テニス メンタル

その他

どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

テニスには所属や肩書きが付くケースが多い。

名門サークルに、名門高校、強豪テニスクラブ。

持っているモノも、目に見えて分かりますよね。

新しいラケットに、ギア、ラケットにはステンシルが入ってウェアも上下揃っている。

でも、これだけは覚えておいて下さい。

そんなもの、試合が始まってしまえば関係無いのです。

 

どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニス

 

1.強い対戦相手である可能性、は高いけれども

確かに、強い相手はそれなりの装備をしている。

強い高校、クラブなら、練習環境には苦労していないでしょう。

テニスが強い相手、である可能性は高いと思います・・・が、あくまでそれは可能性です。

強い選手は、どこにだって潜んでいる。

そして、本当に強い選手はその強さをひた隠しにするケースも多い。

試合前から、「俺は強いぜアピールしている選手」は大丈夫、きっと大したことないですから。

 

2.所属チームや使っているギアよりも、その人の「テニス」を見よう!

つい、私たちはフィルターにかけてしまう。

その人の所属や恰好、雰囲気を通じて、テニスも「何だか上手そう」と思ってしまう。

でも、本当にそうですか?

アナタ自身、客観的な眼でその選手をチェックしてみて欲しい、本気で。

きっと、狙うべき弱点や「脆さ」というものが見えてくるはず。

「いや・・・やっぱ強いな」と思うかも知れません。

でも、コートに立ったら所属や使っているギア、お金なんて関係ない。

真剣勝負、ですからね。

 

3.相手がコーチだろうが元全国選手だろうが、向かっていけるかどうか?

今年も、ウィンブルドンでは地元のテニスコーチのウィリス選手がダブルスで大活躍。

第1シードの相手にも勝って、すごく盛り上がってますよね。

あれは極端な例ですが、いかにテニスが「コートの上に立ったら、肩書きや経歴なんて関係無い」のかが分かる事例だと思います。

大事なのは、今この瞬間に、どんなテニスが出来るのか。

勝つために、どんな準備をして来たのか。

どんな意志を持って、コートに立っているのか。

私たちは、目に見える情報を時に信用し過ぎる傾向にあると思います。

 

テニスって、どこか階級社会のような感じがある。

学生も大人も、ベテランもシニアも、大事なのはその人自身、今実践しているテニスそのもの、なはず。

ここから目を背けないで、ぜひアナタも真摯に向き合って欲しい。

新しいラケットを欲しがるのも良い、でも自分のテニスを磨かないと。

結果的に、強い選手になれませんよ。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス イベント

    その他

    ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント

    試合会場を客観的に見ていると、色々な人がいます。そして、なかな…

  2. その他

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  3. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

    皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見えてくる

    テニスはまず、相手としっかりラリーをしてからポイントゲットを狙うスポー…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、こ…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
  3. メンタル

    試合でパニックにならない為にも、「自分にとって分かりやすい数値」で作戦を覚えてお…
  4. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
  5. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう
PAGE TOP