テニス センス

メンタル

テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

私自身、テニスは好きですが、嫌いなところもあります。

それは、選手の過去の実績を「重視し過ぎてしまう」傾向にあること。

確かにシード選手は実績を考慮して決まりますし、成し遂げてきたことは賞賛されるべき。

ですが一番、大事なのは今何が出来るか、何をしているか、ということ。

どんなに栄光に輝く話でも、過去の話は生産性が低いのです。

 

テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです

 

■「一度成績を残した」ことで満足してしまう選手たち

部活やサークルにも、たくさんの実績がある選手はいていい。

ですが、いつまでも自分の過去の最高成績を意識し過ぎて、「現状に満足していないフリ」をしている人がテニス界には多い。

試合に負けても、「俺はあいつより実績があるから」と言って、訳の分からない負け惜しみをしている。

調子が悪い、なんて関係ない。

あるのは今現場で、アナタが試合に負けたという事実だけ、なのです。

 

■実績を重視する人は、貪欲さに欠ける

例えばアナタがテニスを始めて間もない、1年未満の初心者だったとします。

もちろん試合で勝つことは難しい、のですが、それでも向かっていけるメンタルと準備があれば何が起きるか分からない。

「実績重視」の人は、御多聞に漏れず相手の情報収集にも余念が無い。

技術的な情報ならぜひ集めて欲しいのですが、「○○大会 優勝」なんてのを見つけてしまうと、もう気持ちが引いてしまう。

勝てる試合かも知れないのに、自分から捨ててしまう人が多い。

そんなテニス界の雰囲気が、私は嫌いです。

嫌いというか、もったいない。

もっともっと、みんなチャレンジして上の選手に向かっていけば良いのに、どこか階級社会のような雰囲気すら、ありませんんか?

 

■「実績はあくまで実績」今現在の情報を、優先しよう!

実績はあくまで実績。

過去と今では、相手も違います。

ですからアナタがすべきことは、今目の前にいる選手をしっかり自分なりに分析して、試合に勝つ方法を見出すこと。

必死になっても勝てる可能性は僅かかも知れません。

ですが一度、諦めずに試合をしてみて下さい。

きっと、「何とかやれそうだな・・・」という感覚、分かるはずです。

そうなると、次からもしっかりと強い相手、実績のある相手にも向かっていけますよね。

 

こういう小さなチャレンジは、準備と勇気が要ります。

まずは自分自身に約束しましょう。

実績は考え過ぎない、目の前の相手に勝つことにしっかり、全力を尽くす。

その為には、普段から周りの選手に対して、「先入観」を持つのはやめましょう。

いつも新鮮な気持ちで、観察してみて下さい。

この意識一つで、きっと勝ち上がれる大会がテニスでは増えるはずです!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. メンタル

    「心技体で練習効率を上げなさい。」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝負事に勝つイメージを付けたい!」人に超絶オススメなのドラマ作品とは?

    年末年始、皆さんはどんな過ごし方をされますか?しっかり時間が取…

  3. テニス テニスノート

    メンタル

    大切な試合に勝った日の記録は、目に見える形で残しておくこと

    皆さんもテニスをして試合に出ていると、忘れられない試合は経験あるはず。…

  4. テニス メンタル
  5. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人にこそ、メンタルが弱い人

    「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

特集記事

  1. ストローク

    テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な…
  2. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにい…
  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになり…
  4. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れ…
PAGE TOP