リターン

リターンを前に入って打つ、本当の理由

目次

最近改めて感じること。

リターンってみなさん、どんなポジションで打ってますか?

私はベースラインとサービスラインの間くらい、を基本にしています。

そこに入って、少し無理そうに見えても前でリターンする。

ファーストサーブが強烈な場合にはもう少し下がることもありますが、それでもベースラインくらいまでですね。

自分なりに、前に入ってリターンすることに集中してますから。

改めて、今回その理由について書いてみたいと思います。

技術的なことが先?

そうじゃないです、ポジションに入ることが先で良いんです。

気持ち良いサーブ、厄介!

リターンゲーム、相手のサーブ。

みなさんは、どんな時に「この人のサーブ嫌だな…」と感じますか?

すごく速いサーブ?回転系のサーブ?そもそも、上級者のサーブ…ですか?

私はとにかく、レベルはどうあれ「気持ち良さそうにサーブを打ってくる相手」が嫌なんです。

それがどんなレベルだろうと、自信を持って気持ち良さそうにサーブを打ってくる相手はその後のプレーもノリノリじゃないですか。

だから、まず何とかそれを止めてもらいたい。

もうサーブを打つのが嫌です、という感じになってもらいたい。

だからこそ、私はこれを皆さんに意識してもらいたいんです。

リターンで何で前に入るのか?の私なりの答えはこれです。

「アナタのサーブ、全然怖くないです」というメッセージを送るため。

「気持ち良さそうに打つの、させないですよ」というメッセージを送り続けて、何とかリズムを乱して欲しい。

これが出来るのが、前に入ってのリターンなんですよね。

下がって粘り強く返す方が良いんじゃない?

これも一つの考え方ではあると思います。

ベースラインからかなり下がって、まずはリターンを返す。

確かに悪くない戦術ですが、ダブルスだと厳しいと思います。

下がれば下がるだけ自分の前のスペースが狙われますし、相手の前衛も時間ができるので動きやすい。

サーブを打っている人も、相手のリターンが返ってくるまで時間があるので態勢を立て直すこともできる。

私がサーブ側の立場なら、下がってくれると楽です。

サーブを打てるコースも広がりますし、「自分のサーブを怖がってくれてるのかな」とも考えることができる。

もちろん、これは一つの考え方です。

でもテニスの試合って、自分の都合の良いように考えていくことって大事ですよ。

そうでもしないと、やってられないですからね。

ポジションは明日からでもすぐ、変えられる!

簡単です、そこに立てば良い訳ですから。

前に入ってリターンをしてみる、まずはそこからスタートです。

最初に越えないといけない壁は、「恐怖心」。

この恐怖心を越えれば、技術はその後で良いんです。

前に入るということは、自分の技術を変えないといけない…と、自分で気づけるかどうか。

「リターンで振ってはダメ」というのを本当に実践したければ、前に入ってみると良いですよ。

それこそ、振っていたら絶対に間に合わないですから。

自分のポジションを変えてみることは誰でもできる、でもなかなかやらない。

それは失敗が怖いから、前の自分に戻れないような恐怖心に苛まれるから。

でもハッキリ言いますね、みなさんが今より上のレベルの相手に勝ちたいなら、前に入るリターンは必須です。

出来るようになると、一気に戦術の幅も広がるはずです。

これは立ってみないと分からない、という残酷な現実もあります。

一緒に挑戦していきましょう!

気持ちよくサーブを打っている相手、嫌じゃないですか。

そんな相手の顔が変わっていく時こそ、アナタが勝てるチャンスです。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. Note はじめました
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    試合でリズムを変えたければ、スライスリターンから

    試合の流れは悪い、リズムを変えたい時。そんな時は、スライスリタ…

  2. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う

    「速い球と遅い球、どっちに合わせていくのが良いんでしょうか?」…

  3. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!

    リターンで攻撃したい、でも相手のサーブが・・・遅いしよく分からない回転…

  4. テニス ボレー

    リターン

    ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

    リターンゲームの、基本スタンス。試合に勝ちたいなら、これをしっ…

  5. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

  6. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    YouTubeメンバーシップについて
  2. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  3. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?
  4. 日々の雑記

    人の悪口は、100倍増し
  5. テニス知識

    言葉の定義、テニスでも大事
PAGE TOP