テニス サーブ

シングルス

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること。

これは、結構シンプルです。

まず、ネットプレーが必要だと考えてますよね。

普通の人は、ネットに出ることが怖いし、ミスするようなイメージしかない。

でも、やっぱりこれじゃ勝てないんですよね。

特に、格上相手。

もう一度、シングルスに勝てる選手になる為に、必要なことを考えていきましょう。

 

シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること

 

1.綺麗に決まるボレー、必要無し

これは、上の試合でも一緒だと思います。

相手のパッシングショットに反応してバシッと決まるボレー、なんて少ない。

1試合で1回、あるかないか、でしょう。

それなのに、どこかこれをイメージしながらみなさんネットに出ていく。

そりゃ、上手くもいかないですよね。

アプローチを打って、前に出てステップ、相手のパッシングショットをバシッと決める。

これは、ほぼ無いと考えて良いでしょう。

 

2.意識したいのは、「山なりなボールを仕留める」ということ

これが、シングルスに必要なネットプレー。

相手を動かして、つないで来るボールを仕留める。

サービスラインくらいの位置で、待ち構えてドライブボレー、またはドロップボレーでも良い。

相手からすると、「前にいたの?」というポイント、を増やしていく。

この重要性も何度か書いてきましたが、シングルスで勝てる選手はこういうネットプレーを基本に考えています。

ローリスク、ミドルリターン、あまり危険を冒さずに、安定した結果を出す。

これが大事な考え方、でしょう。

 

3.ロブに対応出来ないから、前に出れない

きっと、これも大きな問題です。

シングルスの試合、前に出れない人はロブに対応出来ない、苦手意識がある。

スマッシュミスが怖いし、自信が無い。

でも、これもちょっとした意識の改革で変わると思いますよ。

シングルスの試合に強い、ネットプレーを活かせる人は、スマッシュもシンプル。

前に出過ぎない、で相手にロブを上げさせてスマッシュをまず、相手コートに入れる。

これだけですね。

「簡単そうに言うなよ」という声が聞こえてきそうですが、そもそもロブ待ち、で良いと思います。

シングルスの試合、パッシングショットを打たないでロブだけ、という方も結構多いですし。

特に女子シングルスの試合、ではこの考え方は大事です。

 

4.サーブ、リターンと組み合わせる

何より、シングルスの試合で勝てる人は、このタイミングを大事にしています。

サーブ&ボレー、リターンダッシュ、でネットに出るから強い。

相手にとって、最高のプレッシャーになりますからね。

やられた側は、ずっと試合で気になるし試合のペースが乱れていく。

サーブとリターンから前で出る、のは練習もすごくやりやすい。

決めて入る、決断力が大事ですね。

シングルスの試合では、ぜひ意識してみて下さい。

 

シングルスの試合こそ、ネットに出る。

これは、私たち一般プレイヤーに必要な考え方です。

ストロークが強い方も、前のプレーが入ると相手にプレッシャーをかけられる。

試合の中で異なるプレッシャー、をかけるということが、試合では大事。

ダブルスが主戦場の方は、なおさらぜひ、ですね!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理…

    テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て…
  2. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合…
  3. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
PAGE TOP