戦術

ゲームを「作る」とは、どういうことか?

特に、ダブルスの試合ですね。

「ゲームメイク」ができるか、できないかは、どこで分かれてくるのか…みなさんは、どうお考えですか?

最近、YouTubeの撮影でも「後衛は作り役」という言葉が何度か出てきてますが、実感の湧かない方も多いと思います。

ゲームを作る、具体的にはどうすれば良い?

今回は、ダブルスの後衛の役割を客観的に考えてみたいと思います。

大丈夫、難しく考える必要はないですよ。

ゲームメイクは、楽しい!

まず、この視点が大事です。

ゲームメイク、作り役は基本的に楽しい。

自分自身が司令塔になっているつもりで、相手をコントロールする、パートナーの前衛に活躍してもらう。

とまぁ、ここまで書くとすごくハードルが高く感じる方もいると思いますが、楽しむという姿勢が大事です。

自分でコントロール出来ない時もありますが、「支配しているつもり」になれるかどうか。

自分でハードルを上げ過ぎない、責任感を背負い過ぎない。

楽しんで、ゲームのコントローラーを持っているつもりで、ダブルスの後衛をプレーしてみましょう。

まず、ゲームでは「死なない」ことが大事ですよね。

簡単にミスしない、しっかり相手に返すこと。

これが出来ていれば、まず最初のゲームメイクは完成だと思って良いんです。

相手を「敵1人」にできる?

ゲームメイク、ダブルスの後衛でまず考えること。

相手を1人にして、2人を相手にしない。

ダブルスでなかなか勝てない人は、どうしても相手2人を同時に意識して、倒そうとする方が多いように感じます。

まず、前衛をストレートで足止めする、ような策が必要です。

前衛が動かない、コントロール出来ると思ったら、後衛1人に競り負けないような集中が出来ますからね。

これも、ゲームメイクで大事な視点だと思います。

狙いを絞って、相手のどちらかを倒していく。

難しい配球は必要ありません、前衛をどうすれば足止めできるのか?を考えましょう。

それでも、ガンガン動いてくる前衛には、もうその前衛1人を相手にするつもりで。

ストレートに打つ回数を増やして、シングルスのボレー対パッシングの勝負、みたいな感じでも良いでしょう。

大事なのは、「自分がコントロールして1対1で勝負していく」という意識です。

格上相手に、これができるかどうか

強い相手に、この意識で試合に挑めるかどうか。

これが、今のみなさんの課題じゃないでしょうか。

強い相手だと、「自分が試合をコントロール出来ない、ゲームメイク出来ない」と感じて気持ちも落ちていく。

相手のショットがどんどん鋭くなる…のを、どこかで止めないといけません。

技術的なレベルの差は、現場では埋められない。

だからこそ、発想で埋めていく。

まずは相手にしっかり返すのがゲームメイクの第一歩、次は2人を相手にしないで1人を相手にする環境を作る。

普段の練習から、試合本番でのゲームメイクを意識すれば変わります。

相手とラリーするのを逃げない、恐れない。

まずはそこから、ですよね。

「ただ返すだけじゃ、やられてしまうじゃないか」と思う方も多いでしょう。

確かに、強い相手だとそうかも知れません。

でも、実際の試合はどうでしょうか?相手のコートにちゃんと返ってるポイント自体、少ないんじゃないですか?

ゲームメイクを楽しむ為には、まずは相手にやられることも大事。

何度もやるうちに、必ず感覚は身に付いてきます。

テニスは試合を作るのが楽しい!ですから。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 【女子ダブルス 土居コーチ&レギュラーメンバー交流会】12/8(木) …
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 40歳からポリストリングにする、という選択肢を

関連記事

  1. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

    「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。言葉の意…

  3. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  4. テニス 言葉

    戦術

    どこを狙うかの前に、「どこの場所で」打つのか?が大事

    試合の中では、「あそこに打ちたい!」と思いますよね。相手がいな…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  6. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる

    試合の中で、ついアウトボールを触ってしまう。大したボールじゃな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
  2. テニス ストローク

    ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを…
  3. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず
  4. 戦術

    良いショットはある、は強さにならない
  5. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
PAGE TOP