テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする。

試合後に気付いて後悔しても、もう遅い。

であれば試合前に、勝負どころでどんなプレーが必要か、準備しておけば良いか・・・を考えておきましょう。

テニスノートにメモしておいて、チェンジコートで見直してみませんか?

きっとアナタの試合で、助けになってくれるはずです。

 

テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

 


 

1.しっかりした守備から入る

攻撃的に?じゃないの?と思った方、ちょっと発想を変えましょう。

勝負どころのポイントでは、まずしっかり守備から入る。

相手もここが勝負、と踏んでくる可能性が高いので、自分からのミスはもったいない。

良い守備は、テニスにおいて最高の攻撃にもなりえます。

せめて2往復くらいは、安定してしかも相手が攻撃し辛い、ようなラリーでつなげておく。

そこからリズムをつかんで、徐々に攻撃していく感じでプレーすることを、大事なポイントではオススメします。

 

2.相手が守りに入るタイミングを見極める

大事なポイントでは、相手も慎重になる。

そのときに、どこか「守り」に入るポイントがあるはず。

バックハンドに深く打って、それを何気なく返球してくるようなボールを、見逃さないこと。

これは大事なポイントを迎える中盤までに、しっかり癖を見抜いておくことが大事です。

攻撃していくには、何か根拠が必要。

試合の序盤で攻撃的にプレーしたら、相手の反応を覚えておくようにしましょう!

 

3.やりきることだけ意識する

大事なポイントでは、相手の弱点を攻撃して確実に獲りたい。

だからこそ、徹底して「やりきる」ことが大事です。

そこに迷いがあると、プレーが乱れてしまう。

ダブルスなら、しっかり2人で共通認識の元でプレー出来るようにしましょう。

 

4.結果は気にしない

大事なポイント、最高の準備をしても落とすことはあります。

そこ結果を、引きずってはいけません。

切り替えが難しいかも知れませんが、3.のようにやりきったのであれば、何も問題は無い。

それくらいの気持ちが大事です。

しっかり攻撃的に、最終プレーできたのであればそれでOK!

確かに試合を分けるような大事なポイントを落とすのは痛いですが、終わったことを引きずるのはもっと痛い。

メンタルコントロール出来るよう、事前に自分に言い聞かせておくようにしましょう。

 

メンタルコントロールは、事前の準備で決まります。

何度か書いてきましたが、ポイントは「可視化」出来るようにしておくこと。

テニスノートは試合前、に準備するのが正解です。

事前に計画しておけば、反省もしやすいですよね。

来るべき大事な1ポイントの為に、出来る準備は今、あるはずです。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス 確率

    メンタル

    「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

    よく前向きな思考は、全てに必要・・・みたいなことを言われます。…

  2. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありま…

  3. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう

    テニスの試合に出ていると、負けず嫌いで勝気な人が多い。これって…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる

    昨日の日本の勝利、ご覧になった方も多かったと思います。私も観戦…

  5. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  6. テニス 夜

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
  2. ロブ

    崩せても脅威にならないロブ、で良いの?
  3. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる
  4. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  5. テニス ボレー

    メンタル

    ジャッジが汚い人は、そもそも余裕が無い
PAGE TOP