テニス 客観視

メンタル

テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。

毎年開催されるウィンブルドン、イギリスの色が強いスポーツなのかも知れないが、確かに他スポーツと比べてもシードダウン、格上選手が負ける機会は少ないように感じる。

いつの間にかそのテニスの悪しき部分、に私たちも染まってはいないか。

そう、出会って間もない人、相手選手を、格付けしていないかという自問自答は大事です。

 

テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

 

■出身校、ランキング、実績、が何を意味するだろう

テニスは対戦相手、の情報を得るのが容易い。

今ではインターネットもあり、スマフォで簡単に選手名とテニス、で検索すると実績が出てくる。

またトーナメントでは肩書となる所属、が表示されていますので、その選手がどういう環境でテニスをしているのかも把握できる。

これって、「先入観を持って下さい」と言われているようなもの。

試合に臨むにあたって、マイナスになることはあってもプラスになることは無い・・・のではないでしょうか。

 

■一番の敗因になり得るのは、試合前の先入観

テニスの試合に勝つにしろ、負けるにしろ、それはアナタが試合前に想像していたことに近いのかも知れない。

テニスって、そういう機会が多いと思いませんか?

極端な話、勝てると思った試合は勝てるし、負けると思った試合は負ける。

相手を外枠で決めつけて、勝てるか負けるかを先に自分の中で決めてしまっている。

ようなこと、よくありませんか?

 

■「外枠」は間違った情報も容易に与えてくる

人は何かを「知らない」というのが怖い。

だからこそ、外枠で得た情報で「分かった状態」を作りたくて必死になる。

テニスでも同じです。

「○○高校なら、きっと強いな・・・」

「第○シードだから、勝てないだろうな・・・」

「次の相手はネットで検索しても良い戦績が出てこないから、きっと勝てるな・・・」

こんなこと、考えて試合に臨むこと、ありますよね。

必ずしも悪いことばかりではありませんが、あくまでそれは一つの情報でしかない。

実際にはコートの上に立って、ボールを打ちあってみて分かること、得る情報のほうがよっぽど貴重です。

 

相手をよく調べる、研究することはとても大事。

ですがそれは、アナタ自身の眼で見て肌で感じること、得る情報が一番優先されるべき。

肩書きやネット上の情報、はあくまで外部の情報でしかない。

外枠で決めつける、ことほどテニスで怖いことは無い。

階級や外枠なんて、コートに立てば何の意味も無い。

アナタ自身、相手の真の実力をを観る眼を、養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。それ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良くないですか?

    つい試合では、自分を大きく見せておきたい。「相手になめられない…

  3. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで絶対に足元をすくわれ…

    チャンスボールを打ち込むとき、攻撃していくとき、アナタは自分がどう映っ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

  5. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損ですよ

    プロ選手でもよくやる、ポイント間のルーティーン。これって、実は…

  6. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです

    テニスの試合前、みなさんも経験無いですか?よく分からない、急に…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」にすることで安定す…
  2. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    なぜフォアハンドの回り込みが有効か、と考えると「打てるコースの拡がり」が見えてく…
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を観て動く、その判断スピードが前衛には欲しい
  5. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなの…
PAGE TOP