戦術

集中力とは、整理する力

テニスの試合で、集中力が欲しい。

そう考えている方は、チャンスです。

集中力を高めることは、難しい?

経験を積んだ人でないと、大人になってからは身に付かない?

そう思っている方が多い、だからこそチャンスがあるんです。

集中力は、養える。

それこそ、社会人や人生経験が豊富な方ほど、後から身に付く力だと私は思います。

整理できれば、集中出来る

みなさんも、ご自身の試合を思い出してみてください。

集中出来ていない時、逆に集中出来ている時。

それは、どんな場面でしたか?

きっと、「整理出来ているかどうか」がキーワードになるはずです。

集中出来ていない時って、自分の頭の中で整理出来ていない時なんですよね。

次のポイントで、何をするのか。

相手に、何をさせたいのか、試合をどう作っていきたいのか。

これが明確になれば、自然と集中力も高まる…と言いますか、結果的にプレーがハッキリする。

やることを決めた人ほど、強いのがテニス。

整理する力こそ、集中力。

これは、テニスコート以外の場面でみなさんが既にしていること、を流用すれば良いと私は思います。

事実だけに、目を向ける

整理するのに、必要なこと。

まずは、目の前の事実に目を向けることです。

相手選手について、じっくり客観的に見てみる。

プレースタイル、体格、表情、そこから実際にプレーされたパターン。

私はまず、この中で「体格」に注目します。

走れそうな身体、脚力かどうか。

走れる相手なら、不用意に走らせるよりも「その場で打たせる、攻めさせる」ことも良い作戦になります。

プレースタイル、ダブルスならロブを任せるタイプか自分で打つタイプか。

前衛は動くタイプか、ステイが多いタイプか。

冷静に考えて、情報を整理すれば自分がやるプレーが見えて来るはず。

みなさんの普段の仕事も、そうだと思います。

事実を整理して、淡々と処理していく。

もちろん企画仕事のように創造力を問われる業務もあると思いますが、テニスの試合はそうじゃない。

淡々と、やるべきことを決めてやる、それだけでまずは良いんです。

整理→集中→自信へ

この整理力が身に付くと、集中できて良いプレーが出来る。

良いプレーとは、ハッキリとしたプレーです。

ポイントが取れるプレー、とは限りません。

ハッキリとした良いプレーが出来れば、それは良い失点でも大歓迎。

テニスは、失点しても良い競技です。

ですから、その失点すら自分の自信にしても良いんです。

ハッキリしたプレーをして、相手がそれを上回っても良い、相手の脳裏にアナタ自身のプレーは焼き付いてますから。

それこそ、次につながるプレーと言えますよね。

自分が相手に対して、影響力を持っていると自信が持てたなら、大丈夫。

整理して集中して、それが自信に変わっていく。

その頃には、もうアナタ自身の勝利も見えてきているでしょう。

自信を持つ、養う、意識するのは、テニスの試合で難しい。

だからこそ、持てれば強い。

繰り返しますが、自信を持ってプレーするということは、必ずしも相手を上回るということじゃないんです。

自分で整理して、自分で納得のいくプレーをするということ。

テニスは、一度ラリーが始まったら何度もボールを打つ、そんな競技ですよね。

最初のファーストプレー、その後のシチュエーションプレー。

求められることを、みなさんご自身で整理してみて下さい。

迷いが晴れれば、集中力は高まる。

どんな試合でも、それで勝てるチャンスは生まれるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

    テニスの試合の中で、必要なこと。もちろん、基本やベースとなる技…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている

    試合で調子が良い相手って、嫌ですよね。でも、何か手を打たないと…

  3. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  4. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  5. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと
  3. その他

    (満員御礼)【第2回】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 10/24(木)に…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ
  5. テニス 構え

    その他

    「テニスの試合が上手い人」はココをチェックしている!対戦相手を観察するポイントと…
PAGE TOP