テニス 準備

シングルス

パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

シングルスの試合で、相手を走らせる。

これだけだと、なかなかポイントは取れないんですよね。

大事なのは、いかに相手に無理をさせるか。

「ネットに出る、ボレーしないと!」と大げさに考える必要はありません。

これで、充分です。

 

パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

 


 

1.私たちの試合では・・・

実際、そんなにパッシングショットが上手い人は、そう多くないです。

私の経験では、特にバックハンドですかね。

スライスロブで逃げて来るような人、が多いはず。

プロ選手の試合を観ていると、ネットプレイヤーがスパスパ抜かれているので、ついネットに出るのが億劫になってしまいますが。

一般の草トー大会なら、そこまで恐れる必要も無いでしょう。

ちょっとだけ、相手を脅かすようなイメージで良いと思います。

 

2.走らせるだけ、じゃ物足りない

でも、私たちの試合でも、シングルスで粘り強い相手は多い。

走り回って返して来る相手、嫌ですよね。

こういう相手に、少しだけエッセンスを加えてみる、プレッシャーをかけてみる。

相手を走らせた時には、少し遅れ気味でも良いので前に出ると、どうでしょう。

相手は、パッシングショットを打たないといけない、というプレッシャーにかられます。

本当にこれだけで、だいぶ違いますよ。

普通に山なりのボールが打てない、というのが良いプレッシャーになるんです。

シングルスの試合、走らせるだけじゃ相手のペースは崩せない。

アナタ自身が、2メートルだけでも前に出ること、が大事なんです。

 

3.ランニングショットは、ただでさえコントロールが難しい

パッシングショットは、コントロールが求められます。

精度の高いショットを打たないと、抜けないですからね。

テニスにおけるランニングショットは、ただでさえコントロールが難しいショット。

走って止まる、という動作を正確に行わないといけないですからね。

そこに、ショットの精度まで加わると、相当訓練している選手じゃないとしっかり打てないはず。

だからこそ、ランニングショットで無理してもらう。

パッシングショットしか打てない、と思わせてみることは大事なんです。

 



 

4.ランニングショット、の次もランニングショットで

前に出て、相手が返して来たら・・・また、落ち着いてゆっくり返せば良い。

相手をもう一度走らせる、ランニングショットを打たせるイメージで充分です。

走って打つ、走って打つ、を2回繰り返せば、相手のショットの精度はグッと落ちますからね。

シングルスの試合、体力も奪えます。

ランニングショットでパッシングショット、打たせておけば大丈夫。

アナタ自身のペースで、試合は進むと思いますよ。

 

5.お勧めの練習方法

相手のセカンドサーブを、リターンから前に出る練習をしましょう。

まずリターンで、相手の逆を突く。

セカンドサーブですので、ある程度リターン側が前に入って踏み込んで打つ。

逆を突けたと感じたら、ネットに出てプレッシャーをかける。

逆を突けなかったら、一旦ベースラインに留まる。

この、逆を突けたかどうかの温度感、も自分でしっかり確認出来るようにしておきましょう。

サーブからより、まずはリターンからの方が前に出やすいはず。

ぜひ、シングルス練習の一つとして取り入れてみて下さい。

 

走っている相手に、無理をさせる。

これは、テニスの試合での基本です。

恐らく、一般やベテラン、シニアの大会では走って打つならロブが多いと思うんですよね。

ネットに出るフリをして、ロブを誘ってスマッシュを打つ。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. + POWER CUP について
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント

    シングルスの試合、自分一人の孤独の戦い。だからこそ、勝っても負…

  2. テニス ストローク
  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

    社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。シン…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極…
  2. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  3. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
PAGE TOP