戦術

ゲームを「作る」とは、どういうことか?

特に、ダブルスの試合ですね。

「ゲームメイク」ができるか、できないかは、どこで分かれてくるのか…みなさんは、どうお考えですか?

最近、YouTubeの撮影でも「後衛は作り役」という言葉が何度か出てきてますが、実感の湧かない方も多いと思います。

ゲームを作る、具体的にはどうすれば良い?

今回は、ダブルスの後衛の役割を客観的に考えてみたいと思います。

大丈夫、難しく考える必要はないですよ。

ゲームメイクは、楽しい!

まず、この視点が大事です。

ゲームメイク、作り役は基本的に楽しい。

自分自身が司令塔になっているつもりで、相手をコントロールする、パートナーの前衛に活躍してもらう。

とまぁ、ここまで書くとすごくハードルが高く感じる方もいると思いますが、楽しむという姿勢が大事です。

自分でコントロール出来ない時もありますが、「支配しているつもり」になれるかどうか。

自分でハードルを上げ過ぎない、責任感を背負い過ぎない。

楽しんで、ゲームのコントローラーを持っているつもりで、ダブルスの後衛をプレーしてみましょう。

まず、ゲームでは「死なない」ことが大事ですよね。

簡単にミスしない、しっかり相手に返すこと。

これが出来ていれば、まず最初のゲームメイクは完成だと思って良いんです。

相手を「敵1人」にできる?

ゲームメイク、ダブルスの後衛でまず考えること。

相手を1人にして、2人を相手にしない。

ダブルスでなかなか勝てない人は、どうしても相手2人を同時に意識して、倒そうとする方が多いように感じます。

まず、前衛をストレートで足止めする、ような策が必要です。

前衛が動かない、コントロール出来ると思ったら、後衛1人に競り負けないような集中が出来ますからね。

これも、ゲームメイクで大事な視点だと思います。

狙いを絞って、相手のどちらかを倒していく。

難しい配球は必要ありません、前衛をどうすれば足止めできるのか?を考えましょう。

それでも、ガンガン動いてくる前衛には、もうその前衛1人を相手にするつもりで。

ストレートに打つ回数を増やして、シングルスのボレー対パッシングの勝負、みたいな感じでも良いでしょう。

大事なのは、「自分がコントロールして1対1で勝負していく」という意識です。

格上相手に、これができるかどうか

強い相手に、この意識で試合に挑めるかどうか。

これが、今のみなさんの課題じゃないでしょうか。

強い相手だと、「自分が試合をコントロール出来ない、ゲームメイク出来ない」と感じて気持ちも落ちていく。

相手のショットがどんどん鋭くなる…のを、どこかで止めないといけません。

技術的なレベルの差は、現場では埋められない。

だからこそ、発想で埋めていく。

まずは相手にしっかり返すのがゲームメイクの第一歩、次は2人を相手にしないで1人を相手にする環境を作る。

普段の練習から、試合本番でのゲームメイクを意識すれば変わります。

相手とラリーするのを逃げない、恐れない。

まずはそこから、ですよね。

「ただ返すだけじゃ、やられてしまうじゃないか」と思う方も多いでしょう。

確かに、強い相手だとそうかも知れません。

でも、実際の試合はどうでしょうか?相手のコートにちゃんと返ってるポイント自体、少ないんじゃないですか?

ゲームメイクを楽しむ為には、まずは相手にやられることも大事。

何度もやるうちに、必ず感覚は身に付いてきます。

テニスは試合を作るのが楽しい!ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

    テニスの試合の中で、必要なこと。もちろん、基本やベースとなる技…

  2. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  3. テニス ボレー

    戦術

    格下相手こそ、焦らずチャンスを待とう

    試合をしていて、自分が自滅するような試合。「勝てる相手」に対し…

  4. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない

    近年、増えてきているインドアテニスコート。非常にプレーがしやす…

  5. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

    大事なポイントでは、誰でも緊張する。それを「メンタルが弱い」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない…
  2. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」
  3. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法
  4. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
PAGE TOP