テニス ストローク

リターン

サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。

リターンのコースをどう決めれば良いのか、悩んでいるケースが多いと思います。

悩むから、相手に攻撃される、先手を取られる。

迷いを無くせば、それだけでポーチに出られる可能性は低いと思いますよ。

リターンというショットの特性上、しっかり考えておかないとずっと受け身になって試合は進みます。

 

サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

 


 

1.サーブ側に、選択権がある

ネットを挟んだ競技は、サーブから始まる。

これがテニス以外でも、基本ですよね。

このサーブ、を打つ側は自分でコースを決めて打つことが出来る。

もちろん、狙ったところにいくかどうか、は別としてリターン側って基本は受け身です。

相手が打ってきたコース、に対応することになる。

それがレベルが上がっていくと、両コーナーにきっちり入って来ますから、ブレイクが難しくなる。

まず、選択権は相手にあること、をリターン側は受け入れましょう。

問題は、そこからどうするか、です。

 

2.なぜリターンは、ポーチに捕まってしまうのか?

相手のサーブ側の前衛、にいつも捕まってしまう。

これは、きっと相手側のサーブのコントロールが良いからでしょう。

しっかり打ち合わせされて、サーブのコースに前衛が詰めるから、隙が無い。

アナタ自身が受け身になっていますからね。

リターン側としては、「クロスに沈めるね!」と打ち合わせをしても、実際にセンターに鋭いサーブが入ったら難しいですよね。

ストレートにアタックするにしても、ボディに良いサーブはそうそうコントロール出来ない。

この部分で、考えておかないといけないポイントがあるんです。

 

3.サーブが飛んできた方向、にリターンしてみる

特に、男子ダブルスで良いサーブを返すにはこれが基本です。

ワイドに入ったら、ワイドにリターンする。

センターに入ったら、センタ―方向へリターンする。

この基本、ぜひ意識しておいて下さい。

これは、難しくないですよね、技術的には。

ボールが飛んできた方向、に打ち返すのは難しくない。

特に相手のファーストサーブなんかは、コントロールが難しいですから。

厳しいサーブなら、パートナーの前衛にも、「とりあえず来たコースに返すね」と伝えておきましょう。

そうすればもし相手の前衛に捕まっても、フォローしやすいですからね。

 

4.シングルスでは、これで充分!

ナイスなリターンになります。

サーブが飛んできた方向、同じような軌道でリターンする。

迷い無く、いけますよね。

コースを変えるのは、なかなかテニスでは難しい技術です。

だからこそ、セカンドサーブのような場面でしか難しい。

基本的にはファーストサーブ、無理してコースを変える必要は無いでしょう。

打って来た方向に、近い軌道でリターンする。

これで充分、安定感がアップして相手の脅威になるはずです。

 

ダブルスでも、クロス方向へのリターンは様々。

ワイドに来たサーブをショートクロス気味に、センターに来たサーブをセンター気味に。

基本に忠実にリターンしていけば、ミスは減ります。

同じ軌道で返球する、調子が悪いときには意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  2. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  3. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  6. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  2. その他

    【先着申込開始します】2月11日(金/祝) @東京都西葛西 現役男子プロ特別レ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  5. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと
PAGE TOP