テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に出られたら・・・?

慌てずしっかり、対応出来ますか?

特にシングルスでは走らされたときに、いかにネットにいる相手に冷静な対応が出来るかが大事。

パッシングショットの基本を見直して、試合で使えるようにしておきましょう。

 

シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

 


 

■相手が前に出てきても、慌てず一度ボレーで触らせよう

相手が前に出てきても、まずは慌てないこと。

しっかりボールに追いついて、コントロールされたボールを打つことが大事。

相手に触られないようなパッシングショット、打てるに越したことは無いですが無理は禁物。

自分の態勢もしっかり加味しながら、まずは相手にボレーをさせましょう。

出来るだけ低い位置でボレーさせることが出来れば、そう簡単に相手が優位になることはありません。

 

■オススメはストレートよりもクロス方向へのパッシングショット

皆さんの中には、「パッシングショットはストレートが基本」と思っている方も多いでしょう。

実際にストレートの方が「抜けそう」な雰囲気、ありますよね。

でも落とし穴に陥りがちなのが、このコース。

ネットも高いし、超えてからベースラインまでの距離も短いのでボールを収めるのが難しい。

クロス方向なら距離も長いしネットも低い。

しっかり溜めてクロス方向へ、出来ればショートクロス気味に打てるとベストです!

 

■「ネット上のどこを通すのか?」だけに狙いを絞ろう!

シングルスでも、基本は相手に触らせる。

コートは広いようで狭い。

無理にエースを狙いにっても、それは相手の思うツボ。

だからこそ、クロス方向のショットが有効なんです。

相手がボールを触る、ボレーするまでにアナタ自身は態勢を立て直して準備しておく。

パッシングショット1球ではなく、その次、さらに次で仕留めていく意識を持ちましょう。

 

シングルスの戦いを主戦場としている選手は、意図して浅いストロークも打てないといけない。

パッシングショットとしてのショートクロス、だけじゃなくて相手を大きく外へ動かすショットとしても、短いストロークは有効です。

普段の練習の中で、シングルスを想定しながら相手が前、という場面も練習しておきましょう。

ベースラインでの打ち合い、だけで終わる戦いはまだまだレベルが低い。

上を目指すのであれば、自分が前、相手が前、というシチュエーションにどんどん慣れていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  3. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  4. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

    シングルスの試合で、「この人テニスの技術は上手いのに、何で勝てないんだ…

  5. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

特集記事

  1. その他

    テニスの試合に必要な、「深視力」を養おう
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  4. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」
PAGE TOP