リターン

リターンを前に入って打つ、本当の理由

最近改めて感じること。

リターンってみなさん、どんなポジションで打ってますか?

私はベースラインとサービスラインの間くらい、を基本にしています。

そこに入って、少し無理そうに見えても前でリターンする。

ファーストサーブが強烈な場合にはもう少し下がることもありますが、それでもベースラインくらいまでですね。

自分なりに、前に入ってリターンすることに集中してますから。

改めて、今回その理由について書いてみたいと思います。

技術的なことが先?

そうじゃないです、ポジションに入ることが先で良いんです。

気持ち良いサーブ、厄介!

リターンゲーム、相手のサーブ。

みなさんは、どんな時に「この人のサーブ嫌だな…」と感じますか?

すごく速いサーブ?回転系のサーブ?そもそも、上級者のサーブ…ですか?

私はとにかく、レベルはどうあれ「気持ち良さそうにサーブを打ってくる相手」が嫌なんです。

それがどんなレベルだろうと、自信を持って気持ち良さそうにサーブを打ってくる相手はその後のプレーもノリノリじゃないですか。

だから、まず何とかそれを止めてもらいたい。

もうサーブを打つのが嫌です、という感じになってもらいたい。

だからこそ、私はこれを皆さんに意識してもらいたいんです。

リターンで何で前に入るのか?の私なりの答えはこれです。

「アナタのサーブ、全然怖くないです」というメッセージを送るため。

「気持ち良さそうに打つの、させないですよ」というメッセージを送り続けて、何とかリズムを乱して欲しい。

これが出来るのが、前に入ってのリターンなんですよね。

下がって粘り強く返す方が良いんじゃない?

これも一つの考え方ではあると思います。

ベースラインからかなり下がって、まずはリターンを返す。

確かに悪くない戦術ですが、ダブルスだと厳しいと思います。

下がれば下がるだけ自分の前のスペースが狙われますし、相手の前衛も時間ができるので動きやすい。

サーブを打っている人も、相手のリターンが返ってくるまで時間があるので態勢を立て直すこともできる。

私がサーブ側の立場なら、下がってくれると楽です。

サーブを打てるコースも広がりますし、「自分のサーブを怖がってくれてるのかな」とも考えることができる。

もちろん、これは一つの考え方です。

でもテニスの試合って、自分の都合の良いように考えていくことって大事ですよ。

そうでもしないと、やってられないですからね。

ポジションは明日からでもすぐ、変えられる!

簡単です、そこに立てば良い訳ですから。

前に入ってリターンをしてみる、まずはそこからスタートです。

最初に越えないといけない壁は、「恐怖心」。

この恐怖心を越えれば、技術はその後で良いんです。

前に入るということは、自分の技術を変えないといけない…と、自分で気づけるかどうか。

「リターンで振ってはダメ」というのを本当に実践したければ、前に入ってみると良いですよ。

それこそ、振っていたら絶対に間に合わないですから。

自分のポジションを変えてみることは誰でもできる、でもなかなかやらない。

それは失敗が怖いから、前の自分に戻れないような恐怖心に苛まれるから。

でもハッキリ言いますね、みなさんが今より上のレベルの相手に勝ちたいなら、前に入るリターンは必須です。

出来るようになると、一気に戦術の幅も広がるはずです。

これは立ってみないと分からない、という残酷な現実もあります。

一緒に挑戦していきましょう!

気持ちよくサーブを打っている相手、嫌じゃないですか。

そんな相手の顔が変わっていく時こそ、アナタが勝てるチャンスです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  2. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

  4. リターン

    リターンで調子が良い時ほど、突っ込まないことが大事

    リターンは、前に、前に。これが基本ですが、あくまでポジションを…

  5. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

  6. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る
  3. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
  4. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  5. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
PAGE TOP