テニス 調子

シングルス

全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達成。

本当に素晴らしい守備を軸にした、攻撃的なストロークの強さが際立った試合だと思います。

マレー選手との決勝では、お互いに「ムーンボール」と呼ばれる高くゆっくりした軌道のボールをたまに混ぜるような攻防が多く、そのタイミングが絶妙。

私たちにもすぐに実践出来て、効果的なこのショットの重要性について改めて書いてみたいと思います。

 

全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

 


 

■シングルスでは、ストレートに展開されたときに守備力が問われる

シングルスでは、一般的に「ダウンザライン」方向へ展開するのにはリスクが高い。

ネットの高さも高いですし、ベースラインまでの距離も短いのでアウトになる可能性も高く、浅くて自分でしっかりコントロール出来るタイミングでしか打つのが難しいとされています。

このショット、をしっかり打たれたときに、アナタはどんな返球で対応できますか?

しっかり時間を稼ぎつつ、相手のリズムを狂わせて攻撃の手を一旦緩めさせる。

しかり回転をかけて、バウンド後は伸びるようなムーンボールですと相手は相当嫌なはず。

そんな展開にもっていきたいですよね。

 

■ムーンボールはあくまでバックハンド側へ集める

ムーンボールを相手バックハンド側に集めることは、シングルスを戦う上での基本です。

肩より高い打点からは攻撃し辛いですし、相手も下がってくれる可能性がある。

よりレベルの高い相手であれば、ジャックナイフのような技で対抗してくるでしょうが、そこはしっかり自分が下がって対応。

ジャックナイフって、着地後の動作が遅いという弱点もあります。

もし甘ければ、相手の着地の隙を見逃さないように反撃していく。

そんなパターンもムーンボールを使うことで活かされてきます。

 

■「自分を取り戻す」ことが出来るのが、ゆったりしたボール

テニスのラリーは、途中で止めることが出来ない。

もちろん、止めたらアナタの失点になりますからね。

迷っている、結論が出ないのに打たないといけない・・・という場面が多いと、それはミスにつながりやすいのです。

ですが、高いボールで時間を作れば、アナタ自身で少し考える時間と余裕が出来る。

相手をしっかり見ることが出来ますので、落ち着いて戦えるようになるでしょう。

そんな「自分を取り戻す作業」にも、ムーンボールは最適です。

 

押されているときにしか使えない・・・ということは、ありません。

しっかり打てるのに、あえて相手のバック側に高い軌道で打つ、のも実は有効なんです。

そのボールの後に、ドロップショットを混ぜてみたりする。

相手は的が絞れない、自分のリズムが作れない・・・と感じてくれるはずです。

初心者の方でも、今のストローク技術で絶対に打てます。

速いボール、を活かすのも遅いボールが必要なのがテニスです。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  3. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

特集記事

  1. メンタル

    反応を鍛えているうちは、人生もしんどい
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール
  3. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性
  5. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
PAGE TOP