テニス ドロップショット

シングルス

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

いざ、大事な試合のシングルス。

序盤が大事なことはしっかり理解してるけど、でも実際、コートに立ったら頭が真っ白。

相手も強そうだし・・・というときには、これでいきましょう。

私も、この作戦で入って相手を観察して、自分は崩れない。

結果的にゲームを取られても、自分のペースは崩れない、ことがまず大事です。

キーワードは、「センターに3往復」です。

 

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

 

1.まずは相手とラリーしようよ

無理に攻撃、に走る必要はありません。

試合の序盤、相手と挨拶して会話するようにラリーしていく。

これが大事。

私はシングルスの試合、最初の3~4ゲームくらいは徹底的にまず「3往復」はラリーする。

ように仕向けて、相手としっかり打ち合います。

その過程で、自分から変なミスは絶対にしない。

安定して入るボールを、まずセンター、相手コートの真ん中に打っていく。

これは、意識していれば誰でも出来ると思います。

相手が攻撃してきても、真ん中に、出来れば深くゆっくり返す。

これだけ、です。

 

2.やることを決めておけば、迷いは消える

不思議と、準備も速くなります。

相手のボールを、まずはしっかり3回返す、だけですからね。

シングルスですから、相手前衛を気にする必要も無い。

自分のサービスゲームでも、ゴールはこの「3往復」で良い。

3往復出来るようなサーブ、を考えて打つ。

そうなると、自然と速い確率の悪いファーストサーブって、選択肢から消えませんか?

試合の序盤は、こういう入り方で充分でしょう。

 

3.ダイナミックな動きは、試合の中盤から

もちろん、試合の1ポイント目から全開。

試合の序盤で、ネットプレーも数回は入れておく。

これも大事なポイントです。

ですが、本当に試合を動かしていくような積極策、は試合の中盤以降で良いでしょう。

ダイナミックに、大きく動いていく、自分から攻撃力のギアを上げていく。

その為に、しっかり序盤で数を打っておきたいんですよ。

テニスは、試合でボールの数を打たないと調子ってなかなか上がっていかない。

ほとんどの人が、試合の序盤に打つボールの数、圧倒的に足りないんです。

このことに気付いていない人が多いから、調子が上がらないままに負けていく人も多い。

3往復を何ポイントも繰り返していれば、自然とアナタ自身の調子も上がって来るはずですよ。

 

4.でも、相手の調子も上がって来るから・・・必要なのは?

そう、ここで差を付けるのはアナタの観察眼です。

ラリーする回数が増えれば、相手の特徴も見えて来る。

ひたすら相手コートの真ん中に返球し続ける中でも、観察するポイントはたくさんあります。

深いボールを、下がっているのか踏み込んでいるのか。

下がっているならネットプレー、で前に落とすのが効果的でしょう。

グリップは厚い?薄い?

厚ければ、ボレーが苦手な可能性は高いですよね。

性格的に、我慢強いのかせっかちなのか。

こういったデータを溜めておけば、スコアは並行でも中盤以降にアナタ自身が離すことは出来るでしょう。

 

まずはセンターで、3往復以上。

このポイントをひたすら増やしてみて下さい。

4往復目からは、攻撃しても良いしひたすら粘っても良い。

自分の中で、基本戦術を準備して試合に入ること。

シングルスの試合は、特にこの感覚が大事ですよ。

いつも思い出せる、短くて数字の入ったキーワード。

アナタは、何を準備していきますか?

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  5. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  6. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えられると強い

    テニスの試合、シングルスは特に・・・ですが、アナタが苦しければ、同じく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して…
  3. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく
  4. 戦術

    テニスの試合で勝つには、「数的センス」が必要
  5. 戦術

    試合で出せる技、が全て
PAGE TOP