メンタル

絶対無理だよ、という鴨的な発想

「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。

ハッキリ言って、この2つに分かれると思います。

テニスが上手くなりたい、強くなりたいなら、どちらの道を選ぶのか。

分かっていても出来ないという方は、一歩を踏み出してみましょう。

そうじゃないと、ずっと状況は変わらないですよ。

 

絶対無理だよ、という鴨的な発想

 


 

1.ずっと狩られる側、で良いの?

試合に出ているみなさん、だけじゃありません。

テニススクールで頑張るみなさん、レクリエーションで楽しむみなさんも、そう。

ずっと、負ける側で良いんですか?ということ。

たかがテニスの話ですが、これって大きな問題だと思いますよ。

負けるのが当たり前になっている人は、どこかで「狩られる側」から抜け出さないと。

そのためには、発想を変える必要があります。

きっと、テニスだけの話では無いでしょう。

人生のスタンスの問題、です。

 

2.試合では、相手は容赦なく来る

試合慣れしている相手と戦えば、みなさんも感じるはずです。

徹底的に、容赦なく相手は来ます。

これは当然の話、テニスの試合は勝つか負けるかしかない、訳です。

目標タイムを一緒にクリアして、手をつないでゴールなんてマラソンでは出来てもテニスでは出来ない。

明確に勝者と敗者、に分かれるから厳しい世界なんです。

だからこそ、面白いとも言えるのがテニスの試合。

何事にも、「絶対無理だよ」と思っている人は、ずっと鴨のまま。

狩られる側から抜け出せないでしょう。

 

3.やってみたら、上手くいくかどうかは関係ない

「でも、やってみても上手くいかないんです」という方も、多いでしょう。

それは、当然の話。

誰かに言われたことがすぐ出来るなら、テニススクールもコーチも必要無いですから。

やってみて、成功するかどうかは重要じゃない。

アナタ自身が、何を感じるか、が大事なんです。

これに気付かないと、「絶対無理だよ」という発想になってしまう。

やってみて、あとは自分で改良していく。

だから面白いし、上達していくのがテニスなんです。

発想を転換しないと、ずっと損し続けるだけでしょう。

 



 

4.本気でやってみない?色々

私からのメッセージは、これです。

出来ない人って、本気でやってない。

本気でやって失敗していないのに、「絶対無理だよ」となっている。

まぁ、気持ちは分かります。

自分自身の力を出し切って出来ない、という経験は辛いですからね。

自分自身を無能と思いたくないし、思われたくない。

ですが、その小さいプライドの為に、勝てるチャンス、強くなるきっかけをかなり失っている気がしませんか?

こればかりは、みなさん自身で感じるしかない。

鴨のままでいるのか、抜け出すのか。

テニスの試合って、厳しい世界ですからね。

 

「やれば出来る」という言葉がありますよね。

あれは、少し前提が抜けています。

「全力でやれば、出来る。出来なくても、工夫の余地が見つかる。」ということじゃないでしょうか?

テニスなんて、まさにその繰り返しですから。

絶対に無理、と思っていることをやってみる、本気で。

そこから、全ての景色は違って見えて来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  3. テニス 格上相手
  4. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、相手を納得させる「演技」が必要

    テニスの試合で演技?そんなの、マナー違反じゃないか!そうです、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  6. メンタル

    テニスで結果を出す人は、「快感」を知っている

    テニスの試合で強い人。レッスンでも練習でも、しっかりと決める…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    攻撃的なサーブに必要なのは、「打った後にコートにしっかり入って終わる」くらい前に…
  4. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問わ…
  5. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
PAGE TOP