テニス ダブルス

戦術

憧れから、参考へ

テニスの世界は、どこか階級社会に近い。

「あの人には勝てない」

「あの学校は、強い」

こういうイメージって、強くないですか?

実際、それが正直なところだと思います。

試合に出ている人ほど、まざまざと差を見せつけられたりしますからね。

でも、やっぱり私たちはこうじゃないといけないと思うんです。

 

憧れから、参考へ

1.やってみないと、分からない

テニスの試合、ですから。

試合はやってみないと分からない。

でも、普段から「憧れ」の存在で見ていると、試合に勝つのは難しいでしょう。

なぜかって?

それは簡単です。

アナタ自身が対戦相手に憧れの念をどこかで抱いていたら、「負けて欲しくない」と思うから。

思っていない、と意地を張ってもダメ。

試合を観ている、客観的な人から見れば分かりますよ。

この選手は、本当に対戦相手に憧れている、一緒に試合しているだけで楽しいと感じているんだな、と。

 

2.自分との戦い

みなさん自身、近くで憧れている選手は、いても良い。

この選手を目標に頑張って来た、という恩人としての意味合いもありますからね。

でも、いざ試合となると、それは厳しいものになる。

1.でも書きましたが、どうしても他選手とは勝手が違うはずです。

それは、まさに自分との戦い。

今まで憧れの存在だった選手に、本当に敵として新しく向き合う。

憧れていた自分自身と、決別しないとダメなんです。

それはすごく苦しいし、自分とのせめぎ合い。

でも、ここをみんな乗り越えて、強くなっていってるんです。

自分が好きな選手を、敗者にしてやろうじゃないか、と。

その意気込みを自分で作れないと、結局憧れの選手のままでずっと勝てないままでしょう。

 

3.憧れから、参考の存在へ

もし、アナタ自身が憧れている選手、存在がいるなら、要注意。

憧れの存在から、あくまで自分の「参考の存在」に変えていかないといけない。

プレーは参考にするけど、それ以上でも以下でもない。

つまりは、参考にしてプレーするのは自分、カスタマイズしていくのも自分、ということ。

この意識があれば、試合でも対等に向き合える。

憧れの存在、のスタンスを変えていく。

そうすれば、アナタ自身は間違いなくもっと強くなれる。

そして、その次の段階にいけるでしょう。

 

4.アナタ自身、もう周りから見られる存在です

テニスを続けていれば、これは避けて通れません。

アナタ自身、周りから見られる存在、評価される立場、でしょう。

その時に、誰かに憧れているだけではダメ。

アナタ自身が、周りから憧れる存在くらいにならないと。

「無茶言うなよ!」と思うかもしれませんが、それくらいの高い意識があって良いと思いますよ、私は。

プレーだけじゃない、小さい振舞いや言葉使い、テニスに対する姿勢。

これらをしっかり、周りに対して示せるテニス人、になっていきましょう。

何も、肩ひじを張る必要はありません。

誰かに憧れていた自分を卒業し、自分との戦いに勝てるようになっているなら、大丈夫。

気付いていないだけで、アナタを目標にして憧れている人はいるはずです。

 

以前に、フェデラー選手に憧れの念を隠さなかった錦織選手が、チャンコーチに一括されてましたよね。

プロ選手でも、やはりそういう気持ちになるのは当然。

ずっと見て来た選手と試合、をするのがテニスですから。

でもそれは、私たち一般プレイヤーも同じ。

いざ同じ大会に出れば、生徒もコーチも元インカレも全国レディースも関係無い。

敵として対峙するしかない、のが試合ですから。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない

    テニスは上手そうなのに、試合で結果が出ない人。みなさんの周りで…

  2. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない

    みなさんも試合の中で、上手く相手を「かわす」という機会は多いと思いま…

  3. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  5. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃してい…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよ…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減…
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのと…
  4. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくこ…
PAGE TOP