テニス メンタル

その他

テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。

自分の勝利はもちろん目指しますが、しっかりマナーも守って気持ち良く過ごしたいですよね。

今回は、初めて試合に出場する方でも覚えておいて欲しい、基本的なテニス試合会場でのマナーをまとめてみました。

 

テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

 


 

1.試合会場には15分前に到着

試合の集合時間、よりも15分は前に到着しておきましょう。

本部の位置を確認し、見つからなければ会場の受付か守衛さんに聞いてみる。

時間ピッタリに試合会場の到着しても、大会本部を探して遅刻・・・なんてことが無いようにしましょう。

結構分かり辛い場所にあることが多いです。

 

2.対戦相手が決まったら早めに試合コートへ

試合が行われるコートが確定したら、速やかに移動。

対戦相手の顔も覚えて、コート脇で待機しておきましょう。

その際に、ダブルスであれば必ずどちらかのペアが残って試合が終わったらすぐにペアを呼ぶこと。

試合が出来る状態なのに、対戦相手をコートで待たせる・・・のはマナー違反です。

 

3.試合の進行に協力する

2.でも書いたように、試合が出来る状態なのに相手がいない・・・というのが、主催者からすると非常に困ること。

こういった小さいロスの積み重ねが、試合の進行に大きく影響してきます。

またコンビニに行きたい、試合会場を離れたいときも、出来るだけペアの片方は試合会場に残っておくこと。

そしてどうしてもシングルスの試合で一人、コートから離れたいときには本部に一声かけて速やかに戻ってくるようにしましょう。

 

4.試合が終わったら速やかにスコアを本部に報告、または記載

大会の進行は大きく分けて2パターンあり、1つは試合結果を全部本部が確認するケース。

またもう1つは、選手自身でスコアを記録して、まとめて本部に報告するケースです。

後者の方は、予選リーグ形式を実施している大会だとよく見られる形で、幹事となるチームがスコアまとめて報告します。

いずれにせよ、試合が終了したら、勝者が速やかに対応すること。

もしアナタが負けてしまった場合でも、しっかり記録されているかどうか本部やスコアシートは確認するように意識しましょう。

 

5.ゴミは自分で持ち帰る

試合会場にあるゴミ箱、きっとすぐにいっぱいになるはず。

出来るだけ自分で持ち帰れるように、ゴミ袋は持参しましょう。

大き目のポリ袋を一つ、用意しておくと周りの仲間の分もまとめられて便利です。

運営している側からすると、こういう参加者の人を見ると涙が出るくらい嬉しくなります。

 

テニスの大会、トーナメントは少し特殊な進行やマナーがあります。

ですが基本的なことを抑えておけば、初心者の方でも安心です。

周りの方とコミュニケーションを取りながら、楽しんで覚えていけると良いですね。

もしアナタが試合の常連、であればぜひ、新しい仲間を歓迎してあげて下さい。

そう、昔のアナタがそうだったように。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

  2. その他

    何の代償も無く、強くはなれない

    テニスを強くして、結果を出したい。今までは何となく楽しんでい…

  3. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  4. テニス センス

    その他

    人と会話しないと、自分も自分のテニスも見えて来ない

    テニスの上達、自分次第?もちろん、それが大前提です。で…

  5. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  6. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと

    テニスをやっていれば、たくさんの人との出会いがあります。もちろ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、利き腕の肘を落とすのが遅い
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  3. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
  5. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について
PAGE TOP