テニス 練習

戦術

自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

自分自身の試合、の失点シーン。

なかなか正面から向き合えないですよね、実際。

試合後も、得点シーンは思い出せても失点シーンには蓋をしてしまう。

気持ちは分かりますが、これでは成長が難しい。

自分の多い失点パターン、を確認することは大事。

今日は、その確認方法とスタンスについて、確認してみましょう!

 

自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

 

1.必ず、失点に共通点はあるはず

共通点、みなさん理解出来てますか?

何となく、は分かっていると思います。

まずは大きく、サービスゲームとリターンゲーム、で考えてみましょう。

みなさん、どっちのゲームの方が得点しやすい、失点しやすい・・・というイメージはありますか?

ここで大事なのは、好き嫌いを分けて考えること。

意外と、サービスゲームが好きでも、得点が少ない人、リターンゲームが嫌いでも得点はリターンからの方が多い人、が結構います。

自分の感覚、先入観を一度取っ払って考えてみる。

この思考、大事です。

出来れば客観的なデータが欲しいところですが、それが難しい場合には周りに聞いてみましょう。

 

2.どちらのゲームの方が、相手はやりやすい?

この質問、みなさんの周りの仲間に聞いてみて下さい。

アナタ自身と試合をするときに、サービスゲームとリターンゲーム、どちらの方が戦いやすいのか?

ここで、自分の感覚とのギャップを確認しておきましょう。

自分で得意と思って繰り返していることが、実は相手の鴨になっている。

こういうことは、テニスの試合でよくあることです。

特に、サービスゲームですね。

これを自分では得意に思っている男性が多いですが、実際は相手が「やりやすい」と感じている。

多くの失点パターンは、ここから生まれているはずです。

 

3.失点パターンがある、ということはプレーが一本調子ということ

このこと、をしっかり自覚しましょう。

失点パターンは、自分が自覚していない弱点、を繰り返し突かれているということを。

テニスの試合中は、なかなか気づかない。

本番では考える余裕も無いですからね。

だからこそ、コート以外の場所で考えることが大事なんです。

もう一度、自分の試合でのプレーを見つめ直してみる、そして周りの意見も聞いてみる。

動画を撮影して、見てみる・・・ことが出来るかどうか、なんです。

ほとんどの人は、面倒臭くてやらないんですけどね。

 

4.失点パターンに気付いたら、その逆のショットを磨くこと

まず、失点パターンを確認したら、その逆を練習しましょう。

速いサーブが返球されて失点しているなら、遅いサーブを磨いてみる。

サーブ&ボレーを混ぜてみる、ようなことが大事。

速いサーブを止める、というのはもったいないですからね。

それを活かしながら、上手く反対側のショットを磨いていけば、失点パターンは減らせます。

全てを否定してくと、辛いですからね。

今の失点パターンは、一本調子だから失点、になっていることが多い。

このことに気付けば、アナタはまだまだ強くなります。

 

きっと、試合の中で失点って同じパターンが多い。

だって、相手はそこを突いてきますからね、繰り返し。

ショットのバリエーションが多ければ、相手に迷いが生じてミスも増える。

同じショット、自分が得意と思うショットが上手くいかないと、メンタル的にも苦しくなる。

この悪循環、自分から断っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い

    大会に出ていると、色々な選手がいる。よく観察してみると、アナタ…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合

    テニスの試合は、相手ありき。これは何度も書いてきましたが、具体…

  3. 戦術

    なぜセンターが、重要なのか?

    最近のダブルスの動画では、センターセオリーの重要性を説いているケース…

  4. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう

    テニスの試合の中で、劣勢の場面。もうこのままだと負けてしまう・…

  5. 戦術

    集中力とは、整理する力

    テニスの試合で、集中力が欲しい。そう考えている方は、チャンス…

  6. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

    試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?試合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント
  2. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない
  3. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
  4. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と
  5. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?
PAGE TOP