テニス ダブルス

ストローク

ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

練習前のウォーミングアップ、ショートラリー。

近い距離でストロークを打ち合う時に、しっかりと意識して欲しいことがあります。

それは、下がり過ぎない、ということ。

ショートラリーがしっかりこの形で出来る人は、間違いなく現代テニスの基本がしっかりしてくる。

私は、そう信じています。

ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本

1.ウォーミングアップで、全ては決まる

最初のショートラリーが、しっかり出来るかどうか。

身体があったまれば良いくらいに考えている人は、甘い。

このショートラリーで、アナタ自身のテニスに対するスタンスが決まると思っておいた方が良いですよ。

しっかりと、意図と狙いを持ってやる。

ライジングショット、下がらないというスタイル、でラリーすることが大事なんです。

2.ショートラリーで下がったら、ベースラインでも下がってしまう

当然ですよね。

これはもう、一つの癖でありストロークの型になってしまいます。

ショートラリーで、しっかりと下がらないで打つ、ということは、そのままベースラインでも言えます。

サービスライン付近にたって、そこからは基本下がらない、ことが大事。

下がって下から持ち上げる、なんて現代テニスでは厳しいですよ。

むしろ、しっかりと飛んでくれるラケットの特性を活かしたい。

前に踏み込んで、壁を作ってライジングで打つ。

長いボールは、ノーバウンドでボレーする。

この感覚、がすごく大事です。

3.とっさにボレーも打てる、から試合で使える

少し触れましたが、ショートラリーでボレーになるケースありますよね。

相手のショットが長い、時とか。

こういう時に、さっとグリップを変えて、ボレーが打てるかどうか。

まさに、試合と同じような感覚で求められているんです。

ショートラリーでノーバウンドのボレー、あやしい人いますよね。

ワンバウンドのボールが、必ず来ると思っている方、だと思います。

もちろん、そういう人は試合になるとしんどい、ですよ。

4.ライジングショットは、打てば打つ程打てるようになる

とにかく、ショートラリーでも打って欲しい。

前に踏み込んで、なるべく高い打点。

ボールが落ちて来るのを待たない、ようなテニスが、アナタ自身勝利に近づくテニス。

ライジングショット、ちょっと失敗するくらいで止めてはダメ。

当然、相手の練習にならないといけない、というプレッシャーはあると思いますが、無難に低い打点で落として打ってばかりでは、その癖が付きますから。

ショートラリーから、しっかり意図を持って打つ。

下がらない、ボレーも使う。

これだけで、だいぶ違うと思いますよ。

厳しいようですが、まだまだみなさん、ショートラリーが上手くない。

上手く出来ている方は、すごく少ないと思います。

上手く出来る、というのは柔軟性があり、そのままベースラインから効率的にプレー出来るということ。

ぜひ一度、自分のショートラリーを動画で撮ってみること、をお勧めします。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

  2. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注意が必要

    片手バックハンドのボレー、ストロークを試合で使う方は多いと思います。…

  3. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

    試合でストロークが振り切れない人。モヤモヤして、精神的にも安定…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ドロップショットの目的を、もう一度確認しよう

    ストロークの打ち合いで、押されてしまう。その中で、まともに打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  2. 戦術

    本当に強い人との試合で、気付くこと
  3. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポ…
  4. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
PAGE TOP