テニス メンタル

メンタル

「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

「テニスの試合で勝つ為に」をテーマに記事を書かせて頂いている中で、身に付けることはたくさん書いてきました。

今回は、勝つ為に削ぎ落として欲しい部分。

自分の心の弱さだったり、無意識のうちに勝利の確率が下がってしまうようなことを、出来る限り削ぎ落としていく。

すぐに全てを・・・というのは難しいかも知れませんが、少しずつ意識して実践してもらえればと思います。

 

「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5つ

 


 

1.太陽光、風、相手の応援などの「外部要因」をやられるメンタル

インドアコートが増えてきたとはいえ、テニスの試合はまだまだアウトドアコートで行われることが多い。

そんな中で自然の影響は受けざるを得ません。

チェンジコートがあり環境は平等とはいえ、その風や雨、太陽の光をどう感じるかが試合の結果を大きく左右します。

風に対する戦い方(スライスを用いる等)、太陽光にはサングラスと、しっかりした準備を練習中から身に付けましょう。

「今日は風が強かったから・・・」

「サーブのサイドはまぶしかったから、キープできなかった・・・」と、言い訳する弱いメンタルは、削ぎ落としていきましょう。

 

2.いつも同じメンバーとしかテニスをしない

テニスの試合は、ほぼ初見の相手が対戦相手になります。

それなのに、練習はいつも同じメンバーとばかり、というのは非常に矛盾した話。

意識して外のメンバー、それもできれば自分より少し実力が上のメンバーとテニスを練習する機会を創りましょう。

「新しいメンバーとは緊張するし、一人で行くなんて怖い・・・」という人は、その弱い心を変えるきっかけが必要です。

 

3.セルフジャッジなのにカウントを忘れる、コールをしない

カウントに応じたプレーを、テニスというスポーツは求められます。

言い換えれば、守らなければならないポイントや、捨てても良いからチャレンジして相手に見せておくポイントもあります。

それを意識するのも重要ですが、まず大前提としてしっかりカウントを頭に入れながらプレーをすること。

当たり前ですが、サーバーになったらしっかりとカウントをコールして相手と共通認識を持ってプレーを開始すること。

試合で勝てる人は、このポイント毎の戦い方が非常に上手いです。

「カウントは誰かが言ってくれる、コールしてくれる、覚えていてくれる・・・」という気持ちは、削ぎ落としましょう。

 

4.ガットを張り替えない、グリップが汚い、テニスウェアが変わらない

身なりをしっかり整えている人は、どんなスポーツでも強者であり続けます。

特にテニスは、ガットにグリップテープ、ウェアにシューズとギアの消耗が激しいスポーツ。

しっかりと管理してこそ、勝者になる資格があると言えます。

「まだこれくらい、変えなくても良いか・・・」

「ウェアはいつもこれだし、今日もこれで良いか・・・」

という少しの隙が、相手に付け込まれる種になります。

 

5.テニスについて自分で考えるということをしない

テニススクールに通っている人は、時に全てを受け身になりがちだと考えて下さい。

教えてくれるコーチ、一緒に練習する仲間、快適なインドアコート。

全て、アナタ自身の試合では一切助けてくれません。

自分で戦術を考え、実践し、修正して戦わなければいけません。

どこか、テニスの上達を人任せになってはいませんか?

改めて、考えてみて下さい。

 

このサイトも、テニスの試合に勝つ為の「答え」を提示できている訳ではありません。

アナタ自身の考えをサポートして、きっかけになることしかできないのです。

動画や連続写真など、もっと詳しく解説して欲しいとの声も頂きますが、それでは読んでいる読者の方のイメージ力を削いでしまいます。

自分で考えて、テニスの試合で勝つ為に必要なものを身に付けて、不必要なものを削ぎ落としていく。

その助けに、T-PRESSもなっていければこんなに嬉しいことはありません。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  4. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな

    テニスの試合、「集中力が無くて、負けた…」こういう経験、みな…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  2. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点…
  4. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス
  5. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
PAGE TOP