ダブルス

ストライクゾーンで、勝負しよう

目次

テニスの試合で、特に自滅やミスが多い方に。

まず、この大原則で試合に臨みましょう。

相手にやらせる、打たせる、その為にはストライクゾーンで勝負して良い。

際どいコースを狙うなら、自分が確実にリードを奪ってから。

そう考えるだけで、試合はすごく楽になりますよ。

今回は、ダブルスの試合をメインで考えてみたいと思います。

ストライクゾーンって、前衛がいるんじゃ?

相手コートの真ん中を狙う、センターストラップ付近を狙う。

でも、ちょっと待って下さいよと。

シングルスならそれで良いかも知れませんが、ダブルスなら相手の前衛がいますよね。

まず、そこをどうにかしないと…と、思う方も多いはずです。

でも、よく考えてみて下さい。

アナタ自身が打ったボール、それがネットの真ん中付近を通るとして、それを相手前衛は動いて触って来ますか?

それを、確実に決めて来ますか?

実は、それすら怪しい相手が多いと思います。

相手前衛の実力を確認しないで、勝手にストライクゾーンを避けるのはもったいない。

まずは触らせる、真ん中あたりを狙っていこう!で充分。

後衛としては、変なミスをするよりよっぽど試合が作れるはずです。

レベルが上になると、どうすれば良いか?

それでも、相手前衛がきっちり動いて来る、触って決められたら、どうしましょうか。

慌てる必要はありません。

そこで焦ってストレートに無理して打ったり、高すぎる弾道にしてアウトしたり、が一番もったいない。

出来ることは、弾道を低くすること。

ネットの上50cmくらいの高さまで、に抑える。

そうすれば、コースは真ん中、引き続きセンターストラップ付近を狙って良い。

テニスで一番ネットが低くなっている箇所ですから、多少低く狙っても入るのがこのコース。

そう、テニスってストライクゾーンが広いんですよ。

これは事実ですから、無理にコースを変えようとしないで低いボールを相手に触らせる、それは怖くないという感覚を持つことが大事。

そうすれば、自然と相手のミスの方が目立って来るはずです。

味方の前衛も参加しやすくなる

低いボールを相手に触らせれば、何が起きるのか。

もう、お分かりですね。

自分のパートナーの前衛が、参加しやすくなるんです。

低いボールを一発で決めることは難しいですから、前に落としたり、甘いボールがパートナーに来る可能性も高い。

自分自身は、ストライクゾーンで勝負しているだけ。

何も難しいことをする必要は無い、と思えたら強いですよ。

自分で何とかしないといけない、と思って前衛とにらめっこしてもダメ。

ストライクゾーンで簡単に勝負して、難しいことは相手にやらせる。

この発想が、特にダブルスでは大事だと思います。

こういうのって、野球を観ているとすごく感じます。

自滅するピッチャーって、テニスに近しいものを感じます。

四球を連発するのも、ダブルフォルトやイージーミスも同じ。

相手に何かされた訳でもないのに、自分で自分を追い込んでいるだけ。

ストライクゾーンで勝負して、打たれたらそこで考えれば良いじゃないですか。

テニスは、何点か失点しても良い、ゲームの細かいスコアは勝敗に影響しませんから。

ぜひ、楽な気持ちになるヒントにして頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  2. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  3. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  4. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう
  2. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい
  4. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    人は不安になると、早くボールを手放したくなる
PAGE TOP