テニス ダブルス

ボレー

こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

目次

ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。

この問題は、結構深刻です。

なぜなら、上級者と中級者、の分岐点はまさにボレー、ネットプレーですから。

テニススクールでも、そうだと思います。

ネットプレーで安定感が無いと、試合でも勝てないし練習も面白くない。

今一度、確認してみて下さい。

アナタ自身のボレー、まだまだこねている打ち方になってはいないですか?

 

こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

 

1.点で合わせる、とはどういうことか?

つまりは、「この打点」だったら打てるというボレー。

みなさんも、たまに良いボレーは打てると思います。

でも、それがなぜ、たまになのか。

それは、点という狭いスペースで合わせることが癖になっているからです。

点で合わない、ちょっとでもずれると、もうダメになる。

これはミス、のようでミスでは無い、根本的な問題。

アナタ自身、点で合わせているような感覚があれば、それを線に変えていく必要があります。

 

2.線で合わせれば、多少ずれても大丈夫

なるべく、ボレーも線で合わせるようにしたい。

線の上、なら多少ずれてもその線上ならぶれない。

ボレーをこねるような打ち方は、細かい部分を最後で調整しているので、点でしか合わせられないんですよね。

これに、気付くかどうかが大事。

点で合わせる意識はなくても、結果的に点でしか合わせられないような打ち方、の人は多いですよ。

自分の中で、線をイメージして打てるかどうか。

線の上でボールを捕らえる、そんなイメージを持って打つボレー、はどうすれば良いでしょうか?

 

3.ボレーは30cmだけ、肩支点でラケットを振ってOK

私は、この30cmを一つの線、として考えています。

肩を支点に、ゆったりと降る。

このボレーであれば、30cmの振り幅が出来ますよね。

この中でボールを捕らえることが出来れば、大丈夫。

パチン!というよりは、スーッという感じのボレー、が基本です。

特に、ネットから遠い位置にいるときには、スライス回転をかけたいですからね。

回転をかける、ということが線で捕えるボレーの基本。

ぜひ、練習してみて下さい。

 

4.線でボールを捕らえることが出来れば、ラケット上をボールが自然に転がる

この打ち方を覚えると、ラケット上をボールが転がってくれます。

その結果スライス回転がかかるんですが、この感覚が持てるとボレーは安定しますよ。

点で捕えていると、この転がる感じが無いんですよね。

弾くだけ、という感じ。

転がる感じになると、ボールを自分で「持ってる」感覚が養われる。

そうなれば、もう線で捕えるボレー、の完成です。

きっと試合でも大活躍してくれるでしょう。

 

まず、ラケット面をチェックしてみましょう。

少し上向きで、スライス回転がかかるような面、になっているかどうか。

ボレーは強く打つ、フィニッシュショットの役割だけじゃない。

試合を作り、ゲームを組み立てる安定感が求められるショットですからね。

ぜひ、線で捕えるボレー、磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

    今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみた…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠

    ネットプレイヤーを目指す人、が意識して欲しいこと。あくまで、自…

  3. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  4. ボレー

    「コンパクトボレー」テニスの試合で必要な連動性について

    ボレーで要求されるものはなんだろう。色々あるよね。コン…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

    ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。男…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!

    「今の、アウトだったかも・・・」と、ボレーを触った後に悔やんでも遅い。…

特集記事

  1. テニス 気付き

    テニススクール

    読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
  3. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  4. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術と…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけませ…
PAGE TOP