テニス フットワーク

リターン

ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。

何度か近しいテーマで、ミックスダブルスは「女性が積極的になること」で強くなる、と書いてきました。

今回は、もう少し具体的に。

リターンで、コレが打てるかどうかが、ミックスダブルスで鍵になるはずです。

 

ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

 


 

1.ストレートロブ、ではなくストレートアタック

よくミックスダブルスの試合だと、ストレートロブは打っている方多いですよね。

ロブが増える、のはミックスダブルスのあるある、です。

だからこそ、クロスでもない、ストレートロブでもない、何かが欲しい。

そう、ストレートへの低いリターン。

シングルスコートに入れる、くらいで充分です、アレーは狙い過ぎ。

なぜなら、ミックスダブルスでは女性のリターンは常に前衛がポーチで狙っている、からです。

 

2.ストレートアタックを打てないリターン選手は、いつまで経っても鴨にされる

正直、怖く無いんですよね。

ストレートロブは、スマッシュで処理できるし後衛にも任せられる。

クロスはポーチに出て仕留めれば良い。

リターンでストレートにある程度低く、速いショットが無いと、前衛って楽なんです。

早めに、ミックスダブルスだからこそ、女性からこのリターンを入れていく。

しっかり強い気持ちを持って、相手に触らせるくらいの意識でストレート、打ってみましょう。

 

3.女性から展開していくミックスダブルスが理想

ミックスダブルス、「女性狙い」をされるペアは自分たちから動いていない。

いつの間にか、受け身の試合になっていることが多い、のが原因です。

自分から仕掛けるなら、リターンでそのバリエーションを増やしていくこと。

クロス、ストレートロブ、そしてストレートアタック。

3つの選択肢を、しっかりバランスよく使っていくこと。

この意識で、女性のリターンの展開力は絶対に上がり、ミックスダブルスを勝てるペアになっていくでしょう。

 

女性のポイントで、ミックスの試合は盛り上がる。

相手も、「男性にやられるなら良いけど、女性には・・・」と、きっと思うはず。

こういう流れは、アナタから作っていくべきこと、なんです。

試合の1球目・・・から、どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  3. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  4. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  5. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  6. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!

    ちょっとしたコツですが、ダブルスの試合での声の掛け合い方について。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおける経験値は、初めてからの時間の長さは関係無い!
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー
  3. その他

    もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・
  4. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない
PAGE TOP