メンタル

絶対無理だよ、という鴨的な発想

「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。

ハッキリ言って、この2つに分かれると思います。

テニスが上手くなりたい、強くなりたいなら、どちらの道を選ぶのか。

分かっていても出来ないという方は、一歩を踏み出してみましょう。

そうじゃないと、ずっと状況は変わらないですよ。

 

絶対無理だよ、という鴨的な発想

 


 

1.ずっと狩られる側、で良いの?

試合に出ているみなさん、だけじゃありません。

テニススクールで頑張るみなさん、レクリエーションで楽しむみなさんも、そう。

ずっと、負ける側で良いんですか?ということ。

たかがテニスの話ですが、これって大きな問題だと思いますよ。

負けるのが当たり前になっている人は、どこかで「狩られる側」から抜け出さないと。

そのためには、発想を変える必要があります。

きっと、テニスだけの話では無いでしょう。

人生のスタンスの問題、です。

 

2.試合では、相手は容赦なく来る

試合慣れしている相手と戦えば、みなさんも感じるはずです。

徹底的に、容赦なく相手は来ます。

これは当然の話、テニスの試合は勝つか負けるかしかない、訳です。

目標タイムを一緒にクリアして、手をつないでゴールなんてマラソンでは出来てもテニスでは出来ない。

明確に勝者と敗者、に分かれるから厳しい世界なんです。

だからこそ、面白いとも言えるのがテニスの試合。

何事にも、「絶対無理だよ」と思っている人は、ずっと鴨のまま。

狩られる側から抜け出せないでしょう。

 

3.やってみたら、上手くいくかどうかは関係ない

「でも、やってみても上手くいかないんです」という方も、多いでしょう。

それは、当然の話。

誰かに言われたことがすぐ出来るなら、テニススクールもコーチも必要無いですから。

やってみて、成功するかどうかは重要じゃない。

アナタ自身が、何を感じるか、が大事なんです。

これに気付かないと、「絶対無理だよ」という発想になってしまう。

やってみて、あとは自分で改良していく。

だから面白いし、上達していくのがテニスなんです。

発想を転換しないと、ずっと損し続けるだけでしょう。

 



 

4.本気でやってみない?色々

私からのメッセージは、これです。

出来ない人って、本気でやってない。

本気でやって失敗していないのに、「絶対無理だよ」となっている。

まぁ、気持ちは分かります。

自分自身の力を出し切って出来ない、という経験は辛いですからね。

自分自身を無能と思いたくないし、思われたくない。

ですが、その小さいプライドの為に、勝てるチャンス、強くなるきっかけをかなり失っている気がしませんか?

こればかりは、みなさん自身で感じるしかない。

鴨のままでいるのか、抜け出すのか。

テニスの試合って、厳しい世界ですからね。

 

「やれば出来る」という言葉がありますよね。

あれは、少し前提が抜けています。

「全力でやれば、出来る。出来なくても、工夫の余地が見つかる。」ということじゃないでしょうか?

テニスなんて、まさにその繰り返しですから。

絶対に無理、と思っていることをやってみる、本気で。

そこから、全ての景色は違って見えて来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 【学生限定 先着順! 】1,000円で3試合保証 T-PRESS CUP 202…

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  2. メンタル

    都合の良い予測の癖こそ、怖い

    テニスの試合で、「予測が大事」とはよく言いますよね。YouT…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
  2. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    テニスシューズは、「しっかりメンテナンスすれば長持ちする」ので、しっかり意識して…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが変わる時、それは耳の痛い話から
PAGE TOP