テニス ストローク

シングルス

フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。

よほどバックハンドが得意、なら別ですが、プロ選手も9割以上はフォアハンド主体でラリーを組み立てていきます。

当然、ポジションも少しフォアハンド側を空けてバックハンド寄りに立っているケースが多い。

改めて、サーブやリターンの後の自分のポジション、シングルスの試合で意識してみませんか?

 

フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

 


 

■サーブとリターンの後、その場にいる選手はもったいない!

サーブとリターン、から試合は開始されます。

その1球を打った後は、どの場所に立っても反則ではありません。

なのに皆さん、同じ場所でずーっとボールを待っている。

または動いてもコートの真ん中、まで動いてラリーが始まっても変えない、という方が多い。

これでは相手はバックハンド側を狙いやすいし、主導権も握られてしまう。

今一度、サーブとリターンを打った後、の動きについて考えてみましょう。

 

■2往復が完了したら、自分のポジションを取れるように!

サーブを打っていきなり良いポジションに移動!というのは少し無理がある。

リターンは遅いスライスであれば可能ですが、まずはしっかり「2往復しながら自分の得意ポジションに着く」くらいの意識で良いと思います。

私はいつも、リターンやサーブから攻撃的にいきたいとき、以外はまず2往復をしっかりラリーして自分のポジションに着くようにしています。

そのポジションこそ、フォアハンド側を6割くらい空けた場所。

しっかりポジションを取れると、そのラリーも制する自信が沸いてくるから不思議です。

 

■フォアハンド側に打たれても、カバー出来るフットワークを

「空けているところに、打たれたらどうするの・・・?」と思う方もいるでしょう。

確かにダウンザラインで厳しいコースに打たれると、追いつけないケースもあります。

それは相手のナイスショット。

むしろそれよりも、バックハンド側へ普通に攻撃される方が私は嫌なんです。

そこをふさいでおくことで、精神的にも安定する。

ポジション一つで、相手が感じてくれるプレッシャーがある。

そう考えると、結構試合って楽になりませんか?

 

シングルスの試合は、ポジショニングに特徴が出ます。

フォアハンド側を空けて、さらにベースライン上に立って攻撃的にプレーする、ような選手もいますよね。

調子が良いときの錦織選手は、この形でいくつも強敵を打ち負かして来ました。

ですが、まずアナタ自身が良いと思う場所、ポジション、探してみましょう。

そしてサーブやリターンからその場所にスムーズに移動できるように、シングルスでは意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  2. テニス 準備

    シングルス

    長い試合と覚悟を決めて、テニスのシングルスの試合で準備しておきたいグッズ10選

    テニスの実力って、技術力+準備力。もちろんスタミナや、現場での…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  4. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?

    ポワーン、ポワーンとつないでくるだけのような相手。「勝ったな・…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    メンタル

    誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
  2. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
  3. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう
PAGE TOP