テニス サーブ

シングルス

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。

これは、結構シンプルです。

まず、ネットプレーが必要だと考えてますよね。

普通の人は、ネットに出ることが怖いし、ミスするようなイメージしかない。

でも、やっぱりこれじゃ勝てないんですよね。

特に、格上相手。

もう一度、シングルスに勝てる選手になる為に、必要なことを考えていきましょう。

 

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

 

1.綺麗に決まるボレー、必要無し

これは、上の試合でも一緒だと思います。

相手のパッシングショットに反応してバシッと決まるボレー、なんて少ない。

1試合で1回、あるかないか、でしょう。

それなのに、どこかこれをイメージしながらみなさんネットに出ていく。

そりゃ、上手くもいかないですよね。

アプローチを打って、前に出てステップ、相手のパッシングショットをバシッと決める。

これは、ほぼ無いと考えて良いでしょう。

 

2.意識したいのは、「山なりなボールを仕留める」ということ

これが、シングルスに必要なネットプレー。

相手を動かして、つないで来るボールを仕留める。

サービスラインくらいの位置で、待ち構えてドライブボレー、またはドロップボレーでも良い。

相手からすると、「前にいたの?」というポイント、を増やしていく。

この重要性も何度か書いてきましたが、シングルスで勝てる選手はこういうネットプレーを基本に考えています。

ローリスク、ミドルリターン、あまり危険を冒さずに、安定した結果を出す。

これが大事な考え方、でしょう。

 

3.ロブに対応出来ないから、前に出れない

きっと、これも大きな問題です。

シングルスの試合、前に出れない人はロブに対応出来ない、苦手意識がある。

スマッシュミスが怖いし、自信が無い。

でも、これもちょっとした意識の改革で変わると思いますよ。

シングルスの試合に強い、ネットプレーを活かせる人は、スマッシュもシンプル。

前に出過ぎない、で相手にロブを上げさせてスマッシュをまず、相手コートに入れる。

これだけですね。

「簡単そうに言うなよ」という声が聞こえてきそうですが、そもそもロブ待ち、で良いと思います。

シングルスの試合、パッシングショットを打たないでロブだけ、という方も結構多いですし。

特に女子シングルスの試合、ではこの考え方は大事です。

 

4.サーブ、リターンと組み合わせる

何より、シングルスの試合で勝てる人は、このタイミングを大事にしています。

サーブ&ボレー、リターンダッシュ、でネットに出るから強い。

相手にとって、最高のプレッシャーになりますからね。

やられた側は、ずっと試合で気になるし試合のペースが乱れていく。

サーブとリターンから前で出る、のは練習もすごくやりやすい。

決めて入る、決断力が大事ですね。

シングルスの試合では、ぜひ意識してみて下さい。

 

シングルスの試合こそ、ネットに出る。

これは、私たち一般プレイヤーに必要な考え方です。

ストロークが強い方も、前のプレーが入ると相手にプレッシャーをかけられる。

試合の中で異なるプレッシャー、をかけるということが、試合では大事。

ダブルスが主戦場の方は、なおさらぜひ、ですね!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

    シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。これを繰り返していると…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  4. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝負事に勝つイメージを付けたい!」人に超絶オススメなのドラマ作品とは?
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず
  4. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい
  5. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
PAGE TOP