テニス 練習

練習メニュー

苦手なところを直すのが練習、では無い

よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」というご質問。

よくよく話を聞いてみると、感じることがあります。

皆さん、もっと自分の「武器」を鍛えないと。

日本人って、こういう意識が強過ぎじゃないですか?

 

苦手なところを直すのが練習、では無い

 


 

1.出来ないこと、は試合でやらなくても良い

極論ですが、こういう発想も大事です。

テニスは、自分の武器を中心に戦えば良い。

もちろん、バックハンドが苦手ならそりゃバレて攻められる。

練習しておく必要はあるでしょう。

でも・・・そのバックハンドばかりの練習、で試合に強くなるでしょうか?

私はとても、そうは思えないのです。

 

2.武器を鍛える練習に、もっと時間を使おう

皆さんは、みんな良いモノを持っている。

全員にお会いしたことは無いのですが、これだけは言えます。

気付いていないか、テニスで活かせていないだけ、の方も多いでしょう。

体格、性格、経験、全てにおいて、もっと自分の得意なテニスを磨いていった方が勝てる。

その為に、何が必要でしょうか?

練習内容を変えること、だと私は思いますよ。

アナタの武器、を徹底的に鍛えるくらいの意識を持って欲しい。

それを持って、試合で戦う。

テニスの試合って、それが楽しいんです。

 

3.答えはアナタの周りの仲間、が持っている

「でも、自分の武器って・・・?」と思った方は、周りに聞いてみましょう。

性格上、なかなか自分で自分の長所は分かり辛い、ハッキリさせ辛いという人も多いでしょう。

ほとんどの日本の学生の方が、そうです。

でもこれは、もったいない!

私からの提案は、「褒め合いミーティング」を月に1回やってみることです。

歯が浮くような褒め言葉を、仲間で言い合う、グループで言い合う。

頭がおかしいと思うかも知れませんが、そんな中で出て来るふとしたワードから、アナタの武器が見つかるかも知れませんよ。

 

毎日の練習、楽しいですか?

自分という素材を、活かし切れていますか?

もっともっと、アナタが出来る練習は無限にある。

武器を磨く、弱点だけを補うのが練習ではありません。

少し視点を変えて、ぜひ練習してみて下さいね。

 

今回のまとめ

練習で「弱点を補う」意識は、一旦捨ててしまいましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  2. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。…

  3. テニス スポーツ
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  6. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!

    高校生の頃、トレーニングと言えばランニングを思い出す。それ以外…

特集記事

  1. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
  3. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている
  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり
  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
PAGE TOP