テニス メンタル

シングルス

テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。

そう、「崩す」からこそテニスは面白いし、ポイントを確実に獲れる。

皆さんはこのイメージ、ありますか?

今一度、ラリーの中で崩していくこと、をしっかり確認しておきましょう。

 

テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

 


 

1.「崩す」とは、相手を動かすこと

相手を崩すとは、テニスにおいては「動かす」こと。

相手がいる、その場にどんなに強烈なショットを打っても、なかなかテニスでは「崩す」に至らない。

相手を3歩以上動かしていく。

それは、遅いボールの方が有効です。

どうしても崩すと言えば、速いショットをイメージしがちですが・・・そのスピードに、崩している本人が付いていけていないことも多い。

ゆっくりしたボールでも、相手を動かすことが大事、なんです。

 

2.崩すとは、「スペースが生まれる」ということ

相手を動かせば、コートにはスペースが生まれる。

シングルスの試合はもちろん、ダブルスの試合でもそうですよね。

相手を動かして、バランスを崩すから「打ったら決まりやすい」コースが拡がっていく。

この打って決まるコースを拡げる、ことが相手を崩すということ。

スペースを作る、と考えると、テニスの試合ってすごく楽じゃないですか?

コートにボールを打ち込む、と言うよりは相手に触らせて、動かしていく。

この発想で充分だと思います。

 

3.相手を崩せば、結果的にどこかで決まる

でも・・・相手を崩しても、注意が必要です。

テニスでは、ずっと攻撃している側がミス、して失点するケースも多い。

これは、初中級までのレベルの試合でありがちです。

結局粘っている選手が勝つ、のはこのレベル。

攻撃している方がリスクが高い、のではなかなか戦えないですよね。

相手を崩して、そのまま崩し続けて・・・結果的に決まっていく。

この発想が理想、ですね。

それは相手のミス、のように見えるかも知れません。

でも試合に強い選手は、よく理解している。

自分は絶対に失点しないようなラリーで、相手を崩して、勝っていく。

すぐには難しいかも知れませんが、ここを一つのゴールに設定してみましょう。

 

相手を崩す、この過程を必ず入れる。

いきなり決める、ようなプレーは非現実的。

そして崩す、パターンをたくさん持っておくことも大事になります。

横に動かす、だけじゃなくて前に動かす、そして次は後ろ。

アナタのテニスは、相手を動かすことが出来ますか?

 

今回のまとめ

相手を動かしていくことが、崩して勝つテニスの第一歩です

 

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  2. シングルス

    シングルスの試合で「相手を後ろに下げるストローク」が打てたときには、迷わず前に詰めていこう!

    シングルスの試合で、有効にネットプレーを入れていくには基本が大事。…

  3. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  5. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
  2. スマッシュ

    「高い軌道のロブは、落ち着いてワンバウンド」させてグランドスマッシュで打ち抜く為…
  3. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける
  4. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
PAGE TOP