テニス 打点

ボレー

テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

「当たり前」だと思っていること、意外とテニスでも多い。

私は高校時代まで、「テニスはラケットの真ん中に、ボールが当たる」のが一番良い形だと思っていました。

ですが、大学時代にあるコツを教わってから、その考え方は変わりました。

回転をかけるのが、試合で勝てる安定するテニス。

であれば、全てのショットが必ずしも「ラケットの真ん中」で捕える訳ではない。

この感覚が正しいかどうかは分かりませんが、ぜひ皆さんにも一度試して欲しい。

そんなコツを、今回は書いてみたいと思います!

 

テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中級者止まりです

 


 

■スライス回転のボレーは、ラケットの少し下で捕える

スライス回転、ボールとラケットが接している時間は約0.004秒と言われますが、そこでどういう動きをしているか。

ラケットの上を転がるように、滑りながら回転をかけているのです。

つまり、ボールが最初に当たる場所と、離れていく場所は少し離れている、ということ。

ですのでラケットの真ん中にくるのは、ボールがラケットに当たって少しだけ上に滑ってきたとき、ということになります。

この感覚が持てると、ボレーでのスライス回転は劇的に改善すると思います。

 

■ラケットの下側も使えると、低いボールもボレーしやすい!

ラケットの下側、と言いましたが、グリップに近い側ではありません。

ボレーをするときのラケット、自分の身体より少し遠い側の面に当てるように打ってみて下さい。

スライス回転をかけるためには、少しだけ上から入ってボールを抑え込みますよね?

その際には、少しだけ身体の遠くから自分の身体の近くに「引き寄せる」ような動作を意識すると、安定します。

低いボールも、ラケットの少し下側から入っていけると、自然にスライス回転がかかるのでオススメです。

 

■ボールがラケットの上を転がる感覚を養いましょう!

ボールがラケットの上を転がって、離れていく。

この感覚を養うことが出来ると、スライスが上達して試合に勝てるテニスが身に付いていきます。

テニスを初めて間もない方も、まずはゆっくりチャレンジしてみましょう。

ボールの後ろから、まずはしっかり前に押し出してみる。

切るようなスィングでは、ボールは上手く転がってくれません。

スライス限定のラリーなどで、しっかりこの感覚を養うことをオススメします。

守備範囲が拡がって、きっと試合でも触れる範囲、増えるはずです!

 

「エッジにひっかけるように」という表現を、テニスでは使います。

トップスピンロブを打つときなんかは、まさにその表現がしっくりくる。

これもラケットの下半分に、ボールをひっかけて飛ばすような感覚、です。

なかなか言葉で説明するのは難しいですが、最初にボールを捕える場所は、転がりも意識しながらやってみて下さい。

少しだけ良いスライス、アナタも打てるようになることを願っています!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

    ボレーでここぞ!という場面でミスが多い人。それはきっと、ボール…

  3. テニス ダブルス
  4. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本

    私たちの試合の中で、どうポイントを取っていくのか。相手のレベル…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

    ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。色…

特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  2. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い
  3. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について
  4. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
PAGE TOP