じことの繰り返し。のようなこと、が多いと思…

  5. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない

    もちろん、テニスの試合の中で・・・です。本当に勝ちたい試合、お…

  6. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない

    近年、増えてきているインドアテニスコート。非常にプレーがしやす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい
  4. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く…
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時
PAGE TOP