テニス ミス

その他

「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

この時期、色々な暑さ対策を皆さんも行なっているかと思います。

テニスの試合は、とにかく過酷。

時間も読めないうえに、疲れた頃に大事な試合が待ち構えていたりします。

今回は「汗」を一つのテーマとして、試合に勝つ為の暑さ対策を考えてみます。

 

「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について

 


 

◼️見落とされがちな真夏の「汗」の障害

暑さ対策は、色々やることだらけです。

日焼け防止から、頭のガード。

体温を冷やすためにアイスノンを発動させたり、もちろん水分補給もマメに必要ですね。

ところがいざ試合になると、大敵となるのは汗。

スマッシュを打とうとして眼に汗が入って、しばらくヒリヒリしたことはありませんか?

グリップが滑って、ラケットを落としたことはありませんか?

身体中が濡れた状態になる夏場、この対策は急務です。

 

◼️ドライグリップとリストバンド、ヘアバンド、「汗を食い止めて外に出す」ために

まずグリップは、夏場だけ変えても良いかも知れません。

私は普段ヨネックスウェットタイプを愛用していますが、夏は変えます。

自然にウェットになりますし、滑るし重たくなるからです。

ドライ素材やなるべく薄めのテープを探してみましょう。

また、ポイント間で拭う汗はリストバンドやヘアバンドも有効です。

コート後ろにタオルをセットするのも有りですが、ポイント間の時間がかかり過ぎないよう注意しましょう。

とにかく人間の「眼」は汗に弱いので、しっかりケアしましょう。

 

■「水分補給」を根本から見直すのも有り

最近では、専門的なスポーツ飲料も多く出てきています。

一般的にスポーツ飲料を薄めて飲んでいる方が多いと思いますが、スポーツショップでより専門的なものにトライしても良いでしょう。

また柑橘系のジュースを入れたり、自分自身のオリジナルドリンクを工夫するのも有りです。

しっかり準備しているという自信は、試合でもメンタル面で助けになるはずです。

 

■「テニスウェアの管理」も立派な汗対策

最近はテニスウェアの素材も進化して、発汗性・機能性にすぐれたものが多く発売されています。

もちろん好みで選んで頂いてOKですが、アンダーウェアにもしっかり注意しましょう。

ピタッと締め付けるウェアは非常に機能的ですが、履き続けていると熱中症の元にもなります。

試合が終わったら速やかに脱いで肌を乾かしてケアしましょう。

 

最近の夏は、本当に異常な暑さですよね。

汗をかく、というのは人間の大事な体温調節機能の一つ。

それでもかき過ぎていたり、逆に汗が出なかったりしたら、それは危険信号の一つとして自分で感じ取りましょう。

汗との良い付き合い方、が夏の試合を制する第一歩です。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  2. テニス 準備

    その他

    テニスの草トー団体戦で見かける「対戦したくない迷惑なチーム」の特徴5つ

    秋深まり、本格的なテニスシーズンになりましたね。一般の草大会も…

  3. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  4. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  5. その他

    数試合だけ良いプレーをして、満足してしてない?

    これは、昔の私自身です。今回は、その戒めも込めて、しっかり書…

  6. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

    約1ヶ月後に迫った、楽天ジャパンオープン2015。今年も錦織選…

特集記事

  1. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  2. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い…
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
  4. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない
PAGE TOP