テニス 練習

戦術

自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

自分自身の試合、の失点シーン。

なかなか正面から向き合えないですよね、実際。

試合後も、得点シーンは思い出せても失点シーンには蓋をしてしまう。

気持ちは分かりますが、これでは成長が難しい。

自分の多い失点パターン、を確認することは大事。

今日は、その確認方法とスタンスについて、確認してみましょう!

 

自分の多い失点パターンを、もう一度考えてみよう

 

1.必ず、失点に共通点はあるはず

共通点、みなさん理解出来てますか?

何となく、は分かっていると思います。

まずは大きく、サービスゲームとリターンゲーム、で考えてみましょう。

みなさん、どっちのゲームの方が得点しやすい、失点しやすい・・・というイメージはありますか?

ここで大事なのは、好き嫌いを分けて考えること。

意外と、サービスゲームが好きでも、得点が少ない人、リターンゲームが嫌いでも得点はリターンからの方が多い人、が結構います。

自分の感覚、先入観を一度取っ払って考えてみる。

この思考、大事です。

出来れば客観的なデータが欲しいところですが、それが難しい場合には周りに聞いてみましょう。

 

2.どちらのゲームの方が、相手はやりやすい?

この質問、みなさんの周りの仲間に聞いてみて下さい。

アナタ自身と試合をするときに、サービスゲームとリターンゲーム、どちらの方が戦いやすいのか?

ここで、自分の感覚とのギャップを確認しておきましょう。

自分で得意と思って繰り返していることが、実は相手の鴨になっている。

こういうことは、テニスの試合でよくあることです。

特に、サービスゲームですね。

これを自分では得意に思っている男性が多いですが、実際は相手が「やりやすい」と感じている。

多くの失点パターンは、ここから生まれているはずです。

 

3.失点パターンがある、ということはプレーが一本調子ということ

このこと、をしっかり自覚しましょう。

失点パターンは、自分が自覚していない弱点、を繰り返し突かれているということを。

テニスの試合中は、なかなか気づかない。

本番では考える余裕も無いですからね。

だからこそ、コート以外の場所で考えることが大事なんです。

もう一度、自分の試合でのプレーを見つめ直してみる、そして周りの意見も聞いてみる。

動画を撮影して、見てみる・・・ことが出来るかどうか、なんです。

ほとんどの人は、面倒臭くてやらないんですけどね。

 

4.失点パターンに気付いたら、その逆のショットを磨くこと

まず、失点パターンを確認したら、その逆を練習しましょう。

速いサーブが返球されて失点しているなら、遅いサーブを磨いてみる。

サーブ&ボレーを混ぜてみる、ようなことが大事。

速いサーブを止める、というのはもったいないですからね。

それを活かしながら、上手く反対側のショットを磨いていけば、失点パターンは減らせます。

全てを否定してくと、辛いですからね。

今の失点パターンは、一本調子だから失点、になっていることが多い。

このことに気付けば、アナタはまだまだ強くなります。

 

きっと、試合の中で失点って同じパターンが多い。

だって、相手はそこを突いてきますからね、繰り返し。

ショットのバリエーションが多ければ、相手に迷いが生じてミスも増える。

同じショット、自分が得意と思うショットが上手くいかないと、メンタル的にも苦しくなる。

この悪循環、自分から断っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動

    試合前に過ごす時間、みなさん何かきまったことはありますか?試合…

  2. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法

    対戦相手の武器に、押されてしまう。男性の試合だと、フォアが得意…

  3. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  4. 戦術

    試合中に、ボーッとしてしまう…

    みなさんは、こういう経験無いでしょうか?こういうブログを書い…

  5. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  6. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ
  2. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる
  3. メンタル

    行動を興すのに、理由は要らない
  4. テニス 前衛

    サーブ

    テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限ら…
  5. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
PAGE TOP