テニス ダブルス

リターン

ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

ダブルスの試合、リターンで大事なこと。

それは、レベルに限らずコレです。

アナタ自身の意志、を共有すること。

「返すのが、精いっぱいなんですよ」なんてのは、逃げの発想です。

だったらせめて、「どこに返せるように、出来るだけ頑張る」と伝えること。

そうしないと、いつまでもアナタの前衛は出たとこ勝負になってしまいますよ。

 

ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

 


 

1.リターンが苦手な人の、共通点

まず、結論が出ていない。

ダブルスの試合で、迷いながらリターンして、結局何がしたいのか分からない。

こういう人は、味方の前衛からも愛想尽かされてますよ。

リターンが苦手なら、せめてどうするのか、どうしたいのかをハッキリさせておく。

そうしないと、何の成長も無いですから。

リターンに苦手意識が強い人は、どこか逃げている自分に気付かないと。

ずっと、そのまま変わらないですよ。

 

2.パートナーに伝えることで、迷いは消える

「ストレートにいくわ!」

「クロスに確実に返すね」

こういった言葉一つで、絶対にリターンは変わります。

自分一人で打っている、のがダブルスじゃないですから。

それを聞いて初めて、味方の前衛も連動した動きが出来る。

ストレートに打つなら相手の前衛が先に触る可能性が高い、クロスにリターンならまずポーチケアかな、という感じになるじゃないですか。

この当たり前のコミュニケーション、意外とやってない人多いんですよね。

サーブのコースは打ち合わせするのに。

もったいないというか、ダブルスとして基本が出来ていないと私は思いますよ。

 

3.結果的に、上手くいかなくても良い

「言ったからには、ミス出来ない・・・」なんて、思ってませんか?

それでミスしないなら、アナタはとっくにプロ選手。

みんな、やろうと思ったこと、決めたことでも失敗してしまうんです。

大事なのは、アナタ自身が意志を持ってパートナーと共有することですから。

クロスに打とうと思っても、相手のサーブが深くてストレートに飛ぶ、大歓迎でいきましょう。

こういうミスを怖がっていたら、そりゃコースの事前共有なんて出来なくなりますよ。

 

4.ペアでリターンのパターンを磨いていこう

ダブルスの試合、強いペアってどんなペアでしょう。

リターンからのバリエーションが豊富なペア、じゃないですかね?

ロブやネットダッシュ、ストレート、触らせるようなショートクロス・・・これらを全部出来るようになる必要は無いですが、アナタ自身目標にすべき。

たくさんの選択肢があって、その中で何を選んだかをペアで共有しておく。

試合で勝ちたいなら、これを基本においておかないとダメでしょう。

特に、女子ダブルスを戦うみなさんは、そうですね。

 

配球で勝負する、その一番効果的な場面がリターンです。

相手のセカンドサーブ、でどうするのかは絶対に決めて入りましょう。

ファーストサーブは出来るだけクロス、難しければロブみたいな感じでも良い。

アナタ自身で無理の無い、でも決断はハッキリしている方式、で実践していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

  2. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある

    リターンの基本は、前に踏み込むこと。でも、全仏オープンの試合を…

  3. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  5. リターン

    ストレートアタックが抜けたら、一気に前に出よう!

    ダブルスの試合でのリターン、ストレートへの展開。これ、抜けた…

  6. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    テニスにおいて、遠慮は保身
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー…
  3. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっ…
  4. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
PAGE TOP